井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

最高裁判事国民審査で全員バツをつけようという時代遅れ

 選挙と同時に最高裁判事の国民審査がある。ここで、政権への異議申し立ての意味で全員を不信任しようと言う人たちがいる。時代遅れも甚だしい。

 この審査でただ全員にバツを付けるのは、審査の方法に対して問題提起する意味であった。最高裁判事を信任するか否かを国民が直接審査する「民主的」制度を標榜しているが、何によって判断するのかはっきりしない。これではやる意味がない。
 そのうえ、辞めさせたい判事の名前にバツを付けるだけで、解らなくてバツを付けなかったら信任したことになってしまう。このやり方が問題になったので、判断できないので留保したければ投票用紙を投票箱に入れず返すことになった。

 こうした経緯から、いつも最高裁判事たちは何の緊張感もなく信任されているので、それに一石を投じるような意味で、あえて全員にバツを付けて抗議の意識を示そうということだった。

 しかし、すでにこのblogで具体例をあげながら説明したとおり、最高裁判事の中にも良識派がいて、政権の横暴と闘っている人がいる。それに対して他と一緒にバツを付けるべきではない。
 また、裁判所は全国各地にあるが最高裁は一つしかないので、全国の裁判所から上告が一点集中し、それら膨大な案件のすべてを最高裁判事が判断することは不可能であり、このため最高裁判事に上げるか否かをふるいにかけている。
 その下調べに、最高裁判所には最高裁判事ではない裁判官が大勢いて、まず形式的に上告に当たらないものを撥ねるのだが、ここで恣意的だったり悪意だったり工作があったりして、それでも最高裁判事の名義で決定されたことになってしまう。
 このため、この最高裁判事だったら話を聞いてくれそうなのに無下にされていることがあり、これに怒って「バツをつけよう」と息巻いてしまっている人もいる。

 こういうことが今では問題になっているのだから、とにかく全員にバツをつけて抗議の意思を示そうというのは時代遅れということである。
 それに、そもそも最高裁判事で悪いことをする人は、その見返りにサッサと「天下り」をしているものだ。なのに、辞めさせるべき裁判官がとっくに逃げているところで、さあ辞めさせたいか審査しましょう、というのだから制度は破綻している。

 しかも、最高裁判事の国民審査で全員不信任なら判事選定の仕方がそもそも悪いことになるはずだが、しかし審査はあくまで個々の判事に対するものであるから、選定に対する抗議のつもりで全員を不信任にしたところで抗議にはならない。

 したがって、棄権をするべきである。選挙は投票して審査だけ棄権すると投票所で言い、用紙の返却を。





[PR]
Commented by Neutralizer at 2017-10-07 20:36 x
なるほど、納得がいきます。そもそも判断基準が投票日近くに新聞や広告と一緒に送られてくる裁判官の簡単な裁判履歴だけです。ただでさえ、裁判をいつも傍聴するわけではないのにそれを我々国民全体に判断できるわけがありません。この制度そのものが何も機能しない無用な制度です。オランダでは政治家の不正を当人の前で突き付ける番組があるそうですけど、我が国でやるなら政治家だけでなく裁判官にもやらないとだめですね。
Commented by ケーキイーター at 2017-10-07 20:46 x
私はいつも「判断基準がないし、無責任なことしたくないので」と断って、棄権しています。
Commented by ruhiginoue at 2017-10-08 19:04
民主的を偽装するだけの制度は、無駄なうえ偽善だから廃止すべきですね。
Commented by L at 2017-10-14 16:14 x
さすがに国民審査を代替なしに廃止するのは拙いでしょう。法的には正邪を最終決定する機関ですからね。かつての教育委員の公選制のように選挙をうまく取り入れるか、亡くなった日隅弁護士が提唱していた公職オンブズマン(任命職決めを公明正大適正にするための制度)と上手い人事制度が必要でしょう。
法曹一元化で弁護士を20年やった人から選挙で選んで簡裁、家裁、地裁から修行させ、人事を最高裁人事局の類の統制から引っぺがして年功序列賃金にし、年功とくじ引きで昇進・異動させるが格が上がっても権限は増えない鍋蓋組織にし、内部では互選でリーダーを決めるとかですかね。これに、裁判所オンブズマン制度で監視し曝し干渉するくらいでしょうか。こうすれば、ヒラメは無意味になります。
Commented by ruhiginoue at 2017-10-14 18:21
 今の制度が完全に無意味で、この状態が長年続いてきて、今後も改善する見込みが全くないのだから、有っても無くても同じである今の審査制度を直ちに廃止して問題はありません。
 その後から代替の監査制度を作る議論をしてもいいでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-10-07 16:16 | 政治 | Comments(5)