井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

水木一郎の思い出と無駄づかいの戒め

 「水木一郎『俺は世界中で一番幸せな歌手』アニメ祭開幕で『ゼット!』連発」という見出しの記事で思い出した。
 過日、ある歌手からサインしてもらう機会があって、歌手にサインしてもらうなんて久しぶり、それも何十年ぶりで、小さいころに遊園地で水木一郎にサインしてもらって以来だった。
 その遊園地とは埼玉県の西部線沿線にあったところで、野外ステージの公演だった。この帰りに電車に乗っていたら水木一郎さんも帰るところで乗ってきた。毎度うちの母親がバカだから「あっ、またサインしてもらおうか」なんて言うものだから、聞こえてしまい水木さんは困ったようにうつむいてしまった。

 ところで、水木一郎宅は鎌倉八幡宮の近くにあり、憧れの鎌倉と言われる一等地で、庭も広い。
 これは『マジンガーZ』が人気で主題歌のレコードも売れたから印税がたくさん入ってきたさい、ちょうど宅地が売られていたのをみて、投資のつもりで買い、その後は『仮面ライダー』などアトラクションに出演して歌う仕事をたくさんこなして稼ぎ家を建てたということで、だから「水木一郎のマジンガー御殿」と呼ばれている。
 それで、あの時も埼玉県まで西武線に乗ってセッセと巡業に来ていたのかと納得した。そうやって水木一郎は堅実にやってきたから良かったということだろう。

 よく芸能人は売れて金が入ってくると無駄づかいと散財をしてしまい後で困るということが珍しくない。最悪なのが克美しげるで、『エイトマン』の主題歌など売れて金がたくさん入ってきたのに賭博などで使い果たしてしまい、愛人に貢いでもらって、奥さんにバレそうになって…周知のとおりであった。

 だから、お金が入ってきたら無駄づかいしてはいけないということを色々な人の例から学んだが、その最初は小さいころ遊園地の帰りに水木一郎さんだったのだ。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-10-13 17:48 | 芸能 | Comments(0)