コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

登阝  小  平 

 世界的に禁煙化が進む中で、中国はオリンピックを意識して追従の動きもあるが、しかしまだ喫煙が多く、禁煙も分煙もすすんでいないという。
 中国 登阝 小 平 (漢字、表記されるか) と・しょうへい近い発音だとトン・シャオピン、すなわち今の中国を作ったような政治家は、ブッシュ大統領父に対し「私は60年以上タバコを吸い続けたおかげでこんなに長生きできているのです」と言ったそうだが、このことと関係があるのかどうか。
 健康オタクのブッシュ父への皮肉だったのかもしれない。ブッシュ父は、「国民のみなさん、テレビを見る時間を減らしてジョギングをしましょう」と呼びかけ、自分はジョギング中に心筋梗塞で倒れ、来日したときはアマコスト駐日大使らとテニスをし、そのあと晩餐会で倒れ、これが世界中にテレビで流れ、直後の選挙では、前回投票してくれた支持者からも歳とり過ぎと言われ落選。当選したのは若さを売りにしたクリントンで、たしかに若いから不倫だのセクハラだのお盛んだった。
 ちなみに、ブッシュ父の健康顧問スポーツ指導は、当時俳優で現知事のアーノルド・シュワルツェネガー。さっさと政界転身し、ドーピングのスタローンより賢明か。


%u9A5A%u304D%u306E%u4E2D%u56FD%u30BF%u30D0%u30B3%u4E8B%u60C5 | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8
[PR]
Commented by ruhiginoue at 2007-03-15 19:07
トン・シャオピンがチュー・エンライ(周恩来)と出会ったのは、フランス留学中だった。そのためピリ辛四川料理が好きな一方でクロワッサンを好んだ。外交でアメリカへ行ったさい、残った外貨を換金するのが面倒だからと全部クロワッサンを買って帰り、チュー総理にお土産だと渡すと、総理は懐かしいと大喜びしたそうだ。
 フランスは美味しいが優先で、そこがイギリスと違い、テーブルマナーなんて食い物がまずいイギリスの発想だとコケにするらしい。他人がなんと言おうとまず自分というところも共通してはいる。
 
by ruhiginoue | 2007-03-15 14:35 | 国際 | Comments(1)