井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

セイフイスラム=カダフィ氏が釈放された

 海外からの報道によると、リビアで監禁または幽閉されていたセイフイスラム氏が釈放されたそうだ。かれはカダフィー氏の息子。過日は彼を釈放するよう請求するハイジャック事件があって失敗していた。
 それが、かれこれ五年以上も拘束されていたのが突然の釈放である。今、彼はどこにいるのか詳しいことは不明である。

 これに、いろいろな憶測が巻き起こっている。もっともよく言われているのは、リビアが分裂状態であるため、こんな混乱よりはカダフィが独裁と言われようとあの強面で国を平定していた時代のほうがよほど良かったと多くのリビア国民が言っていることで、その息子を利用して国をまとめようということではないか、ということだ。

 かつて、カダフィ氏が日本のテレビのインタビューを受けて、カダフィおなじみテントとつなぐ衛星中継をTBSが放送していたが、この当時ちょうどイランのホメイニ氏が死去したばかりだったので、それについて訊かれたカダフィ氏は「毛沢東が死んだあとの中国のように混乱しないか危惧し、自分としても助言している」と言っていた。
 また、このときは中国で第二次天安門事件があったばかりでもあったので、それについても訊かれ「改革開放路線の当然の混乱だ。欧米の物質文明に対して門戸を開くと、物質が行き渡るには時間がかかるが、価値観は瞬時に拡散する。こうなると国民の中に不平を言いだすものか必ず出る」と指摘していた。

 いちいちごもっともではあるが、それなら毛沢東死後の中国とホメイニ死後のイランに危惧されるカリスマ亡き後の混乱ならリビアも同じことであるから、よその国の心配より自分が死んだ後のことを考えるべきではなかったと感じる。
 しかし、カダフィ氏としては、もう息子が代わりに働いているので自分は「生前退位」していると思っていたのかもしれない。セイフイスラム氏は外国語に堪能で外交を受け持っていたし、日本でも筑紫哲也氏に英語でインタビューを受けていた。

 また、セイフイスラム氏は画家でもあり、展覧会に自作を出品して文化交流にも努めていた。そして欧米を相手にした経済活動も活発にして、リビア国民は非常に富裕になっていたが、それが逆に国民から文句を言われる原因でもあった。カダフィ氏が中国について指摘したのと同じである。

 やはり父親が軍人で息子は芸術家肌というのは金日成と金正日の父子もだが、父親より息子は韓国や日本と融和を進めようとしていて、そこへアメリカに付け込まれたため「不意打ち食らわされた」と言ったらしい。
 そしてリビアで同じことがあり、もっと酷いことになった現実があるから、北朝鮮は今もアメリカに対して隙を見せまいとしているわけだ。
 そして、こういう問題を日本のマスメディアはきちんと報じない。
 これは北朝鮮を敵視してプロバガンダに利用しようとする政府に従わされているだけでない。

 そもそも大手マスコミの記者たちの無関心が原因であり、また、中東イスラムと北朝鮮や中国など東アジアとヨーロッパとアメリカとアフリカ諸国と、それぞれバラバラに専門としている記者ばかりであることも原因だ。専門の医師が全身を診ることができないのと同じことである。

f0133526_17431579.jpg



[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-06-11 20:40 x
 画家でもある。ですか。一瞬、『アルスラーン戦記』に出てくるナルサスさんを連想してしまった。セィフイスラムさんて、どういう絵を描いているんだろう。そっちが気になった。
Commented by at 2017-06-12 10:25 x
 こんにちは。シリアのアサド親子も似たパターンですね。シリアも湾岸戦争以降、親欧米に切り替え、アサド息子の代になると、ネオリベ路線で改革開放をやりました。小泉路線の様なもので地方切り捨てと金持ちはますます富む格差拡大路線で不満が充満し、後の内戦の伏線になったと。
 アサド息子はロンドンで歯科医を勤める上品な文弱でしたが親に呼び戻されて世襲しました。欧州の価値観を持つ人だったのでネオリベ路線で国を開き古い建物を利用してオシャレなホテルを数多く開設して欧米の観光客を集めました。ネットも普及させました。
 しかし、それが仇となり、温和で多くは要求しない学生デモをダシにして外国と繋がった決死の覚悟の皆さん(まあ汎アラブ?だからいいのでしょうが)が弾圧を引っ張り込み、アルジャジーラのような外国メディアが煽り、中東各国と欧米の介入を引っ張り込んで泥沼の内戦になりました。
 たとえ理解している方がいたとしてもテレビや新聞ではこうした解説は報道する機会に恵まれず、欧米の利害に基づいた視点による官報に搔き消されてしまいますね。
 東京新聞の田原記者は現地にも行ってよくわかっていますが、中々紙面を貰えません。酒井啓子先生も雑誌はともかく突っ込んだ原稿を載せてもらう機会はないでしょう。
 大マスコミは両論併記といいますが、これも詐術で真に併記すべきもの表に出すべきものは表に出さないわけで、恐ろしい事です。
Commented by ruhiginoue at 2017-06-12 16:37
イスラム教で禁止されている偶像崇拝になるから人物を描いてはダメなので風景画とか幾何学模様が盛んですが、リビアではそういう宗教に拘り過ぎはかえってよくないということのはずです。
 英国留学して英語ペラペラはセイフイスラム氏もアサド大統領も同じですね。
 大手マスコミでも解っている記者はいるのに紙面に出させてもらえないのかもしれません。中東イスラム問題にこだわっている第三書館の北川明氏は解ってくれましたが、他の出版社ではピン来ないという人すらいましたから。
 でも、これが北朝鮮の態度に影響を及ぼしているから日本にも関係があるのです。
Commented by ケーキイーター at 2017-06-12 20:46 x
 偶然、テレビで知った。渋谷にモスクがあるそうな。改宗するつもりは全然ないけど、一度、見学させてほしいな。頭にきちんと布類かぶって。
Commented by ケーキイーター at 2017-06-14 21:27 x
 私が大好きな画家のエッシャーが、モスクにあった幾何学模様を見て、凄く参考にしたという話が好き。「美」は宗教や国籍の壁を越えることがある。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-06-11 18:28 | Comments(5)