井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

籠池氏証人喚問の偽証デマに佐々淳行は責任をとれ

 学校法人・森友学園の国有地売却問題で、籠池泰典氏の代理人弁護士は、籠池氏が国会の証人喚問で述べた証言について自民党議員が「偽証の疑いがある」などと発言したことに対して抗議文を送り、発言の撤回を求めたことを明らかにしたと報じられている。

 「籠池氏は自己の記憶に忠実に質問に答えている」と、自民党議員が偽証罪での告発を検討していることに対して反論し、「客観的事実とかみ合っていなくても、故意がなければ偽証罪には当たらない。議員の発言は法的根拠を欠いた、籠池氏の人格と尊厳を傷つけるものだ」と指摘している。

 このことは多くの法律専門家から指摘があり、また稲田防衛相も、あの事実に反した国会答弁について訂正と謝罪をしたが記憶違いを強調しており、これは嘘とは違うということを、いくらヘボとはいえいちおう弁護士だったので、よくわかっているということだろう。

 この証人喚問は、「トカゲのシッポ」にされてたまるかという籠池氏に自民党は困ったので、最初から偽証罪に問える形式にしたようなものだから、そもそも不純な動機があった。これはもう周知のとおりだろう。

 このようなおかしなことになったのは、あの佐々淳行もと初代内閣安全保障室長が原因だ。彼はオウム真理教事件のさい「上祐を証人喚問し偽証で逮捕しろ」とマスコミで煽った。東大法学部を卒業して警察と防衛と内閣の中枢にいた者が法律にそぐわないことを言い権力の乱用と弾圧をけしかけたのが尾を引いている。

 もちろん、真に受けるほうも悪い。いまでこそ佐々もと室長は、原発事故の危機管理について嘘を流布したとして菅もと総理から謝罪と訂正を求められたし、また離婚した妻からも佐々もと室長はその人格を告発されているが、それ以前から彼の「危機管理」などマッチポンプで権力の自作自演も同然なイカサマであったし、この証人喚問にしても事実を明らかにするための制度であって人を陥れるためのものではなく、濫用は悪辣なうえ税金の無駄だから、こんな当たり前のことに気づかないほうが悪いとも言える。

 しかし、煽った責任をとってもらわないといけない。佐々もと室長は、オウム真理教に破防法は不適切で効果がないと具体的な指摘があったというのに、それに対して反論もせず、またオウムが問題を起こしたら破防法適用に賛成しなかった人が責任をとるべぎたという荒唐無稽でバカ丸出しなことまで言い散らしていた。
 だから、今回の籠池氏の証人喚問について佐々もと室長は、陰険な嘘で自民党をたぶらかし誤解と混乱を招いた責任をとらなければならない。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-04-01 20:56 | 政治 | Comments(0)