井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

「体罰」と言うのはおかしい

 福岡県の中学で男性教諭(53)が体罰をしたとして問題になったという報道だが、これを「体罰」と言うのはおかしい。
 懲戒を加えるため身体的苦痛を与えるのが体罰であり、これは法律で明治時代からずっと禁止と決まっている。今の法律では、教師は生徒に懲戒を加えることができるが、ただし体罰はいけないという規定だ。
 ところが今回の事件は、以下報道より引用。
 「同校によると、教諭は6月21日、授業後の『帰りの会』で、着席していた生徒を床に倒して逆さづりにし、床に落としたり、髪を引っ張るなどの暴行を加えた。教諭は『掃除をせず、理由を聞いても答えなかったため手が出てしまった』と釈明している」
 「7月にも顧問をしていた卓球部の2年男子生徒の頭をラケットでたたいて8針縫うけがをさせており、学校側は被害生徒に謝罪すると共に、21日に教諭を担任と顧問から外した」
 「卓球の試合をあめをなめながら応援していた2年男子部員のほおを平手打ちしたことなども認めた」
 これではただ感情的になって乱暴しただけだ。「手が出てしまった」と言うのだから、そう当人も認めている。また「釈明」ではなく「言い訳」である。体罰も違法だから問題だが、感情的になっての暴行は違法とか問題どころか論外だ。だから、ちゃんと「教師が生徒に暴力行為」と書くべきだ。  

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by 闘うリベラル at 2007-08-22 20:10 x
 こんばんは。
 言葉は大事に且つ正確に使いたいものです。
Commented by 前のりてぃ at 2007-08-23 07:52 x
>「体罰」と言うのはおかしい?

>頭をラケットでたたいて8針縫うけがをさせて
>「手が出てしまった」
あきらかに暴力だな(笑

この教師、すべてが暴力とは言わないが、「体罰」と「暴力」がごっちゃになった精神構造のようだ。少年時代に相当「体罰という暴力」を受けたのだろう。 病気だ。

結果は大事に且つ正確に言葉に反影したいものだ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-08-22 19:40 | 社会 | Comments(2)