井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

沖縄の慰霊の日にあたって

 動画サイトにピアノを弾いているのを投稿したことがあって、これは観た方もいるが、他に楽器の演奏というと沖縄に行ったとき見様見真似で三線を弾いているのがあり、こちらは投稿していない。一緒にいた観光客がデジカメで録画して後でメールで動画ファイルにして送ってくれた(便利になったなあ)もので、上手くないのだが曲目でウケていたということでくだらないからだ。島倉千代子の『沖縄音頭』とか『ゴジラ対メカゴジラ』の「キングシーサーの歌」とか、そして「変なおじさん」も、まさに変なノリでオリオンビール飲んだ勢いでやっていた。
 これは、本当の蛇の皮が貼ってある「蛇味線」ではない簡素なものが、観光客に向けてご自由に使ってと置いてあるところがあるからだ。

 その時、舟で離れ小島にいくつか行ったが、その中のある島で、泊まった民宿のレンタサイクルの料金を、島を回って戻ってきて払うさい、時間貸しなので「何時から何時まで、ですね」と言ったら、そこの民宿を切り盛りしている女性が、「いや、何時間だよ」と多く言って、料金を高くした。このときの調子が強硬だった。船着き場との往復を自家用車を運転して送ってくれたりするときは大変に親切な人だが、お金のことになるとやけに押しが強いので、かなり驚いた。

 これについて、その翌々年に沖縄から東京に来た那覇に住む女性に話したら「ああ、あの島の人たちはそうだよ。山賊の子孫だからね」と言った。小島をアジトにしている山賊など昔いたけれど、その一種だということだ。
 それで思い出したのは、本多勝一記者の『アラビア遊牧民』に出てきた挿話だ。アラブ人たちが実に親切で、ベトウイン人たちは慎み深く気高かったが、遊牧民たちが本性を現すと、やはり昔から世界的に知られる砂漠の山賊の気質なのか、ヤラズボッタクリが当たり前という態度を取られたということだ。

 それはともかく、沖縄へ行ったときは観光もしたが社会科見学などもしてきたし、そういう話は既にここで何度もしているから、今日の「沖縄慰霊の日」については、今も変わらない思いである。


f0133526_2314041.jpg





[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-06-23 21:21 x
 私は聞いてみたい。見てみたい。お師匠さんの演奏を。
 勝手なこと書いているねえ。と、自分でそう思った。
Commented by ruhiginoue at 2017-06-24 20:05
他にも照屋林助の懐かCМ「♪水虫痒い~どこ痒い~ポリポリ痒い~足痒い~」とかやっていて、とてもまじめなものではありません。

そんなことより画像のように、ひめゆりの塔の話などを真面目にしたいものです、ほんとうは。
Commented by ケーキイーター at 2017-06-24 21:01 x
 解りました。すみません。
Commented by ケーキイーター at 2017-06-24 21:09 x
 今、ツィッターの写真を見たところ。知事さん達の目線の鋭さが凄まじい。但し、お化け屋敷に住んでいる安倍さんはもう鈍感になって、何も気付かないだろうな。
 沖縄の建築物その他の文化諸々、マジで興味あります。
Commented by ruhiginoue at 2017-06-25 16:31
話だけならいいけど、演奏は無茶苦茶なので。

建築物など日本に併合される前のものは風景に合ってますね。一番合わないのは米軍基地。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-06-23 17:53 | 社会 | Comments(5)