コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

イスラエルで医者のストライキ

 イスラエルで医者がゼネストをしたことがある。すると、その間は患者の死亡率が激減した。これは、スト中でも救急患者だけは別だと診療したため、いつもより集中・専念できたからだった。
 つまり、それだけ普段は優先順位を間違えていたということだ、
 治療の順番をどう決めるかというと、『ブラックジャック』が石垣島に行ったエピソードを連想するが、今、日本では、美容外科医が長者番付に載ってから自分もと乗り換える医者が急増し、タレント女医が「ブサイクは生きる価値なし」とテレビで言い放つ一方で、救急車が患者の受け入れ先に困り、時には手遅れで死者が出る。
 美容外科その他を普段はしていても、緊急事態には急患のために動員ないし徴用する制度を作り、そのために研鑽も義務づけるようにするべきだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by 医療従事者 at 2007-11-15 09:06 x
優先順位という言葉には違和感を覚えます。おそらくストライキ中は外来を閉鎖して救急や重症の入院患者以外の患者を診なかったため、担当医が少ない患者に集中できた、とういのが現状でしょう。でも普段はその何倍もの軽症患者を診ながら、その中から本当に重症の患者を見極め、適切に治療する作業を医者は行っています。優先順位ではなくて、単に日常の人手不足が原因ではないでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2007-11-15 18:13
 急を要するとか生命により深くかかわるという、いわゆる重篤な患者を優先にすべきということは、もちろん人手不足だから、そうせざるを得ないというのが前提なのです。
 ただ、間違えているというのは、現場ではなく体制のことです。だから、医師の専門科目という人材配分からしておかしいということなのです。
 人命にかかわる職場が人手不足で大変というとき、テレビでタレントまがいの医師がくだらない放言してギャラもらっているのを苦々しく思う医師も多いでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-11-15 06:33 | 社会 | Comments(2)