コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

八月の狂詩曲

 8月9日、また長崎の暑い日が。
 今年は市長が暴力団に殺されるし、久間大臣の「トンデモ発言」もあった。
 広島の暴力団抗争を描いた「仁義なき闘い」シリーズで、自身の戦争体験から否定する為あえて暴力を剥き出しに描く深作欣二監督は、その行き着つ先はこうだと言うように原爆ドームの映像。
 黒澤明監督の「八月の狂詩曲」は、主人公の老婆が夫を亡くしていることについて、長崎が舞台だからと原爆で死んだことにし、この、原作にはない脚色に、原作者は反発した。
 そして孫たちが原爆の慰霊碑が並ぶのを見て、世界各地から、ソ連やブラジルなどからも送られているのに、「アメリカのが無いね」「当たり前でしょう。原爆を落としたのはアメリカなんだから」 
 原爆の悲劇を描いた映画はたくさんあるが、ここまでストレートなセリフは他に無かった。もちろんアメリカは猛反発。外国人記者クラブで、黒澤明監督は非難された。日本は戦争でひどいことをしまくったのに、歴史教科書とか靖国神社とか、自国のことは正当化したり否定しておいて、他国がやったことは批判するのか、と。
 これは逆にアメリカにも、そっくり当てはまる。自国の非を認めるのは勇気が要るということだ。それに黒澤明監督は、自分の戦争体験から、その指導者たちに厳しい目を向け続けてきた。非難の矛先は、日本でもアメリカでも、どこの国でも、勇気のない人たちに向けるべきだ。勇気のない人とは、アメリカは悪くないと言う人達であり、日本がやられたというだけの人達だ。
 ところで、その後、黒澤明監督に長崎市から感謝状が送られてきた。なんと長崎市にアメリカから慰霊碑が送られてきたそうだ。政治的な言い分とは別の犠牲者の追悼を、しなければならないと考えた市民達がいたからだ。
 政治家が何十年かけても駄目だったのに、映画一本で。クロサワだからということではあるが、よく、文化人で、しょせんは権力という人がいるけど、やはり言い訳だ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by Kiz at 2007-08-09 14:43 x
自分と「指導者」を分ければ、相手が日本だろうが米国だろうが道徳的非難を加えることは容易い。むしろ自慰的にそういう発言をすることによって自己陶酔的な気分に浸れるわけで、勇気がいるいらないの話しじゃないと思う。
Commented by ruhiginoue at 2007-08-09 14:55
 残念ながら意味が不明確です。何度か読み返したのですが。
Commented by Kiz at 2007-08-09 22:48 x
「自国の非を認めるのには勇気がいる」という主張に対する疑問です。
戦前も戦後も、政治家を選び政府の政策を支持してきたのは、他でもない我々のような市井の人々です。「軍部の暴走」や「問題」発言をしてしまう不適切な防衛大臣、という表現は旧陸軍や久間防衛大臣にその全ての責任を押しつける言いぐさだと思います。そして、自分たちの責任を勝手に免罪しておけば彼らを非難するのは勇気が無くてもできます。というよりは、勇気がない人たちがそのような言動をするのだと思いますが、いかがでしょう?
Commented by ruhiginoue at 2007-08-10 10:27
 それはもちろんあるでしょう。戦争を無責任に熱狂的に支持して、反対する人たちを非国民呼ばわりしていた民衆が、負けるととたんに「本当は反対だったけど弾圧されるから仕方なかった」と言い出す。
 しかし、そうでない人もいます。長崎に慰霊碑を送ってきたアメリカ市民たちだって、おそらくかなり勇気が要ったと思います。
Commented by ファブヨン at 2007-08-10 16:06 x
自分はロックが好きなので、相手が国だろうとなんだろうと言いたいことを言う姿勢は好きだし大切なことだと思います。
戦争にも影響を与えるそれがロックであり「Love&Peace」だと思います。
だけど、ロックは最初は難しいこと言ったり鋭いこと言ったりしても、途中からあんまり理屈ぽく無くて最後には皆で歌おう!的な(音楽らしい)調和があります。

ruhiginoueさんには、政府にも挑む姿勢があると思います。
そのあとの調和があるのか?ないのか?あるとしてどんな形になるのか?そんな風に考えると見えてこないです。

思い切って聞きますが、ruhiginoueさんは権力が相手でも引かない反骨精神が強いですよね?
その心意気で目指すところは、どんな場所なのですか?
Commented by ruhiginoue at 2007-08-10 17:08
 「八月の狂詩曲」も、最後は大雨と暴風がすべてを洗い流し吹き飛ばします。そこにはシューベルトの「野ばら」が響きます。
 ベートーヴェンの交響曲も、深刻に始まりますが、それを克服して最後は歓喜に至ります。
 私の場合は到達する先までが演奏時間のように長いのだと思っています。
Commented by ファブヨン at 2007-08-11 14:29 x
ジョージの曲に「答えは最後に」と言う曲があります。

「顕微鏡で研究するように人のことを見たら、欠点もたくさん見えてくるけど、
人生は長い長い巻物に書かれた物語、答えは最後に書いてるんだよ。」

こういう感じの歌なんですけど、自分なんて実はかなり失敗だらけの人生なので、この曲を聴きながら、最後の最後に答えをつかめればいいのかな?と思ったりすることもあります。
Commented by 前のめり at 2007-08-11 19:44 x
上の方?

>失敗だらけの人生、最後の最後に答えをつかめればいいのかな?と思ったりすることもあります。

答えが「破滅」や「死」だったら・・・お笑いだな。
最後の最後なんて見たやついねえよ。歓喜のあとに深刻。深刻のあとに歓喜があるかも・・・運がよければ。 死ぬまで努力あるのみ答えなど求めずにな。
Commented by ruhiginoue at 2007-08-11 20:19
 「幸せとは、幸せを探す旅そのもの。世界の終わりが明日来るとしても、君たちは今日も種をまけ、果てしない未来へ育つ希望の」
 «妹たちよ » 作詞 保富庚午 作曲 平尾正明 歌 水木一郎
Commented by another at 2007-08-11 23:04 x
ファブヨンさん、見てくれるかな。あなたのコメントに真面目さ、真摯さを感じ、好感とともに拝見しています。

 > 「顕微鏡で研究するように人のことを見たら、欠点もたくさん見えてくるけど、人生は長い長い巻物に書かれた物語、答えは最後に書いてるんだよ。」

この詞、自分自身に当てはめて考えることも出来ますが、私にはむしろ、自分が他者を見るときのことに対して響いてきました。私が普段、人を見るとき、いかに狭量になっているのか。そのことを教えられる気がします。と言ってもこの狭量な私、なかなか克服できません。

> 最後の最後に答えをつかめればいいのかな?

今、このときに最善の答えを、そして、それが積み重なり、いつのまにか最後の最後に到達。そう出来ていたらいいですね。いや、これ、自分に言い聞かせているんですけどね。やはり、なかなか難しいです。


Commented by ファブヨン at 2007-08-12 11:08 x
anotherさん

>私にはむしろ、自分が他者を見るときのことに対して響いてきました。私が普段、人を見るとき、いかに狭量になっているのか。そのことを教えられる気がします。と言ってもこの狭量な私、なかなか克服できません。

自分も全く同じです。気が付いたら同じ失敗。でも、皆さんそうだと思いますよ。
それとお褒めの言葉ありがとうございます。
とても嬉しかったです。
Commented by ケロヨン at 2007-08-12 21:57 x
たしか「八月の狂詩曲」で黒澤が外人記者の猛反発を受けたのは、リチャード・ギアに「(原爆投下)ごめんなさい」と劇中で言わせてしまったからだと記憶しています。
外人記者の公開リンチにさすがの黒澤もタジタジだったとか。私も映画を見てたしかにこれはマズイなと思ったことはあります。
しかし歴史を一番反省していないのはアメリカでしょうから、黒澤もベトナム戦争とその後のアメリカの態度のことでやり返してやればよかったと思いますが。
Commented by ruhiginoue at 2007-08-13 12:13
 リチャード=ギアにアメリカを代表させて日本に謝罪させたと受取られたのでしたね。
 でも、ほんとうに大事な場面は、野薔薇に蟻が集っているのをリチャード=ギアが少年と微笑みあいながら見つめる場面なんですが。
 だからいろいろあっても、最後はあのような場面になるのですが。
 
Commented by 一ファン at 2007-08-29 20:28 x
>リチャード・ギアに「(原爆投下)ごめんなさい」と劇中で言わせてしまったからだと記憶しています。

これは誤解してる人が多いのですが
黒澤はクラークに原爆投下の謝罪なんてさせてません。

「おばさん、長崎の人
なのに私達気が付かない。
私達悪いです。私達悪かった。」

悪いのは「気が付かない」にかかってます。
何に気が付かないかは映画を
きちんと見てればわかるので説明はしません。

そもそもこの映画は特定の誰かを悪者にしたり
責任を押し付けたりはしていません。
原爆投下は非難しても、だからアメリカ人は悪い奴らだ。
アメリカを憎め。なんて言ってる映画ではありません。
(日本人は被害者で何も悪く無いと主張してるわけでも
ありません。)
Commented by 一ファン at 2007-08-29 20:44 x
ケロヨンさんが書かれてる記者会見ですが
黒澤監督は、こう反論しています。
(一字一句正確ではありません。)

「日本の加害について触れてないというが、
”日本人も沢山死んだけど
アメリカ人も沢山死んだ”という
おばあちゃんの台詞にはそういう面も反映させてるつもりです。
(アジアへの被害について)ひとつの映画の中に、そう沢山の事をいっぺんに入れるわけにはいかない。」

この記者会見が終わった後に、一人の女性が最後まで残っていて
黒澤監督にこう言ったそうです。

「私は恥ずかしい。アメリカ人が皆、ああいう風だとは思わないで欲しい。」
Commented by 一ファン at 2007-08-29 21:50 x
「原爆投下を謝罪してるわけではない」
というのは、私の独自の見解ではありません。
下記のアメリカ人の批評家も同じ見解を表明しています。
ただし、このStephen Prince氏、公平に書いてるようにも見えますが、実際にはオランダなど西側の物も写されてたのに、映画に出てくるのが旧共産圏の国の物だけみたいな、(おそらく意図的に歪曲した)記述をしてるのはアメリカ人らしいなあとは思います。

American critics tended to construe this as an apology for the bombing. In fact, though, Clark is exhibiting a humane response to the evident destruction and loss of life, not a political judgment about the use of the bomb. In a subsequent scene, he apologizes to Kane for not knowing of his uncle's death. Many critics found this, too, to be offensive.

Rhapsody in August - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Rhapsody_in_August
Commented by 一ファン at 2007-08-29 21:51 x
ちなみに私は、この映画公開時に見た時から
「リチャードギアが原爆投下謝罪してる」という風には
思えなかったので、ネット上でそのような記述を見るたびに
「本当に、この人は映画を見たんだろうか」と
疑問に思うこともしばしばです。

他にも日本人の大学教授が英語で
シナリオを引用しながら「原爆投下謝罪説」を否定した
ホームページを見た記憶があります。

「オジさんのこと知らなくて、ホントにすみませんでした」
というのも原爆投下を謝罪してるわけではありません。
ちなみにリンクされてるブログでは肝心な
「おばさん、長崎の人
なのに私達気が付かない。」
が略されていて、原爆謝罪説に加担してしまってるのは
残念です。
Commented by ruhiginoue at 2007-08-30 00:02
 一ファンさんがご指摘のことは、ドナルド・リチイもまったく同じです。
 「黒澤明の映画」で、慰霊碑は共産圏からばかりというように書いてます。映像を無視してセリフだけにしているからとも言えますが。
 原爆に関しては、アメリカが日本(少なくとも長崎)に対して悪かったと言ったことにし、批判しています。映画全体は評価してますが。
 この本は、黒澤研究としては特に良く書けていて、少なくとも佐藤忠男の「黒澤明の世界」なんかより遥かに充実しています。しかし。他にも原爆や戦争に関する関川秀雄や今井正の作品を「反米中傷映画」と非難し、彼らの作品は全て駄目だとまで言ってますが、その内容から、別の監督の作品と勘違いしていて、観ないで批判していることが明らかです。
 リチャード・ギアは、村瀬幸子の夫の死について知らなかったことを詫びています。これはドナルド・リチイ氏も理解しているように読める記述もあります。どちらなのかあやふやな書き方ですが、わかっているけどアメリカ批判は不愉快という感情が抑えられないという印象が行間から読み取れます。
Commented by 一ファン at 2007-08-30 01:21 x
こういうアメリカ人もいます。

ロバート・ダウ

9.11でパートナーのルース・ケトラーが死亡。ケトラーは、第二世界貿易センタービルの94階で勤務していた。
ダウは、マサチューセッツ大学、コモンウェルス・カレッジの学際的なコースで歴史を教えている。NY在住。教えているコースの一つは「戦時アメリカ」。20世紀の文学、映画、歴史を合わせたもの。原子爆弾の世代をこえて長く及ぶ影響を、また、国家間の調和の可能性をアメリカの学生を教えるのに、黒澤明の映画「八月の狂詩曲」を使っている。広島・長崎の被爆者に特に関心を持つ。
1970年から1972年の間、米国海兵隊員だった。1971年に上陸用舟艇で日本に上陸、富士山のふもとで訓練を受けた。53歳。

Gensuikin: ピースフル・トゥモローズからロバート・ダウさんを招待
http://www.gensuikin.org/mt/000457.html
Commented by ruhiginoue at 2007-08-30 13:20
 なるほど。
 あれだけ反感があった後に慰霊碑が贈られてきたことにも「アメリカの良心」はあるのだなと思いましたが。

 
by ruhiginoue | 2007-08-09 13:41 | 社会 | Comments(20)