コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ニューヨークタイムズの増益を報じた朝日新聞

 アメリカのニューヨークタイムズ紙は、この5月3日に、電子版の有料購読者数が今年1月からの3カ月間で30万8千件増えて191万件に達したことを表明した。2011年に電子版を有料化してから四半期では最大の伸びで、前年の3月末と比べると1年間で75万5千件65%の増加となったという。
 このニューヨークタイムズ電子版の購読料4割増収は、トランプ政権批判が支持された結果とみられている。

 これを日本の朝日新聞が報じたところ、「他所のことを記事にするより手前がやれ」と朝日新聞を批判するツイートをよく見たが、これは記事の読み違いである。そう批判できるのは、それがニューヨークタイムズなど外国の新聞ではなく日本国内の新聞だった場合である。
 このニューヨークタイムズについての朝日新聞の記事は、外国と違って日本では政権批判なんて無理だという諦観を表明したものだ。
 それなのに、朝日新聞に頑張れとけしかけるのは無責任である。どんなことでも自分でやらずに他者に言うのは簡単だし、それで応援するならともかく、だいたいの人は何もしない。

 そもそも日本では無理なことだ。相手が強くても勇気をもって批判する者を応援する文化は、日本に存在しない。モノ申した者が迫害されると権力に便乗して一緒に叩くか、見て嘲笑うか。それが日本の伝統的思考と行動である。
 その、ニューヨークタイムズが増益を発表した5月3日は朝日新聞阪神支局事件から30周年だが、これに「ゴミ記者を銃で処分した記念日めでたい」などネトウヨなどが異常者ぶりを発揮しているけれど、右翼はもちろん左翼とか人権派を自称してる連中でも、この話をしながら「ケッ、ケッ、ケッ」とか嫌らしく笑っている。そういう様子をことあるごとに何度も見てきた。

 これはただ日本人の習性で、他人のことだと残酷が快く不幸が楽しいのだ。だから強者に媚び弱者を虐げ、これに異を唱える者は生意気だと迫害する。このため、臆病者や卑怯者であることを潔しとしない者は、日本が嫌いだということになってしまう。是々非々というだけで「反日」と言い出す人たちがいるのも、この構造によっている。
 これをはっきりと認識して物事に当たるべきである。



[PR]
Commented by 名無し at 2017-05-07 14:23 x
でも、日本人にお上意識が確立した象徴的な事件は
福田赳夫内閣の時のダッカ空港事件で象徴される名言
「人命は地球よりも重い」の時からでしょう。
あの時から一挙に「お上にお任せすればダイジョーV」です。

が、無料で検索すると出ます
人間いい加減史観とか戦前の少年犯罪を参考に致しますに
幾らお上とやらが「こんなお家断絶につながる因習はヤメロ!」との
方針のまつりごとをしても、「優秀な仕事人でない奴は人間じゃねぇ」との
発想に洗脳するのは不可能な時代の連続でありましたよ。
Commented by 名無し at 2017-05-07 15:02 x
「本当は怖い昭和30年代」を熟読読破するように提言してくれたのも
日田こまち氏とその恩師である簿記検定試験自主学習場提供の方の片山富子先生だったりします。

ただあの人達は警察ファンが嵩じての警察キ○○イな連中ですから
「警察の権限強化で、倭寇の血をひく劣頭眠賊の躾がなってよかった」などと
正々堂々天下堂々と放言しまくる側です。ついわざと
「警察官様の命は地球よりも重いんだぞ」と何十回も抜かしたために
「国境なき記者団」や「アムネスティ」から出入り禁止処分食らって
現時点では、解除されておりません。
Commented by keitan020211 at 2017-05-09 14:37
強者に物を申す文化のある西洋は個人主義としばしばいわれますが、
その面に関しては個人主義ではなく物申することを可能にする集団の力とそれに支えられる個人です。
しかし今は西洋も所謂新自由主義のために集団の後ろ盾が軽視されるようになり、物申することが難しくなって来ています。
その故に、政権に対する批判をニューヨーク時報のような大新聞、報道「機関」に託さざるを得ないから、部数増につながっているのでしょう。
無所属マクロン大統領の当選はそのような個人化の時代の反映でもあると思われます。つまり、終に頼るべきは権力、即ち決まりに基づく力なりということです。
それが良い結果を招くのか悪い結果を招くのかはまだ分かりません。
Commented by ruhiginoue at 2017-05-10 19:09
NYTもベトナム戦争で勇気ある報道とか言われていたけど実は戦争が泥沼化してやめたくなったのでリークされたものを「スクープ」しただけだったりと、幻想はとっくに破れていたのですが、まだ頼る人たちがいるわけです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-05-07 11:31 | 社会 | Comments(4)