コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

トランプ大統領を当選させた側の心理と論理

 トランプ大統領のTwitterは、やはり膨大なフォロワー数だが、フォローしている数は少なく、その多くは身内のものだ。
 しかし中には気に入った人のアカウントがいくつかあり、この一つがオライリーというアメリカの人気テレビ司会者だ。

 このオライリーは、ことさらタカ派ぶった発言をすることで受けをとることで知られ、視聴率を稼ぐのでハリウッドスターなみのギャラをもらっている。これは日本のテレビでいうと故やしき、辛坊、などが似たようなものであるが、しかしあくまでタカ派であって、日本のように弱い者いじめで受けているというのとは異なるから、まだ健全と言えるだろう。
 そしてオライリーは、自分の個人的な見解を問われると、「死刑制度なんて野蛮なものは絶対に反対です」とか「同姓婚の夫婦が養子をとることには賛成です。愛情のない両親よりは子供のためになるのだから」などと、本来はリベラルの主張だったことを言う。
 ではタカ派発言は受け狙いだけで本心ではないのかというと、そうではなく、無党派として言いたい放題と標榜していたが嘘で、実は共和党員だった。

 つまり、かつてリベラルとされたものが今では常識となってきたので、リベラル派の唱えることが特に進歩的ではなくなってしまい、特色を失ったということだろう。
 そこで、やはり受け狙いでタカ派発言をしてきたトランプが大統領に上り詰めた。これをリベラルが批判しても特色に欠け、しかも売れていてセレブといわれる芸能人たちがリベラルぶって批判しても庶民からは反発されこそすれ受け容れられはしないと指摘されている。

 また、田舎の庶民からすると切実な問題について、都会で成功した人たちの語ることは絵空事に見えてしまう。ここから生じた「地方の力」によって、惨敗に決まっていると言われていたトランプが当選したのだという指摘があるけれど、これで思い出したのは『ベストヒットUSA』の司会をしていた小林克也が「アメリカは広大な田舎なんです。みんなアメリカというとニューヨークやロサンゼルスといった大都会をまず思い浮かべるけれど、それはアメリカのごく一部で、他はどこまでも続く田舎なんです。そういうところで聴かれている歌がヒットチャートの上位になるんです」と言っていたことだ。

 かつて田中角栄総理が都会でどんなに批判されていても地方で支持されているという問題につて、大手マスコミが金脈問題やロッキード事件などで田中角栄批判の大合唱の中、朝日新聞は本多勝一記者が「田中角栄を圧勝させた側の心理と論理」を掲載した。
 いくら「列島改造」など田中総理の政策は大企業のためで地方は豊かにならないという実態を告発して批判してみせたとしても、地方の人たちはこう言う。
 「他の候補者は口先でよく公約しますよ、こんなに融資するの、生活を楽にさせるの。バカこくなって言いたいのう。カネは天から降ってこんし、地から湧いても来ないに。天からは雪ばっかし降ってくるし、地からは地震や洪水だわさ。田中先生は違う。夢みたいな公約などせんで、道が狭ければ広げる、雪があったらどかす、これだ」

 そして本多記者はこう指摘する。
 「角栄だけがなぜ悪い―この、中央政界やマスコミへの不信感は、角栄に投票しなかった住民の間にさえ一般的である。自民党の他の派閥のリーダーたち、福田赳夫や中曾根康弘や『大平』『三木』等々は、果たしてカネにどれだけキレイだというのだろう。『田中金脈』に熱中したジャーナリストにしても、田中以外に決して追及の手を広げようとはしないし、『自民党』を追及しようとしない。『角栄』だけに必死でしぼっている。これでは自民党内の他の派閥なりアメリカCIAなりに操作されている出版社に、かれらが利用されているだけだと噂されても仕方がない。こんな連中の『金脈追及』などチャンチャラおかしいとみる人々に対して、田中批判は何の説得力も持ち得ないのだ」

 まったく、国境に障壁を作ると言ったり、大手マスコミと対立して見せたり、というトランプ大統領と同じような図式ではないか。
 さて、トランプ大統領をアメリカのセレブに合わせて批判している朝日新聞を含めた日本の大手マスコミは、こうした認識を持ち合わせているだろうか。


f0133526_16030113.jpg




[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-02-27 20:42 x
 トランプさんを当選させたのはアメリカの田舎の人で、デモ行進したりしている人達は都会の人が多い。だから、デモ行進している人達の方がテレビのニュース番組等で取り上げられ易いのかな。と、私でも理解できる話でした。
Commented by 次郎くん at 2017-02-28 00:09 x
管理人E 先生、よくぞこちらが思っていた事を、文章に纏めて下さいまして感謝であります。
Commented by ruhiginoue at 2017-02-28 17:08
ハリウッドスターの大統領批判は逆効果だし、それを検証もせず受け売りする日本のマスコミは劣化がひどすぎます。
Commented by ケーキイーター at 2017-02-28 20:08 x
 シュワルツェネッガーの「仕事を交換しようよ」は、冗談だって解るけど。
Commented by ruhiginoue at 2017-03-01 08:59
シュワちゃんは上昇志向なので本心から大統領になりたいのが本音だろうけど、アメリカ生まれではない移民なので知事にはなれても大統領にはなれません。
Commented by ケーキイーター at 2017-03-01 21:22 x
 そこを踏まえて、あくまでも冗談だってば。
Commented by ケーキイーター at 2017-03-01 21:24 x
 あくまでも、皮肉交じりの冗談だと思っているけど。
Commented by ruhiginoue at 2017-03-02 18:12
そうでしたか。
でも、彼はできればなりたいというような感じもしました。
Commented by ケーキイーター at 2017-03-02 20:01 x
 国によって、法律が違う。てのは面白いね。アメリカとか、時々、日本では考えられないような判決が裁判所で出るからおもしろい。日本の裁判官は人間より法律の方をマニュアル通りに大切にして出しているとしか思えない。例を挙げているとキリがないし、お師匠さんの方が熟知しているでしょ。
Commented by ruhiginoue at 2017-03-03 18:10
日本は血統主義でアメリカは属地主義だから蓮舫さんとシュワちゃんの違いがでるわけですからね。
ただ日本は法律の条文を平気で曲げるのが普通ですから、もともと法治主義ではありません。

Commented by 市井の人 at 2017-03-03 23:18 x
リベラルと安全保障におけるハト派はイコールではありません。リベラルホークとかで検索してみて下さい。リベラルというのはリベラリズムの実現が目的ですから内政外交ともに介入主義的なことは多いのです(たとえば国家による経済活動の規制、外交における民主化支援)。
国防費の大規模増額を発表した以上、トランプのタカ派発言は受け狙いではなかったみたいですね。
Commented by ruhiginoue at 2017-03-04 17:48
八十年代のことですが、アメリカの上院議員がタカ派発言したことについて報じた朝日新聞に対して、その議員はリベラル派だと言って報道姿勢が悪いと批判した日本の保守派がいたことを思い出しました。
by ruhiginoue | 2017-02-27 17:38 | 政治 | Comments(12)