コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ベトナム戦争映画のオリバーストーンがトランプ大統領を買うわけ

 ドナルドトランプ大統領が就任したが、このトランプ氏を厳しく批判してきたオリバーストーン監督は「トランプ大統領もあながち悪くない」と「意外な評価」をしていると報道されている。
 しかし、これは決して意外なことではない。

 この件でオリバーストーン監督は「ヒラリークリントンが勝っていれば危険だった。彼女は本来の意味でのリベラルではない。米国による新世界秩序を欲し、そのためには他国の体制を変えるのがよいと信じている。ロシアを敵視し、非常に攻撃的。大統領になっていたら世界中で戦争が増え、第三次大戦の可能性さえあった」と言う。

 たしかに、何度も強調してきたとおりヒラリークリントンは、国務長官の時に、アメリカが軍事介入することで戦争になり人が死ぬことを甲高い声をあげてゲラゲラ笑いながら語った様子が動画サイトで話題になって大顰蹙だったうえ、次は大統領になってもっと戦争をして人殺しするつもりだと言う狂気であった。
 これではドナルドトランプが嫌いな人でも、対抗候補のヒラリークリントンに投票したくなくなる。

 こうしたヒラリークリントンのような上昇志向ばかり強い女性は好戦的で、その実例は他にも日本の防衛相や都知事などにも見受けられるが、そういうのとは別に、オリバーストーンが外国に軍事介入したがる「リベラル」を警戒しているのは、かつて急遽ケネディの跡を継いだジョンソン大統領が大きな政府を志向するリベラルな政策を推進する一方でベトナム戦争を拡大した現実が念頭にあるからだろう。

 だから同監督の映画では、『JFK』でベトナム戦争に消極的だったケネディ大統領が暗殺されたのは軍産複合体の陰謀とされ、『七月四日に生まれて』で実在のベトナム帰還兵ロンコービックをモデルにした主人公が車椅子で共和党の集会に押しかけ「北爆をやめろ」と絶叫し、この北爆は戦争を解決するためだという大統領を描いた『ニクソン』でニクソン大統領に「ベトナム戦争はそもそも民主党が始めたことじゃないか」と言わせている。

 そしてオリバーストーン監督は、ロンポール議員を応援してもいた。同議員は基本的に保守派であり共和党に所属していたが、同党は大きな政府を志向するようになってしまったと批判し、第三極のリバタリアン党に入ったこともあり、大統領選挙に繰り返し立候補して、そのたびに「小さな政府ならまず軍縮を」と訴え、軍事は増強するけれど専守防衛に徹して外国に軍隊を常駐させるべきではなく軍事介入などもってのほか、という方針を訴えつづけた。

 こうしたロンポール議員を支持したり、よく知っている者には、政治経済についてマスコミよりインターネットから情報を得る者たちが圧倒的に多いという特徴が指摘されている。
 だからこのブログでも同議員に関わる話が出て来て海外のサイトに翻訳をスーパーインポーズしたりしていたが、これはバイリンガルというほどではないがある程度という者たちで訳したあと互いに見せ合って不自然な部分を指摘し合う作業をしたからだった。今ではもっと堪能な人たちが楽々とやっているので、その手間は無用になったが。

 このため、オリバーストーン監督は批判してきたドナルドトランプ氏が大統領になったら、ヒラリークリントンよりマシだと言い出した、ということについて容易に受け入れられるのだ。

f0133526_14350989.jpg




[PR]
Commented by at 2017-01-27 20:47 x
 こんばんは。ヒラリーは何をするかわかっているのに対し、トランプは言動が矛盾しているけどヒラリーと違ってモンロー主義政策をとるかもしれない点で、いくらか望みがあります。
 先日、都議選についての論評で市民様らに火炙りにされた文芸評論家の講演を聞いたのですが、彼女もそう言っていました。”この段階で日本人が熱くなってもしょうがないし、マシになる可能性もある。”と。
Commented by ruhiginoue at 2017-01-28 18:48
まさにモンロー主義ならマシですが。これはマスコミにも問題があって、例えば朝日新聞の神田大介テヘラン支局長など介入主義者で、シリアとウクライナにも介入すべきだったのに、オバマ大統領が大国としての責任を果たしていないと批判していて、国際法違反の認識すらないのに唖然としました。他にも山本一郎が最高と持ち上げたり川上泰徳のヨタ話を絶賛したり無見識と非常識の塊ですが、こういうのが朝日新聞にまでいるくらいなので、世界的にマスメディアがおかしくなっていても、むしろ当然でしょう。
Commented by 市井の人 at 2017-01-29 01:24 x
トランプが軍拡路線と鷹派路線を鮮明にしてしまったからこの記事も価値を失ってしまいましたね
Commented by ruhiginoue at 2017-01-29 13:15
もともとトランプは右派で、軍拡論者のタカ派ですよ。
それとは違う大きなリベラルの好戦性が問題です。
Commented by 市井の人 at 2017-01-30 03:36 x
右派左派と好戦的かどうかは厳密には関係ない
鷹派で非介入主義というのも矛盾でしょうw
Commented by ruhiginoue at 2017-01-30 15:49
意味が不明確ですが、今ちょうどこのようになっています。https://t.co/HSAfXYPfTI
Commented by 市井の人 at 2017-01-31 00:03 x
あなたはヒラリーよりトランプの方が他国に介入しないだろうと言ってましたよね
そのトランプが中国の海洋進出を批判や、一つの中国を見直すような発言をしたり、IS掃討作戦(地上部隊を派遣しないんだからその方法は今まで以上の空爆でしょうね)を敢行すると言って、どう思ってるんか聞いてるんですよ
Commented by ruhiginoue at 2017-01-31 16:52
「介入」の意味が解りにくいという人もいますね。
企業の利益は守ろうという人たちにとっては、中国の内政に介入してほしいけど、小さな島などをめぐってなど表層での対立はしてほしくない。
産油国に傀儡政権を作りたいからイスラム過激派をそそのかして叛乱を起こさせ介入したい人は、過激派を掃討してほしくない。
だから、表の対立より内に介入しようとする政策のほうが戦争が本格化する危険が大きい。
これをオリバーストーン監督も指摘しているわけです。

Commented by 市井の人 at 2017-01-31 23:23 x
あなたはオバマのIS空爆を批判してたのに、「傀儡政権をつくりたいやつらは過激派を掃討したくない」とも言う。あなたはいったいどちらの主張なんですか。
「表の対立より内に介入しようとする政策のほうが戦争が本格化する危険が大きい」という論理はあまりに牽強付会であきれましたけど、内政と外交は密接に関連しているものなのに、一体どこの「見識ある」お方がその「内政への介入」と「表層での対立」を区別しうるんですか。
台湾問題は中共政府にとって重大な内政問題及び外交問題であって、レーガンやブッシュでさえ手をつけなかった一つの中国政策をトランプは見直そうとしてるんですよ。これで軍拡も主張してるトランプの方が危険が小さいと本当に言ってるんですか。
Commented by ruhiginoue at 2017-02-01 14:32
オバマ政権のどの行為を指すのか不明確なのだけれど、ただアメリカは昔から、敵を攻撃して見せながら敵を育成もするのです。
タカ派といわれたレーガン‐ブッシュとは違うといわれたクリントン‐オバマ&ヒラリーのほうが他国を抑圧してきたことについて、欧米の走狗メディアとその受け売りをする日本のマスコミは逆に報じてきたという認識が基本にあります。
これはオリバーストーンもよく言っていることです。
だからトランプ政権が右派でありながらむしろ逆転現象が起きるかもしれないと指摘されているのです。そして実際にどうなるかは、未知数です。
Commented by 市井の人 at 2017-02-03 23:41 x
二番目の敵という語が、アメリカかアメリカの敵かどちらに対しての敵かよくわかりませんけど、ISはアメリカが支援していた反アサド勢力の一部がなったもので、その方向性はアメリカの想定外ですよ。
レーガン等がクリントン等に比べて他国を抑圧してきたとは全く思いませんね。戦争を起こしたのはブッシュですし、オバマの外交は評価しませんが(それでもイランやキューバと関係改善したのは貴重な成果)、クリントンはユーゴ内戦や北アイルランド紛争を仲介して和解させたり、ワイ・リバー合意を締結させてパレスチナ和平ももう少しというところまでこぎつけたのだから、いくらなんでも抑圧って言い過ぎじゃないんですか?
あとトランプがイスラエルの大使館をエルサレムに移すという第五次中東戦争を確実に招く主張をしていたり、かつてブッシュがクリントン外交を介入主義的と批判しながら自身はイラク戦争を起こしたこともお忘れなく。
Commented by ruhiginoue at 2017-02-04 16:34
最初の一行の意味が不明確なので何とも言えませんが、アメリカにとって意図したとおりだったのか思いがけなかったことかは別にして、結果的にアメリカは外敵と戦うとしながら実はその敵とは自らが作ったものだったという連続だったという周知の話です。
そのあとの件は、いくらそうであってもまだマシというのが元々の話なので、そのご指摘の正否にかかわらず、ここの話題にとって直接の関係はありません。
Commented by 市井の人 at 2017-02-07 16:45 x
工作活動はロシア他覇権国家はどこもやっています。
オリバーストーンは事実を精査できずにイメージに流されるようになるほど耄碌したのかと思いますね。元々馬鹿だったのかもしれないけど。
Commented by ruhiginoue at 2017-02-07 17:49
どの件について、一般論なのかストーンが説いた話なのか、ということが明記されていないので、なんとも言えません。
by ruhiginoue | 2017-01-24 15:27 | 国際 | Comments(14)