コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

謝罪はしたが、まだわかってないようだ

  埼玉県知事が、例の発言で抗議を受け謝罪した。
 「自衛隊は人殺し(後に殺傷と無意味な訂正)の練習」というのは、辛い仕事を頑張っているという意味で言ったつもりのようだが、これではこき下ろして言う方がまだマシである。
 暴力(あるいは軍事力など)で解決すれば人殺し(殺傷)することに必ずつながるから駄目だと言うなら、その方法を肯定している政治への批判であるから、容認されなければならない。自衛隊も、権力によって暴力をふるう最大の機能を与えられているので、不愉快でもある程度は我慢しなければならない立場である。
 ところが埼玉県知事の発言は職業差別である。
 ようするに、自衛隊は殺すことで国民の役にたっているが、それに比べて他の公務員は人に直接よろこんでもらえる仕事だから良いんだぞ、と言うことだ。これでは、屠殺業者と違いあなたたちは料理人だからいいね、という昔からの差別と同じではないか。
 同知事は、批判でなければ良い意味になると錯覚してるのだろう。
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-04-03 23:26 | 社会 | Comments(0)