コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

左巻健男という人の事実上の敗北宣言とあからさまな嘘

  はじめに。(追記)

 左巻blogのリンクから来た方は、こちらもお読みいただくようお奨めします。
 



 かつて、よく知らないけど大学の教員らしい左巻健男という人が講演をするという時、そこにゲストとして呼び発言させる予定の人はいろいろと問題を起こしているから、そんな人を呼ぶのはやめたほうがいいと述べたことがある。あの松崎参(いたる)板橋区議会議員だったからだ。

 もとはといえば、そういう話だった。
 もちろん、ここでそう忠告したところで「はい、そうですか」とやめるとは考えられない。だから、どういう関係なのかという疑問のほうが主だった。
 
 その後になって知ったことだが、この二人は家族ぐるみの付き合いがあることをうかがわせる内容をSNSに掲載しているので個人的に親しいのだろうと言われていた。それを人づてに聞いていたが、そうしたら最近になって、左巻という人は自らのSNSで、松崎という人とは友人であると明記したそうだ。
 これについて確認したところ、前から左巻という人がやっているというブログに記載されていた。これと同じ趣旨のことを彼がその前にも公言していたかは不明だが、それなりに親しいことは確かではないかと考えられる。
 ただし、友情と社会的な活動とでケジメをつける必要はあるし、友人の味方をするにしても不正な方法で擁護することは許されない。これは常識だ。

 その、左巻という人が松崎という人と「友人」と明記したさい、こちらに名指しで変なことを書いていた。
 それは昨年末の12月27日付で「井上静氏は何をしたいのか?」という題になっているものだった。
 「執拗に松崎板橋区議に対して非難を続ける井上静という人がいる。松崎さんと友人のぼくに対しても執拗に非難する。」
 という書き出しだが、そもそもこれは、先述したとおり松崎区議が色々と問題を起こしているなかでついに裁判に訴えられたことに触れたもので、その後、松崎という議員と左巻という人は揃って、この問題について虚偽を連発したため色々な方面から批判をされており、それについてこちらでも言及したというだけのことだ。

 つまり、彼らは自分で原因をこしらえているだけなのだが、そこを理解できないのか隠しているのか、ただ文句を言うだけで反論しない。
 ただし喚き散らすばかりの松崎議員とは違い、左巻という人はいちおう反論めいたことをしたことはある。それは「これでほんとうに大学の先生なのか」と呆れるほど程度の低いお粗末なものであったことは、既に述べた。

 そのお粗末さが、続く文にも表れている。

 「共産党を揶揄する投稿も多い」

 と書いて、当方のTwitterのアドレスを記載しているが、Twitterでもblogでも、共産党の政策について賛否を述べたことならあるが共産党を揶揄したことはない。左巻という人は「揶揄」という意味を勘違いしていないか。彼は前にも言葉の意味を勘違いして頓珍漢な発言を書いたことがある。このことは前にここで指摘したとおりだ。

 

 さらに、左巻という人はこんなことを書いた。

 「何をして生活しているのかわからない人。」

 これはどういう意味だろうか。生計を立てているという意味なのか、日常生活の態度という意味なのか、それ以外にも色々と解釈ができる。

 もしかすると、以前に、法学部卒後は法律関係の資格としては比較的簡単な方である「宅建」(宅地建物取引主任者)の資格を取って不動産業をしていて、著述とどちらが本業なのか不明だが、とにかく某不動産屋で働いているのを見たと噂をされたことがあり、このことを指している可能性もありうる。

 たしかに不動産の仕事をしたことはあって、このことはこのblogでも何年か前にハッキリと書いているし、通帳には給与振り込みの記録があるが、今はその店に居ない。

 とにかく、具体的に公表しているのは著述のことなのだから、それ以外はプライバシーだし、何となく不信な人であるように思わせようとしていることは卑怯である。

 つまり左巻という人は反論とか批判ではなく印象操作で対抗しているわけであるから、これは事実上の敗北宣言であろう。


 また、左巻という人は続けてこんなことも書いている。

 「井上静氏の投稿をRTしている人らのメインは松崎さんが板橋ホタル館不正を問題にしていることに反発している人ら。それとニセ科学の批判をされることを嫌う人ら。」

 まず、前半は下にリンクしている地元紙の記事にあるとおり、左巻という人が応援する松崎議員の完全敗北という様相である。



 また、後半はあからさまな嘘である。

 この松崎議員は、所属していた日本共産党の議員団と対立したうえ除籍されたから党員らに批判されているが、これと「ニセ科学」はまったく関係がない。

 また、そのさい党員らは、

 「疑似科学が蔓延らないように批判することは結構だが、科学という以上は理路整然と、節度と品位を保って行わなければならない。なのにニセ科学批判と称して騒いでいる一部の人たちは下品な言葉づかいで罵声を浴びせたりヒステリーを煽ったりしており、それを注意されると『バカをバカと言って何が悪い』という意味の居直りをするから、これでは科学的な姿勢に程遠い」

 「日本共産党の不破議長はその著書で『共産党は科学的であるべきだ。そして共産党員にとっての科学的とは、自然的分野でも、政治経済など社会的分野でも、科学的な視野を持つべきという意味であり、自らを正当化したり押し付けたりするために最初から我こそは科学的と強弁する怠け者に好都合なものとは違う』という趣旨を説いている。ところがニセ科学批判を叫んでいる人たちには、この怠け者が目立つ」

 などの主張をしている。

 これと同趣旨を当方も主張しているからRTされているのである。




[PR]
Commented at 2017-02-23 00:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ruhiginoue at 2017-03-07 21:03
追記。

この件に対し左巻氏のblogは、反論もせずに関係ない話を持ち出すという子供っぽい対応であった。
しかも比喩を印象操作であると強弁することで、自分もやられたんだと言い返したつもりである。
そもそも問題は、左巻氏が間違いを指摘されたら反論ではなく相手方の私生活やプライバシーを揶揄したことが問題なのだから、全く次元が違う。
また、内容も時系列も合っていないツイッターを引き合いに出すなど左巻氏の仕返しはデタラメである。
Commented at 2017-05-15 06:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-05-15 06:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-02-19 18:51 | 政治 | Comments(4)