井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

小学校や中学校よりも大学院が卑怯

 日本の都道府県の中で、最も多くの都道府県と境目が接しているのはどこか。
 この答えは長野県で、よく見ると少し埼玉県にまで接している。

 ところが、問題文の書き方が不適切で、単に「最も多くの都道府県と接しているのはどこか」という試験問題を出した学校があり、それで「海」と回答があった。それで正解だが、ちゃんと出題意図を捉えなさいということで不正解だったそうだ。

 地理の問題だからということなのかもしれないけれど、それと同じことでは「石炭を石油にする方法」という問題に対して「石炭を売って石油を買う」という回答があって、経済ではなく理科の問題だから不正解だが、本当は問題文にちゃんと「石炭から石油を抽出する方法」と書かなければいけなかった。

 これは、いい加減な出題をしておいて、今年の流行語大賞候補の「忖度」を求めると言うことだ。

 こういうことがよく小学校や中学校でも高校でも大学でもあるが、大学院の入学試験では、些細な誤りで大きな違いになることがもっと深刻なこととしてあり、そうした誤りを教授が問題文に書いてしまって、大学院ともなれば受験する方も詳しいから突っ込まれてしまう。
 それをわかってるから、よく大学院の入学試験では、回答だけではなく問題文も回収するのである。

 そうした大学院のことを考えると、小学・中学の先生の間違いなんか、かわいいものである。

f0133526_11330371.jpg

北海道の山道を歩いていたら、何か視線を感じたので、そちらに目を向けたらキタキツネだった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-08-19 10:48 x
いやねぇ。子供の時に、先生に変な評価を付けられたら、後々、心の傷になるかな。ってねえ。「新潟の車」は、私にバカ受け。ナイスねぇ。

Commented by ruhiginoue at 2017-08-19 18:29
変な評価をつけてツベコベ言うぐらいだったら問題文の出し方をちゃんとしなさいってことですよね。
Commented by ケーキイーター at 2017-08-20 20:31 x
私が言いたいのは、多分こういうことだと思う。先生に理不尽なことを言われたりしても、小学生くらいだと、全うな抵抗の手段をまだ上手くとれないから。てことかな。そして、子供は自殺する。という結果になる。嫌嫌嫌。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-08-18 11:11 | 学術 | Comments(3)