井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

暑い日は水分の補給が絶対に必要

 熱い日が続いている。熱中症対策に待避所を作ったと役所が拡声器で呼びかけている。

 また、死者行方不明者が出た大災害で、エアコンのない避難所で熱中症になる人もいるそうだ。消防と警察と共に自衛隊が出動して働いているとき。防衛相は留守で「勉強会」というが時間からすると実は食事会だったのだろう。もちろんそこではエアコンが効いていただろう。

 こんな調子だから、学校でも異常なことがあるのだろう。
 なんと小学生が下校の時に水分補給してはいけないといわれているそうだ。そのため、すごく暑いのに下校途中にお茶が飲めず、帰ってきたら軽い熱中症だったという。
 ここで指導するなら、カフェインのない麦茶か水にして清涼飲料水は論外とか、安全や行儀のために道の脇に寄ってから立ち止まって飲む、などを教えるべきだ。

 かつては、旧軍隊から体育会系に受け継がれた精神論で、根性を鍛えるためと称してわざと苦しめるやり方が横行し、その一つに水を飲ませないことがあった。それで本当に効果があると錯覚している者が多かった。
 また、『戦場にかける橋』で、暑さと渇きのため川の水を飲んでしまい高熱にうなされる場面があったが、東南アジアに行くとその危険があるので勝手に水を飲むなと旧軍は指示していた。最初はその意味があったものだったけど、それが我慢訓練と化し、意味を見失って一人歩きしはじめたようだ。

 あと、部活でよく、水を飲むと疲れると言われて苦しめられるが、これは迷信であることが大学の保健体育の実験によって確認されている。疲れるほど一気に大量に飲むことはなく、むしろ不可能だった。
 だから適度に補給するべきだ。その方が疲れないし、生命が安全である。
 そして気をつけるべきなのは、キンキンに冷えたものを一気に大量に飲むと身体が冷えすぎたり腹下したりする、ということだ。ほんとうは15℃前後が良いらしい。

 灼熱の砂漠でも、水分があれば大丈夫だし、ないと死ぬそうだ。だから暑い日は水分の補給を。




[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-07-10 21:18 x
急に暑くなってきたせいか、ここのところ、自炊してない。自炊できなくなっちゃった。近所のコンビニのお世話になっている。自分で、熱中症にならない様に、と、心がけているのだが。水分補給は本当に必要だねえ。
Commented by L at 2017-07-12 00:04 x
 こんばんは。昔、ヤマケイに給水実験の記事がありました。体重計と水を担いで登って水分補給と脱水について調べたのです。で、結論は多数回に分けて好きなだけ飲んでも脱水に見合うだけの水は飲めない、でした。熱中症対策の一つは十分な水と塩分の摂取ですが、得てして目いっぱい飲んでも脱水を補い切れないのですから、余程意識して飲まないと脱水症状を含む熱中症を防ぎ切れないでしょうねえ。私の場合、暑さ対策の訓練で糞暑い低山を這い回り、1日で8リットルくらい水分を取ったことがありました。もう、いくらでも水が呑めて自分でも驚きました。
Commented by ruhiginoue at 2017-07-12 09:01
暑いと煮炊きするのが実際の温度だけでなく印象で嫌になってしまいます。
しかし冷たいものばかりでは身体の内側が冷えてしまい良くありませんね。

登山でも、野蛮な根性主義と非医学的な間違いが幅を利かせていることを、山岳部だった人たちが言ってますね。朝日新聞で本多勝一記者がよく記事にしていた影響もあってだいぶ改まったらしいのですが。

ツイッターで報告したように、暑さを逃れて北海道でキャンプ生活しています。
困るのは充電です。出歩くたびにコンセントはないかと探しています。
Commented by ケーキイーター at 2017-07-12 21:00 x
北海道ですか。私は寝台特急・北斗星に乗って行くのが夢でしたが、叶いませんでした。ツイッター、楽しみに読むつもり。
Commented at 2017-07-12 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 名無し at 2017-07-14 05:39 x
西式甲田療法とか西式渡辺療法の資料の紹介したかったですが
思い出補正な老害パヨクのパシリで鬱病患者で
被害妄想癖が強い傾向のさゆふらっとまうんどの最新動画が
珍しく出来が良くて、お師匠さんの正論の発展系統なのでこちらを推薦です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-07-10 18:01 | 雑感 | Comments(6)