コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「営業の猪瀬」

 報道によると、作家の(評論家では?)猪瀬直樹氏が副都知事になるそうだ。
 昔、彼の出世作「ミカドの肖像」を読んだが、すごい水増しにあきれた。分厚い本だが、五分の一くらいの分量で十分の内容。
 また、テレビに出てのお粗末レポートを田中康夫にコケにされたら、まともに反論するのではなく、掲載誌の発行元が朝日新聞社だったので文芸春秋社に働きかけ騒ぎ、いつの間にか「朝日対文春」の陳腐な図式にすり替かえることでかわしてしまった。
 彼は、「営業の猪瀬」と揶揄されるほど売り込みが上手く、たいしたことないものでも買わせてしまう。マスコミにでも、政治家にでも。
 その世渡り上手さには関心させられるが、仕事ではもちろん期待できるはずがない。まあ、石原氏とは同類項だろうが。

Excite エキサイト : 政治ニュース
[PR]
by ruhiginoue | 2007-06-15 20:44 | 政治 | Comments(0)