コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

自信があるなら自分で懲戒請求していたはず

 もともと「タレント弁護士」のいい加減さは法曹界で問題になっていた。特に、今回テレビでの言動のため業務妨害で訴えられることになった橋下弁護士は悪質だと言われてきた。出演したテレビの中ですら、例えば別の番組で、暴行事件が記憶に新しいお笑いタレント島田紳介からすらも、その、弁護士にしては無見識な発言について、しばしば皮肉を言われていたほどだ。
 今回の問題は、その大阪の番組自体が、しょっちゅう問題を起しては名誉毀損で賠償という事態になっていた。製作担当者も、言いたい放題を売りにしているからいずれ問題になるかも知れないとヒヤヒヤしながらやっていたと告白していた。
 また重大な社会問題について、芸能ネタと同じ感覚で扱うべきではないと指摘されてはきたが、視聴率のためだからとやってきたのが現実であった。しかし弁護士はそういう感覚であってはいけない。出演した番組がそうでも、合わせてはいけない。
 同じことは医者も言われていて、「こうすれば健康になれる」と、みのもんたが言うのと医師が言うのでは、違うのである。弁護士とか医師は、誰でもすぐなれるものではなく、たくさん勉強して資格を取得しなければならない。そして資格を持つ者だけに認められた特権まである。だから、その社会的責任から、専門的分野での発言には一般人とは比較にならない重みがある。
 橋下弁護士が、ほんとうに、光市事件の被告側弁護士らを懲戒に相当だと考えたとしたら、専門家である自らが懲戒請求をするべきだ。光市事件以外では、実際にやっている弁護士がいくらでもいる。そうすれば内容的にも確実なものとなったはずだ。橋下弁護士がどんなひどいヘボ弁護士であっても、ネットで匿名で喚いているドシロウトたちよりはマシな懲戒請求ができるだろう。
 それをしないで、問題ばかり起しているゴシップ番組で「懲戒呼びかけ」するのだから、蒙昧な人たちを焚き付けて懲戒の中身ではなく量によって業務妨害していると言われてもしょうがない。少なくとも、自分で懲戒請求する自信が無かったという事実上の告白である。
 橋下弁護士は、法曹人として、知識がないか、勇気がないか、それら両方がないか、ということだ。また、デタラメな懲戒請求は業務妨害になることを、橋下弁護士は番組で説明していなかったと指摘されている。資格を持つ者は、素人に何か奨めるにさいして重大な要件に関して告知義務がある。それを怠ったのであれば、当然、罪に問われる。訴えられるということは、懲戒請求のなかにズサンな内容が多かったことになり、安易に呼びかけた弁護士が責任を問われて当然だ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by at 2007-08-28 16:40 x
番組見たことあるコメントとは感じられませんね
その番組見たことありますか?

橋下弁護士にしてはまともな主張だったと思いますけどね

関東では流せないこびへつらいのない番組だと思います。
Commented by ruhiginoue at 2007-08-28 16:51
 つまり、橋下弁護士は、懲戒請求はきちんとした内容できちんと手続きしなければならないと説明したと言いたいのでしょうか。
 テキトーなことを言って他人を理由も無く傷つけてばかりいると関西の人も批判してますが、それが「こびへつらいのない番組」なのでしょうか。
 今回もそうだけど、権力の側と対立している人たちを容赦なく攻撃して、しかもその攻撃の仕方が事実を踏まえていないのに「こびへつらいのない」と言うのでしょうか。逆ではないのでしょうか。
Commented by 阿呆学部 at 2007-08-28 17:15 x
懲戒請求とは、単に自分が気に入らないというのでは駄目。
だから気に入らない人は懲戒請求すればいいと言ってしまっては駄目。
橋下弁護士は、発言するからには裁判の記録を精査したのだろう?
まさかマスコミ報道に頼って発言したのだろうか。
弁護士が、裁判に関して風説に基づき発言してはいけない。
裁判の記録は刑事事件になると膨大になる。橋下弁護士はそれをちゃんと読んだのだろうか。
読んでいたら、あんなコメントはできないはずだ。
弱いものいじめをしている分には反撃されないと甘く見ていたのだろう。
いちどお灸を据えられるべきだ。
Commented by rokgrd at 2007-08-28 22:57 x
橋下弁護士が自ら懲戒請求したとの情報はありません。
そもそも懲戒請求とは、リコールとか署名運動ではないのだから、数が多ければいいという訳ではなく、一つあればいいことです。
なのに同じ理由の請求が殺到すると、受け付ける弁護士会が無用に事務が煩雑となり迷惑します。
こんなことは橋下弁護士も知っているはずです。
なのに話題づくりのため煽っているとしか思えません。
これではタレント業を優先して本業である弁護士としての責任を放棄していると言わざるを得ません。
Commented by k_penguin at 2007-08-29 01:25
↑あ、俺のコメントパクられてる。
http://jurinao.exblog.jp/6820000/

(管理人さんへ 
つっこんだだけだから、このコメントの処理が面倒だったら削除しといてね)
Commented by ruhiginoue at 2007-08-29 12:23
 趣旨は同じで、言葉づかいを変えてますね。盗作と言うべきものなのかどうかは何とも言えませんが、簡潔かつ的確なので良いコメントだと思います。
 オリジナルが誰のものか明らかになったので、それを前提にみんなに読んでいただきたいと思います。
 どこから持ってきたのかと思ったら、某ブログで k_penguinさんは私の後にコメントしていたのですね。
Commented by 腰砕けた at 2007-09-02 23:45 x
今日のたかじんの番組の橋下の主張はもうメロメロ。弁護団の主張内容自体はもう批判できないと。主張が変遷した説明責任と大人としてのマナーをアピール。弁護団はこれでもかと説明の努力をしているし、最高裁を欠席したのは2人の弁護士でその後弁護団に加わった弁護士にもその批判をあてはめるのは無理。
それに弁護士への懲戒請求は虚偽告訴罪の対象ともなる、つまり告訴と同等の行為。
そういう説明もせず誰でも簡単にやっていいみたいなことを言ってしまったのは虚偽の説明になる。
Commented by 前のりてぃ at 2007-09-08 20:51 x
弁護士の論法は「職業病」のひとつだろう?

つまり懲戒請求されクビになる弁護士は「常識外な弁護士」ということになる。橋本発言以降、いや正確には橋本発言を大々的に告知したマスコミ報道以降この「懲戒請求」を知った私だが・・・

懲戒請求が「署名運動化」してるのに笑える。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-08-28 14:14 | 司法 | Comments(8)