井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

まだある蛍光灯と点灯管

 スーパー最後の営業日で混雑していたが、それは主に食材を買う人たちだった。しかしよくある店と同様に家庭内設備の消耗品も売っているので、それを買う人もいた。自分もその一人だった。
 それで照明関係が並んでいるところで蛍光灯と点灯管を買った。もちろん点灯管とはスターター形の蛍光灯を点灯させる放電管のことである。グロースターターやグローランプとも呼ばれる。
 もう蛍光灯の主流は消費電力が少ないインバーター式となっていて、残るは流し台など一部である。その流し台だけ自宅も従来型器具なので、交換のため時々買うことになる。他はすべてLED照明となっている。

 そうしたら、年配の男性が買いに来ていて、解らないと店員に訊ねているのだが、これと同じものが欲しいと出して見せたのは黒くくすんだグロー方式点灯管であった。この生産は次々と打ち切られ、今の生産は電子点灯管へ移行している。だから、それは無いと店員に言われていた。
 この男性は、その違いの意味を知らなかった。それで教えてあげた。そのグロー方式点灯管はどこの業者も製造を中止していて、電子点灯管に切り替えているのだと。しかも蛍光灯や電球型蛍光灯と共に、交換用途に絞って生産が継続されているものだ。つまり蛍光灯は主にインバーターになっているうえ、蛍光灯も交換用だけということだ。現にその男性も、流し台などで使用する15ワットの蛍光灯とともに点灯管を買おうとしていた。

f0133526_18323487.jpg


 またグロー方式と違い電子点灯管は一発で蛍光灯を点灯させる。このおかげで蛍光灯を劣化させ難い。 何度も点滅してからつく蛍光灯は昔のものだ。電子点灯管はやや高額だが二百円くらいの違いで、はるかに長持ちするからむしろ安い。それに早くつく。
 それで、売り場には蛍光灯が10ワットと15ワットのものがあり、だから点灯管も10ワットまでのものと10ワット以上30ワット以下の二種類が置いてある。

 それを説明し、これだと教えたら、その人は喜びながら「老眼だから字が小さくてよく見えない」と言った。
 それより、よくいまどき生産していない点灯管を、この人は自宅で使用していたものだと不可解だったが、おそらくたくさん買い置きしていたのだろう。
 だから買い置きも考え物である。生産中止になる前に買いためておいても、むしろ劣化が早いわけだし、いずれそれ自体が時代遅れで使えなくなることもあるのだから。

 いずれ、自宅で唯一の蛍光灯である流し台も、蛍光灯ではなくなるだろう。



[PR]
Commented by ケーキイーター at 2017-12-31 11:07 x
買い置きに近い話と言えば、これ。実家の私の部屋に、未使用のVHSビデオテープが数本そのまま残っているのさ。貰い物なんだけど。私のDVDプレイヤーは再生しかできないし。さ~て、このビデオテープ、そのまま部屋に寂しく残っている事になりそうだ。
Commented by ruhiginoue at 2017-12-31 16:10
ビデオテープでFM放送の音楽を録音している人がいて、長時間の録音ができるから便利と言うので、やってみたことがあります。
今もテープは売っていますね。デッキがあれば使えるので。
無いと焚き付けにしかなりませんね。ビデオテープは燃えるゴミということで、焼却場では生ごみばかりだと燃えにくいので少しはプラスチックが混ざっていたほうがよく燃えていいそうです。
Commented by ケーキイーター at 2017-12-31 20:26 x
私、大失敗。お正月用のお箸を用意したつもりが、実は買っていなかった~。

VHSのビデオデッキですが、ここ数年使っていないです。大丈夫かな? まだ、動くかな? DVDレコーダー、欲しいなあ…。
Commented by ケーキイーター at 2018-01-06 07:41 x
昨日、来年の正月用のお箸を買っておきました。まな板も新しいのを買って来た。

余談ですが、今日は金大中氏の誕生日なのだそうです。激動の人生だったでしょうね。
Commented by ケーキイーター at 2018-01-06 07:47 x
その筈なんだけど、ウィキペディアには違う事が書いてあった。ま、「ウィキペディアも違っている事がある」とは、ラジオ越しの山下達郎さんのお言葉。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2017-12-30 18:36 | 雑感 | Comments(5)