コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

宗教がいっぱい

 稲田朋美という政治家は元々は弁護士で、ヘボ弁護士だから政治家に転じたような経緯だが、それにしてもいちおう弁護士であるはずなのにそうとは思えない法的無知ということを色々と指摘してきた。その一つが出世の足掛かりとなった朝日新聞への嫌がらせ訴訟であった。この件は拙書『朝日新聞の…』でも述べたとおりである。

 ただし、このところの問題発言のため、稲田防衛相はあれでも弁護士かと言う人が増えたけれど、橋下徹だって弁護士だし、金に困ってヘイト本を書いて(あるいはただの名義貸しか?)いるケントギルバートも弁護士だ。ほかにも、知識は怪しく人権意識も無い弁護士はウジャウジャいる。これは医師とか他の分野でも言えることだ。

 ところで、「法律相談も受けたことがない」と国会で否定したものの裁判所に出廷の記録があったため、「夫の代わりに出たことを忘れていた」と訂正して謝っていたが、この稲田朋美と稲田龍二の弁護士事務所の名前は「光明会」という。
 これだけではピンと来ない人が大多数だろうが、すぐわかってしまう者もいる。その最たるのは宗教活動が盛んな大学に入ってしまった者だろう。あのときのことを今でもハッキリと憶えている。「光明思想研究会」というサークルがあって、正門の前で新入生に機関誌を「入学祝」だと言いながら配布していて、これを読むと「天皇陛下ありがとうございます」「日本人に生まれて幸せです」「共産主義を倒そう」などの文字が躍っていたのだった。

 その前に、高校のころ仲良くしてた歯学部の学生は親が金持ちで自民党支持で、生長の家から勝手に分派みたいにしてあちこちに「世界人類が平和でありますように」の札を貼ったりしている団体に入っていた。「守護神様ありがとうございます。守護霊様ありがとうございます」と唱えるのだとも言っていた。
 これについて、幸福の科学の大川隆法が霊媒というかイタコ芸というかで生長の家の教祖・谷口雅春を呼び出して語らせたところによると、生長の家を出て行って勝手に白光というエピゴーネン団体を作った五井昌久は地獄に墜ちているらしい。
 そして幸福の科学の熱心な信者だった影山民夫は自宅で事故死し、生長の家の信者が経営し始業のさいはお祈りするヤオハンは潰れた。

 その歯大生の友達でスピリチアリズムに傾倒していたのは防衛医大生だった。また防衛医大の医師で医学博士号(日大)を持つ人には創価学会員がいて患者を「折伏」しようと集会に「山本リンダが来るよ」と誘っていたということは拙書『防衛医大の...』で触れている。だから後にオウム真理教事件で「理科系の大学院まで行った人がなぜ」とかマスコミが騒ぐから「なに言ってんだ」と呆れたものだった。



[PR]
Commented by 名無し at 2017-07-07 05:33 x
池田大作・安倍晋三・森喜朗の「ベンガルかぶれ三羽ガラス」が
「ヴェーダーンタ(ウパニシャッド)は
 トランスパーソナル精神医学会を超越した再現性の高き
 精神医学の集大成なので、売り子の手伝いします」と断言して
奉仕活動をした事は、無視ですかい?
Commented by 名無し at 2017-07-07 05:46 x
石原慎太郎一族は「タミールかぶれ」なので
週刊文春に圧力をかけて、大野晋教授の「日本語の起源は
タミール語説」の特集記事を書かせた可能性を否定しません。

ちなみに「全国精神病者グループ」もと会長の片山富子さんは
ほんの木というリサイクル関係出版社とは設立当時からの仲良しで
木村愛二先生とも親交はあり、「日本語の起源はスワヒリ語説」の
関係者とも深き親交があり、朝日文庫から著作を出した高野生さんに
対して、役人根性に堕落した人と断言できる聡明な存在であり、
もしも世界共通語が四万年前と同じコイサン語になれば
人類全体がラージャヨーガ行者になるとも断言された
真のコスモポリタン農村自治の理解者でもあります。
Commented by ruhiginoue at 2017-07-07 19:57
石原一家といえばオウム真理教でしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-07-04 21:38 | 政治 | Comments(3)