コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

脅迫メール問題と対応

 先日、「脅迫メールが来た」および「脅迫メールが来た 続」という話題をとりあげたが、そのメール送り主の名義人は他にも脅迫メールを送っており、その中には女性に対するストーカー行為も含まれている、ということを説明した。

 このところ、ストーカーのあげく暴力をふるったという事件が報道され、そこには殺人まで含まれているのだから深刻であるが、ここで誤った対応が指摘され、とくに刺激してしまったことが決定的に良くなかったという事例が目立つ。
 これはストーカーだから、相手に対する好意の感情が極端に歪んでしまっており、だから刺激しては余計に面倒なことになるということだが、そうした好意の感情だけでなく、甘えの感情が敵意に変化することもあり、その場合、今では執拗に嫌がらせをしているけれど、少し前は世話になっていて恩を受けていたということが珍しくない。

 その中には、冗談かと思うような滑稽な発想によるものがあり、例えばお金に困っているので貸して欲しいと懇願するので貸してやったところ、困っている人に貸してやれる余裕があるのが妬ましいと言って憎み始める、というような具合だ。
 この典型なのが例の問題になっている男で、病気なのに薬代が無いと泣き落としをして金を借りておいて、そのあと、例えばある会社の社長にそう言って拝み倒すようにして借金をし、他のところでは「社長が先払いするからぜひにと仕事を依頼してきたので仕方ないから受けてやった」と言いふらす。

 これでは社長も不愉快になって当然だが、すると「言いふらすのをやめて欲しければ仕事を寄こせ」と言い出すのだ。
 実際に、金を返せなさそうだから仕事してもらうことにして簡単な作業を回してやったことがあるそうだけれど、その仕上がりの質が悪くて修正にかえって手間がかかってしまったのだが、それは大目に見てやり、しかしもう仕事を回すことはしなかったのだ。
 それを、かえって手間がかかってしまった仕事の結果なのに、その男は自分がやったと思い込む。全体が全く違うのだから修正されているのが判るはずなのに、良いほうが自分のやったことだと勝手に思ってしまう。

 そして、この社長の会社に勤めている人にまで暴力をふるい負傷させた。この裁判の記録を読んだが、突然顔が変わり奇声を発すると異様な表情でウオオオオッと叫びながら突進すると執拗な暴行を加えたということだった。
 この現場は飲食店で、このとき他の客たちは驚き、女性の客たちから悲鳴が上がった。店でたまたま出くわしたけれど初対面だったから最初は気づかなかったが、会話の中で社員だと知るといきなり、ということだった。つまりその社員には何の恨みもなく、知りもしなかったのに、だった。

 このあと、その男は被害者にも店にも謝罪せず、ネット上で同社を中傷する。訴えられたら非を認めながら慰謝料や治療費を値切る。この最中に、先に説明したとおり当方に対してもネット上で中傷誹謗の嫌がらせをして訴えられているし、さらに女性に対してのストーカーと嫌がらせというように、罪に罪を重ねている。

 このような現実があるので、うかつに同情や親切心をかけては自分が危険であるし、刺激すれば周囲にとっても迷惑どころでは済まないことになってしまう。無反応であれば発散もできないので病気の悪化が加速するだろうが、それで彼がどうなろうと罪のない人たちに危害を加え続けることが止まってくれるかもしれない方を期待するしかないのだ。
 
 


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-01-31 16:33 | 雑感 | Comments(0)