コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

朝日新聞および神田大介のバカ丸出し

 朝日新聞テヘラン支局の神田大介支局長が、日米首脳会談について「安倍首相、大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは。」tweetしたところ、同総理の病気を揶揄したという非難があったため、同支局長はその意図は無いと釈明したうえで誤解を招く記述であると判断して当tweetを削除した。
 これについて朝日新聞社広報部は「弊社としても極めて不適切なツイートであったと受けとめています。本人も謝罪し、削除しております」と他紙などに対して表明している。

 しかし、総理大臣は公人中の公人であり、その健康問題は当人だけの問題ではない。特に安倍総理の場合は自ら「最高責任者」と称している。その持病がまた悪化したら有事のさいなど深刻だ。
 また、総理の持病は消化器系であり緊張を強いられると影響するから、この病気のため内科と同時に精神科で精神安定剤を処方される患者もいる。
 しかも、安倍総理は無断で議場から便所に出てしまい議長から注意されたばかりである。こういうことがあったのだから、緊張を強いられる会談に影響するおそれを皮肉られても仕方ないだろう。

 この持病は第一次安倍内閣退陣の一因とされ、今では新薬が効いていると後から言いだしたが、ほんとうに治ったかどうか、その後の暴飲暴食から詐病や仮病だったのではないか、などと疑う人たちもいるし、それ以前に、そもそも深刻な健康問題を隠匿していたことこそが、もっと厳しく批判されていなければならなかったはずである。

 だから、病気を揶揄したと非難されても突っぱねるべきだった。一般論として緊張すると腹痛を起こすことがあるから大丈夫だろうかと述べただけで、病気を揶揄したのではなく、現に安倍総理の側が、そういう心配ならもう無いということだったはずだと言えば良い。そうでなければ、病気が完治していないこと及びその隠匿を問題にしなければならない。
 これが何でできないのか。バカ丸出し対応としか言いようがない。

 だいたい、ネットで非難されたと言っても、それはいわゆるネトウヨの下らない騒ぎでしかなかった。それらは紋切り型の騒ぎで、朝日新聞が「反安倍」だから記者が中傷したなど、これこそ朝日新聞が今やっている「ファクトチェック」したら、朝日新聞の姿勢は「親安倍」であり、神田大介という記者は特に安倍総理を賛美してきた、など真逆である。
 ところが、紋切り型は匿名のネトウヨだけでなく、ニュースサイトなどに掲載される署名記事の中にまで同じ紋切り型の牽強付会が現れたから、これにも呆れさせられる。

 これらの問題については、すでに拙書で詳しく述べているので、既読の方にとっては少し重複する部分がある。
 まず潰瘍性大腸炎については『防衛医大の場合は』で、患者に対する医師の態度として問題にしており、またテヘラン支局長については『朝日新聞の逆襲』の中で問題にしている。


f0133526_09134297.jpg




[PR]
by ruhiginoue | 2017-02-18 10:06 | 社会 | Comments(0)