井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「日本会議」は創価学会が心配ではないのか

 よく個人商店に創価学会と公明党のポスターが貼ってあり、それが東京では選挙があるので今とくに目立つが、これは入会すると経営する店で会員が購買してくれるなどメリットがあるからで、信仰なんて実はどうでもよいのだ。
 この実態を知らないと「創価学会の牧口常三郎初代会長は治安維持法で獄死した。共謀罪の審議入りに加担した公明党になぜ創価学会は…」などと的外れな批判する。

 また、敬虔な創価学会員の人は「鳥居はくぐりません」と毅然として言っていたはずだが、今では公明党の幹部が平気で「日本会議」の集会に出ている。
 かつて創価学会員は信者になるよう「折伏」すると「神棚なんて燃やしてしまえ」と家から持ち出し本当に火にくべてしまう粛清をしてまわった。勧誘されて信者になった人の親が古い人で神棚に拘っていると、そこへ押しかけて力づくであった。
 これにより逆に嫌になって信者をやめてしまったという親戚がいる。

 そういうことが相次いだから、創価学会は評判が悪かった。今では組織が膨張している時期がすぎたうえ政治的に変節もしているとはいえ、公明党の幹部が日本会議に出てしまうことについて心配じゃないのかと、逆に日本会議の方に訊いてみたいものだ。

 これは『防衛医大の場合は―ドキュメント医療裁判』に出ている一つの挿話だが、創価学会員の医師が患者を宗教に勧誘するのは問題なので、集会に芸能人が来ると言って誘う。「山本リンダが来るよ」などと。
 この部分にだけ読んだ人たちは笑ってしまったそうだが、最近の「幸福の科学」に見られるように、芸能人は新興宗教にとって勧誘の最も貴重な材料である。
 
 また、小学生のとき創価学会員から勧誘をされたことがあるが、これはあくまで『人間革命』の映画のチケットをくれるというので、ありがたくいただいたというだけだった。東宝特撮映画がタダで見られるということだ。音楽も伊福部昭だったが、天理教の宣伝映画にも音楽を付ける仕事をしたので続編には声がかからなかったそうだ。
 こうした映画音楽の仕事は金のためにやっているわけで、それについて伊福部昭は信仰するのは「八百万の神」だから何でもいいと言っていたが、創価学会のほうではそうはいかないということだ。

 あと月刊誌『潮』を読んでいたので勘違いされて勧誘されたこともある。
 あの当時は本多勝一記者の連載があったから購読していただけなのだが。その後、勤め先から「朝日の記者なら朝日に書け」との業務指示で引っ越さないといけなくなり、これは他の雑誌から執筆依頼が来る記者に対して売れない記者が僻み、管理職になったら嫌がらせしただけだったようだ。アメリカの新聞や雑誌では、正社員の記者で他所から依頼が来るのは誇らしいことなのだが、日本は違うようだから情けない話だ。

 そして、フリーで創価学会系メディアを活躍の場としていた「リベラル」「左派」の記者や評論家たちが、その後は創価公明の変節によって場を失ったり合わせて変節したりという無様なことになったが、これは既に『朝日新聞の逆襲』で述べたとおり。

 とにかく、今では創価学会に「平和」とか「人権」で期待しても無駄ということだ。それに小池知事と一緒のポスターである。「小池劇場」も「小泉劇場」と同じ猿芝居であることがはっきりした。




[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-04-05 21:15 x
 「初心忘れるべからず」って言葉があるけど、学会も共産党も、その「初心」をどこかへ捨ててしまった様な気がします。
Commented by 名無し at 2017-04-06 02:51 x
創価学会も日本会議も「インドかぶれ」で一致するという
かつての竹村健一氏や小室直樹氏が警告されました
盲目的予定調和説に陥っているのではないでしょうか?!
「にじ魂」というブログでヴェーダーンタの話をしたら
速攻で「創価学会工作員」認定された苦い過去持ってます。


Commented by 名無し at 2017-04-06 06:25 x
突っ込みを入れられる前に先手打ちます。
アンベードカル博士に対しての評価が低いのは
グルジェフ先生とは全く接点すらないからです。
ブッシュもと大統領はおじじ様の代からの弟子入り
従姉に相当する存在がグルジェフワークの北米支部長
19世紀初めにジョージ=ブッシュと名乗っておられた神父さんが
スウェーデンボルグもと議長の新教会北米信徒代表であったこと
などを鑑みますと「レヴェル低い」としか結論できませんので。
Commented by ruhiginoue at 2017-04-06 21:30
初心を忘れ逸脱や変節をしていない所はどこもやっていけないのが実情のようです。この宗教問題はまた後に続けるつもりです。
Commented by 名無し at 2017-04-07 04:40 x
全ての「宗教」とやらをロクに調査もしないで
抹殺の対象にしようとされるならば、悪行の報いを受ける事になりますヨ。
ヴェーダーンタからの法話ではこう述べられてます。
「ヴェーダーンタを含む大量の聖典を丸暗記して諳んじれるだけではダメ人間である。
 それよりもロクに聖典の類は知らなくても
 社会における様々なトラブルに遭遇しても上手に泳ぎ切れる人間こそが
 遥かに有能な存在である」と。井上先生の功績そのものを否定する愚行ですから。
Commented by ケーキイーター at 2017-04-07 20:52 x
 近所付き合いで、赤旗や聖教新聞を購読している人は結構いるでしょうね。
 そうだ。目の前に産経新聞と聖教新聞が置かれている。それをぱらぱらとめくる程度に読むとしたら、お師匠さんはどちらを選びますか? 私自身はそういう状況になったことはありませんが。
Commented by ケーキイーター at 2017-04-08 16:28 x
 何だか自分で馬鹿馬鹿し過ぎる質問だな。と思った。返答は要らないです。だけど、一行目の文章が重要だと自分で確信しているので、削除せずに残しておきました。
Commented by ruhiginoue at 2017-04-08 20:52
読むことより購読料で資金集めとかお布施とか言うことがむしろ多いのではないかと、昔から言われてきましたね。
Commented by L at 2017-04-09 01:04 x
 こんばんは。新聞記者のほかの媒体への寄稿や集会での講師引き受けについて、全国紙はもう許可制で検閲アリだそうです。新聞労連が問題化して団交中の模様。記事を新聞に載せないなら、他所で世に問うというのは当然でしょうに。あくまでも社員として囲い込んでジャーナリスト性を許さないと。地方紙はまだ下らないことを言わないところが多いようですが。新報の記者の方に伺ったら、「エッ」と驚いてそんなことは考えたこともないという様子で「今日この集会に出ることについて会社に言ってもないし、問題という観念は会社にない」と仰ってました。東京新聞でもそういうところがあるようですが、ハセガワがゲスいことをして会社が謝罪したロジックが”社論に反する言論だから”だったので、今後が心配です。記者の方は、一応「どう言う積りだ」と謝罪文を書いた人を詰めておいたそうですが。

あと、小池と言えばまだ自民党員じゃありませんでしたっけ?都議選で「小池党」が勝っても東京自民党が勝っても、勝つのは自民党ですな。もっと言えば、日本会議の勝ちと。
Commented by ruhiginoue at 2017-04-09 21:08
外国に行くなど取材に金がかかって経費を会社で出した記事は他所ではなくうちで、という具体的な話ではなく、社員の囲い込みと活躍へのヤキモチというのがなんとも悪い意味で日本的だし、日本社会の衰退が反映しているという気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-04-04 21:17 | 政治 | Comments(10)