井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

最後に勝つためには地道にやるべき

 光市事件について、今枝弁護士が解任された。スタンドプレーが多すぎて、弁護団の中で浮いてしまったからのようだ。
 苦労人として知られる今枝弁護士には、それなりの考えがあるだろうが、弁護としては余計なことをしてしまっただけで邪魔にされたわけだ。
 この裁判は政治的なショーであり、そのことは最初から判っていた。だから。結論も、もうその時点で決まったようなもので茶番劇だ。
 この裁判の一ニ審は、よく見ると問題はある。でも、そもそも何も問題がない裁判を探す方がもともと難しいし、それまでの裁判の傾向からは特に変わったところがない。
 なのに、なぜか遺族が出てきて攻撃的になるという異例なこととなったところで、すでにこれは何か裏にあるなと思った人は多かった。
 だから、興味本位で騒いでいる輩や便乗して儲けている奴らは無視して、聞く耳持つ人たちだけを相手にし、冷静に対応するべきだというのが、多くの弁護士や心ある支援者の意見だったはずだ。
 安田弁護士も、辻本清美議員や鈴木宗男議員などが、あれだけ一方的にメディアに叩かれ司法にも迫害されながらも、これまでの意識的パフォーマンスをやめて地道に自分の考えを訴え続けたら復活したという実例をあげて、それら議員に賛成かどうかは別にして、見習うようにすべきだと一年以上前から述べていた。
 その点で、今枝弁護士の対応は、やはり間違っていた。メディアを使った扇情によって司法が歪められていいのかという主張を貫き、歪められた判決が出たら、その後も批判を続けるべきなのだから、なのに自分がメディアを意識した振る舞いをすべきではなかった。
  
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by 前からおもってたけど at 2007-10-19 08:57 x
誰が被害者で誰が加害者か、履き違えてないか?
きちんと被告に事実を見つめさせ、反省させればよかったのに、
今ではあの被告は自分が一番の被害者だと信じている。自分を悲劇の主人公だと思っている。接見人に親の事は全く関係ないと言っていた本人まで騙されている。
管理人は全く悪くない二人を殺したという事実はどうでも良いらしいね。
殺された方が、殺されて憤る遺族が悪いと言うくらいだもんね。
Commented by 履き違え? at 2007-10-19 22:13 x
いやいや、そもそも管理人さんは被害者・加害者の善悪とかいう話はしてないでしょ?
ちゃんと調べればおかしな話がまかり通ってますよ。という事をいろんな角度から言ってるだけで。
煽られて感情論だけで非難している人達に向けた問題提起であると思ってます。
疑問に思えば調べる人もでてくるでしょうし。
加害者を擁護しているように見えるのは読み方のせいでしょう。
Commented by ruhiginoue at 2007-10-23 11:00
 「前から思っていた」というなら、意見を言う前に事実関係を知ることです。
 それをしないからご指摘のとおり「履き違え」するのです。
 
 あと、大事なことは「加害者」ではなく「被疑者」「被告人」ということです。その意味の大きな違いを知らない人が多いから混乱するのです。
 そういう、司法問題としてお話にならない人たちなんて相手にすべきではないのに今枝弁護士は、という話題です。
 それすらも読み取れない人ような程度の人は重大な社会問題に安易に口出しすべきではありません。世の中にとって迷惑です。むしろこの事件の被告より実害が大きいと言えます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-10-19 02:38 | 司法 | Comments(3)