井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

文系の顔と理系の顔

 大学で文系の人は丸顔で理系の人は面長だと言っている人たちがいる。そんな印象があるれど統計をとったわけではなく、おそらく理系の人は頬がこけているからで、顔の形が違うのではないだろうとか、頬がこけているように感じるのも錯覚で、太っている人もよくいるから、神経質そうな顔つきによる印象だろうとか、いろいろな指摘がある。

 また、女性が男性に対して、イケメンは文系の方に多く、理系はオタクっぽい、という偏見をもっている人もいるが、これは文系に比べて理系にはオシャレしない人が多く、なぜなら実験などで服が汚れるからだと言う指摘がある。ちょうど芸術系で、音楽学部はオシャレする人が多いけど美術学部は汚れてもいい恰好をしているというのと同じことのようだ。
 
 このように、他の事情による印象が大きく影響していると言える。

 かつて83年だったと思うが、NHKのトーク番組『YOU』で、文系と理系というテーマだったことがある。その当時は不明だが、この直後は司会が糸井重里になっていた。
 この番組の中で「文系の顔と理系の顔」ということで大学生たちの顔を比較していたが、文系は良く言えば優しそう悪く言えばオットリという人相で、理系は良く言えばキリッと利発そう悪く言えば冷たそうという人相だということだった。
 これもサンプルが少なすぎて比較にならなかったが、ことさら極端な例を挙げていて笑い話にしており、つまり真面目なものではなかったのだろう。

 ここでSF作家の小松左京がゲストに出ていた。外国語を専攻した立場から科学を題材にした小説を書いているということで話をしていた。
 また、このとき彼が原作と製作をしていたSF映画『さよならジュピター』の話をして、その場面も一部紹介されていた。走りだったCGを本格的に使用したりと凝っていたが大赤字を出してしまったという映画だ。『日本沈没』のようなヒットを期待して引き受けて災難となった東宝は、続けて久しぶりにゴジラの新作を同じ監督で作り、これで取り戻したということだった。だからおそらく製作年度から83年の放送だったと推測している。

 しかし番組が面白くなかったのでテレビを消してしまったのだが、なのに同級生が興味深々で観たと言っていたから不可解だった。おそらく、学部と人相とか言っていて真面目な番組ではないと思った否かの違いだろう。
 やはり顔なんて関係ないはずだ。



[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-02-26 21:20 x
 顔ともう一つ。いい加減なのが、血液型占い。高校の時に変な先生がいたな。それをふと思い出した。
Commented by ruhiginoue at 2017-02-27 16:11
血液型で性格とかO型の顔とか言う人までいますけど、そんなこと言ったらAB型の顔はマジンガーZのあしゅら男爵ですよね。

そのNHKでやってた理系の顔そのものの平田明彦はたくさん科学者の役をやって『さよならジュピター』の井上博士が最後の出演作だったけど、東大出で知的な雰囲気でも法学部を出て東京貿易(三菱商社)という経歴だし、やはり博士役をよく演じた天本英世も東大に行って外交官になろうとしてたから『平成教育委員会』では語学は得意だったけど数学はたけしの方が詳しかったもので、絶対に顔は関係ないでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-02-26 16:11 | 学術 | Comments(2)