井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

いわゆる国策捜査なので有罪は決まっていたはずだ

 ホリエモンこと堀江貴文に実刑判決。
 彼の失敗は、まず目立ったこと。もう少し年長なら、カカシを立てて自分はその陰にいて操る。
 次に、権力にすりよったこと。権力の内部でも葛藤や抗争があることまで予想していなかったのだろう。フジサンケイ買収劇で、裁判官が味方してくれたことに慢心したはずだ。このときの鬼頭季郎判事は権力すりよりで悪名高く、すぐに退官して内閣府に行った。しかし、情勢が変わったのだ。
 韓国のドラマ「チャングム」を連想した。宮廷の官僚オ・ギョモが、癒着していた政商チェ・パンスルとその一族を切り捨てるべきか思案していると、側近から言われる。「オ・ギョモ様、情に流されては将来に禍根を残します。チェ一族は大きくなりすぎました故」
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by ruhiginoue at 2007-03-16 22:27
チヤホヤされて舞い上がるのは、まだ若い証拠ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-03-16 19:29 | 司法 | Comments(1)