コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

朝日新聞も天声人語ではなく餃子の王将クーポン券にしたら?

 「餃子の王将」というチェーン店が読売新聞と提携し、紙面に「無料クーポン券」を載せているが、これを図書館の新聞から切り取って持って行く者がいるそうだ。
 このようなことは器物損壊罪になるので、警告を表示する図書館もある。
  
 これで思い出したが、理科の授業で使うから新聞に載っている天気図を切り抜いて学校に持ってこいと言われて、うちで新聞をとってない貧しい家の子が図書館の新聞から切り抜いたという話が昔あった。これは無料クーポン券を切り取るセコイ感じとは違い悲しい感じがする話だった。

 この天気図だが、中学のときに理科の教師が頭にくることを言ったので、今も忘れられない。今日の新聞から切り抜けと言うので、それでは裏面の記事が読めなってしまうから、古新聞で日付を指定して統一すればいいという提案が生徒からあったのだが、その教師は「どうせ天気図の裏面なんて政治や経済の欄だから読まないだろう」と言った。生徒だけでなく親らもバカにしている。

 まあ、大人でも新聞を細かく読まない人の方が多いという現実もあるが、教師がこれでは困る。
 また、理科の教師だから政治や経済なんて無関心だったのかもしれないが、天候は軍事機密だったこともあるし、商売に天気が影響して株価も動く。そういう総合的な視野がなく自分の専門しか興味がない人も少なくない。テレビ欄とスポーツ欄にしか関心がない人は、教師にもいる。

 そういう人たちは、アンチジャイアンツでもない限り読売新聞を読んで、ついでに餃子の王将のクーポン券を切り抜けばいいだろう。
 そうでないハイレベルな朝日新聞は、受験に役立つ天声人語という宣伝をしているが、それでこの広告はなんだろうか。
 
 
f0133526_17224766.jpg


 この場合は「関心」ではなく「感心」じゃないのか。「なるほど」なんだから。アンケートで主婦が書いたことから抜粋したにしても、間違った言葉の使い方を大きく宣伝に使うというのはお粗末だ。
 あと、「本質」は「迫る」とか「捉える」もので、「突く」なら「核心」などになるはずだが、「本質を突く」という使われ方もされていて間違いとは言いにくいが、語彙からすると不自然ではある。
 どうであれ、「なんだろう」というなら「関心」もつだろうが、「なるほど」というなら「感心」するものである。
 こんな広告するなら、天声人語ではなく餃子の王将とか他のどこか飲食チェーン店のクーポン券で売ったほうがいい。
  


[PR]
by ruhiginoue | 2017-03-23 17:34 | 社会 | Comments(0)