コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

日本の夏と戦争のイメージ

 毎年のように繰り返し言っているんだけれども一向に改まらないからしつこく言う。8月15日は終戦の日ではない。終戦の日は9月2日である。8月15日はあくまでも日本が戦争で勝つことを諦めたと正式に政府から国民に対して発表した(天皇に発表させた)だけで、終わってはいない。戦争とは相手があるのだから、相手が止めることに同意してくれなければ終わらない。日本で天皇が戦争終わりだと言っても外国には通用しない。現に8月15日から日本が降伏したと敵国に認められた9月2日までの間に散発的に小規模な戦闘は続いていた。

 しかし夏のすごく暑い日と戦争とが、原爆の惨禍もあって、強く結びついているのだろう。
 それで戦争と平和となどを語るのが8月となっていて、また、お盆で死者を弔うことにもからむのだろう。

 だからテレビでも新聞でも特集が組まれたりする。映画館でもかつて旧文芸坐では8月になると戦争と平和を考える映画と言う特集をしていた。文芸坐の地下のほうで『真空地帯』とか旧作の『野火』などを観た思い出がある。ついでに、上の階で夏休みだからと古い怖い映画をやっていたから、日本製の怖いSF『マタンゴ』などを観た覚えがある。

 しかし言葉を正確にしておかないと色々と厄介なことになるのだから、ちゃんと「8月15日は敗戦の日」「終戦の日は9月2日」と言わなければならない。



 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-08-15 13:28 | 雑感 | Comments(0)