井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

人殺しの練習なんかしてない

 埼玉県知事が、自衛隊を褒める意味で、平和のために人殺しの練習をしていると発言したそうだ。
 この発言は認識が誤っている。
 自衛隊に限らないが、結果として人殺しになってしまうけれど、人殺しが目的ではない。手段として暴力を用いたことで、遺憾ながら人命が失われてしまうのだ。
 屁理屈のようだが、こう考えるから、たとえば敵だが無抵抗なのに殺すなどの行為は、人殺しが手段の結果ではなく目的それ自体となってしまい、攻撃でも防御でもなく虐殺であり戦争犯罪として糾弾される。このことで、欺瞞っぽいけれど、いちおうのケジメを付けることが出来る。
 だから、自衛隊が人殺しの練習をしていると言うのはいけない。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by たか at 2007-04-02 19:55 x
なかなかいいこと言うねー。確かに殺すのが目的ではなく相手の目的を挫くために戦闘力を奪う、手段として敵の人員を殺傷する結果もあると思う。知事の発言は明らかな間違いだな。別に殺さなくてももし敵の船を沈め戦車を破壊し戦闘機を撃墜できれば生きていようが死んでいようが自衛隊員は構わない筈だ。知事の言う事はここからさらに海に浮かぶ敵兵を撃ち打ち落とした敵パイロットもすべて殺さなくてはならない。発言を撤回し謝罪すべき
Commented by 追加失礼 at 2007-04-02 21:35 x
たかさんの言うことに付け加えると、そのうえで敵の乗組員が負傷していたら手当してやり、飢えていたら食事させてやるもの。
そういう武士道とか騎士道は国際法にもなってて今も有効だ。
ところが日本は、捕虜になるのは恥しらずとか言って虐待してしまったため戦後に非難されてしまった。
それはともかく自衛隊をどう評価すべきかは別に知事の発言は自衛隊を侮辱するものだから謝罪して撤回しなければならない。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-04-02 16:41 | 政治 | Comments(2)