井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

経営難の動物園は世界各地に

 中国の動物園で、虎が共食いをした。経営難で餌不足だったらしい。
 実は中国に限らず、世界各地で経営難の動物園では飼育されている動物たちが悲惨なことになっている。動物園自体が、かつてのように興行として成り立たなくなったからだ。
 ムツゴロウ動物王国が潰れたが、平凡な動物ばかりだったからだ。外国の珍しい動物と言うと昔は客を呼べる。しかしこれも、マスメディアや旅客手段の発達によって昔ほどは集客力がない。
 これを皮肉ったアメリカ映画「危険な動物たち」では、経営難の動物園が副収入として広告をはじめ、園内に看板が並び、虎の体に広告付きゼッケンが巻かれているという爆笑場面も。そして変わった動物で客を呼ぼうとし、獰猛とか有毒など危ない動物を手に入れようとするからさあ大変という風刺コメディだった。
 動物を興行に利用することがもう商売としては行き詰まっているし、絶滅危惧の希少な動物を保護するなら、飼うのではなく生活環境を守るべきだ。これは野生動物保護に熱心なエジンバラ公も言っていた。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by leelee01 at 2007-11-25 11:38 x
ほんとだね。動物を人間の都合で飼っといて、経営なんだからって餌を

十分与えていなかっただなんて、何と人間は愚かなんだろう。

いずれかは、動物園が動物を飼えなくなって、放置もしくは、動物が脱走

するなんて時代がくるんじゃないでしょうか。

そうなれば、都心に野良猛獣がはびこり、自分たちが餌になる可能性が

高くなる。怖いですね。
Commented by masagata2004 at 2007-11-25 14:48
コメントどうも。その通りですね。動物園は商用ではなく、公共施設で、生態を学習するためだけに設置して、珍獣はなしとすべきでしょう。
Commented by すべてを疑え! at 2007-11-26 03:20 x
>飼うのではなく生活環境を守るべきだ。

山から鹿や狸や猪や猿が人里に餌を漁りに下りてきては射殺される。保護されても餌のない山に戻されるだけだ。動物園に引き取った時代もあったようだが。動物園も潰れていく。国は予算や批判を理由に民間の善意の成り行きを見守るだけだ。生活保護を必要とする者が増える一方の国で動物どころではないのだろう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-11-25 07:49 | 国際 | Comments(3)