井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

薬剤師の過ち

 日野市立病院で、消毒薬の濃度を間違えたため、塗られた患者が負傷した。薬剤師の過ちであったと、病院側は説明している。
 医師と看護師は使用する薬品をいちいち自ら確認していられないので、安心して使用できるようにするのが薬剤師の責任だ。医者が間違えて処方箋を書いてしまったときも、指摘しなかった薬剤師まで責任を問われる。そうした場合にちゃんと対処できるようにと国家資格を持つ者が働いており、資格が給与にも反映される。人命に関わるのだから、素人がやってもいい単純作業ではないのだ。
 しかし「弘法も筆の誤り」ということもあるのだから、熟練したプロでも過ちがあることを前提に防止策を考えて採るのは職場の管理責任である。現場や個人に責任を押し付けて済ませる「トカゲの尻尾切り」ではいけない。
 薬学部は脇役部と皮肉られるように、医師の脇にいて目立たないほとんど裏方だが、その割には責任が重い。四年制から六年制となり責任はより重くなるが、医師に対して立場が強くなる訳ではないから大変だ。
 だから、プロが働いているといっても、事故防止には職場の管理体制の充実が必要だ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by 朝摘みローズ at 2007-08-30 21:00 x
火傷は早急な処置が一番大切だから、ここまで火傷の症状に気づくのが遅いと後々大変ですね・・・しかも顔。
2度、かなり痛いだろうに・・・強なのか弱なのか気になるところ。傷の経過が全然違うから。
ゲーベンクリームは凄く優秀な外用剤ですが、はたして顔に塗れるんだろうか??
記事には「来月のショーに出るために化粧で隠して・・・」とありますが、無理しないで〜!
2度弱だとしても、皮膚がちゃんと乗っかるまで3ヶ月は必要かと。それからファンデだね。
まだまだ新陳代謝が活発な20歳だから、跡が残る可能性は低いと思う。病院側は最後までちゃんと治療をしてあげてほしいです。
ちなみに私は2度強と2度弱の火傷の経験があります。途中で通院をサボり気味になったせいなのか、リザベンの内服を勝手に止めてしまったせいなのか、
2度強の火傷は、ケロイドとしてちゃんと残ってます。ま、私は気にしてないけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-08-30 17:58 | 社会 | Comments(1)