井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

また本多勝一氏が騒ぎだすか

 北海道の雪山遭難で、リーダーが判断ミスを認め、また計画そのものがずさんではなかったも調べているという。 
 これで次の「週刊金曜日」の「貧困なる精神」のネタは決まったかな。学生時代から登山に熱心な本多勝一氏は朝日新聞記者時代から何十年もこの問題を騒いで来ているが、安易な登山はまだ無くならないということだろうか。

 と、いうわけで、あくまで登山の話でお願いします。
 

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by すべてを疑え! at 2007-11-26 03:56 x
>貧困なる精神


山男は山で死ぬことを喜ぶ。そこで死ぬことに何の意味があるのか。山男に言わせれば大いにあると言う。そこには死との闘いがあり自然との闘いがあると言う。決して死ぬために行くのではないと。ザイルに絶対の信頼と崇高なる神の美しさと残酷さに出会えるチャンスがそこにあると。
奥さんや友人の心配をよそに。

麻薬である。慎重さに欠ければ「貧困なる精神」そのもの。慎重さがあったとしても合法的麻薬と変わらない。麻薬常習者たちであるから死者の数が多いのは必然だ。
Commented by ruhiginoue at 2007-11-27 12:02
 手前で勝手に遭難するだけなら自業自得と突き放すこともできなくはないが、そうとばかり言っていられないのは、計画と引率の責任者が基礎的知識などに欠けている場合。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2007-11-25 08:05 | 社会 | Comments(2)