コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

かつての英国病と同じ今は日本病

 先日は、「Fラン大学」に入った同級生の話をしたけれども、次は、そこまでではなく、受けても受からない人が少しはいる大学に入った同級生の話。

 どこの大学に入ろうと真面目にやればいいが、そうではなかった。
 その同級生は、大学に入ってから学費から生活費まで親が丸抱えのうえ、親の金で車を乗り回したり酒を飲んだりし、大学の勉強を真面目にやらなかった。あまりにもひどいので、怒ったお父さんにぶん殴られてしまったなんてことまであった。

 しかし、その私立大学は、私立大学の中でも特に学費が高く、そのかわり卒業するの簡単で、必修科目の試験の最中に正解を書いた紙が回ってきてみんなそれを写すから全員満点で合格、という凄いところだった。
 そうして卒業すると、名の通った会社に就職した。出た大学がそんなところだろうと親がそれなりに裕福で身元保証人になり後ろ盾となるからだった。

 これはいくらなんでもひどすぎると誰でも思うかもしれないけれども、そういうのが当たり前なのが日本社会の実態である。
 だから、この同級生と全く同じような人が今の総理大臣である。やはり出席もせず単位を取らずに卒業していたと教授が怒っていた。大学のお坊ちゃん度が高く、乗り回していた車が同級生はソアラで、晋三坊ちゃんはアルファロメオだったらしいから少し高かったが。

 そして、こういう人たちを就職させる企業は、国立大学を卒業していても母子家庭だとダメというような差別をする。もちろん露骨に言う事は少ないけれども就職の問い合わせや会社訪問で「ウチは紹介がなければ」というような言い方をして断る。

 そういえば大英帝国がこんな調子で衰退した。いわゆる「英国病」だ。そして今は「日本病」というべき状態だ。

f0133526_12024080.jpg
 
 日が暮れかかった時の駒ヶ岳が美しい。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by 名無し at 2017-08-20 02:06 x
何でもかんでも「大英帝国」と書きたがる日本人は思想信条を問わず
見栄っぱりの側面がありますね。英国と書いてしまったら体育会系で
少年戦記漫画脳と世間から思われてしまうのがイヤという事でしょう。



Commented by ruhiginoue at 2017-08-20 09:43
落ちぶれたことを強調するときもあえて大英帝国と記述するけれども、かつては大日本帝国と真似して言ってましたね。しかし本当は「グレートブリテンと北アイルランドの連合王国」なので、訳は「大連合王国」のはずです。帝国主義の総本山と言う意味なのかもしれませんけど正式国名じゃありません。本当の略称は連合王国のUKです。同じ文中に書くときには、フランス語とかドイツ語とか書いてた場合には「イギリス語」、仏語とか独語とか英語とか書いていたら英語、というふうに揃えて書くべきですね。
Commented by ケーキイーター at 2017-08-20 20:44 x
国名の表記について。「英国」自体が当て字なので、こりゃ、開き直るしかない。それより、私は中国の首都の事を、日本国内で「ぺきん」と呼んでいる事の方が気にかかる。外国へ行って、いくら熱心に英語でしゃべろうとしても、通じないぜい。他にも、急逝した、オールマン・ブラザーズ・バンドのギタリストの名前とか。その、ドゥエイン・オールマンの命日をしっかりと、覚えた私って一体…。
Commented by 名無し at 2017-08-21 17:37 x
この表記の問題につきましてはお師匠さんの提言が中道公正だと思います。
かつて40年以上も前の1970年代冒頭に本田勝一氏も使用ですが
同時期の淀川長治先生の「ラジオ名画劇場」が流行していた更に40年前の
1930年代にご本人が「イギリス語」「アメリカ語」と使っておられました。
英国表記問題につきましては、これは正しい実情を記した記述ではありませんが
1920年代までは大英同盟1930年以降から1950年代までは大英連邦
1960年代以降は英国または英連邦で良いと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-08-17 11:33 | 雑感 | Comments(4)