井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

共通テスト、アメリカの場合

  文部部科学省が24日実施する「全国学力テスト」(全国学力・学習状況調査)に全国の自治体で唯一、不参加を決めた愛知県犬山市。
 アメリカの場合、同様のテストを行い、平均より著しく得点が低い地域があると、中央政府は教育予算の交付金を増やし、そうした地域に特定の人種が多い場合は人種差別と貧困について調査する。
 日本は事情がちがう。
 もともとは、霞ヶ関の方針が日本全国津々浦々まで行き渡っているかを確認するためだった。つまり中央統制。だからこの嫌らしさに反発してボイコットした学校があり、中央の圧力で多くの教員や、北海道など校長までが、教壇を追われた。それで裁判沙汰になったこともある。
 今は、競争させるため。一人一人が自分の学力を知り、さらに伸ばすためではなく、他の人と相対的化するもの。学校選択制度の導入にも関わっている。
 そうなると競争に勝てない子供と、競争に加われない事情のある子供は平均点を低下させて地域の迷惑となる。だから実際に、そういう子と親に対して校長が露骨に拒否することを言って問題となった学校がある。
 これだけ問題がありながら、ボイコットは勇気が要る。だから拒否が少ない。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-04-02 03:23 | 社会 | Comments(0)