コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

大学よりマシ

 高校入試の問題について学校側が間違っていたことを中学生に指摘されたという報道。
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
 しかし、学校側は間違いを認めたうえ、指摘した中学生には、ぜひ来て欲しいと言っているそうだ。受験生としては、そんな間違いをする学校は願い下げだと言うかもしれないが、間違いを認めているだけマシである。
 これが大学だとひどいことになる。
 私の体験だが、都内の小田急線沿線にある某大学院の入試で、問題文に初歩的な間違いがあったことを面接で指摘したら、問題文を作った教授は、回答用紙だけでなく問題文も回収してあると言って開き直った。時間と受験料の無駄なうえ、不愉快な思いをしてしまったが、大学以上になると、センセイの間違いが指摘されてしまうことはよくあり、だからボロが出ないように問題文も回収しているのだろうと理解した。あの問題文も、過去問集に収録するにさいしてコッソリ訂正したのだろう。
 また、国立大学の大学院の博士課程にいる人から聞いた体験談だが、卒業した学部とは違う大学院に入ろうと考えたので、その学部にまず学士入学しようと、都内の某私立単科大学の編入試験を受けたら、筆記試験が満点だったことを面接で褒められたのではなく逆に「よっぽど勉強が好きなんだね」と侮辱されたうえ落とされたそうだ。それで、「あんな大学、受かっても行かない」と怒り、他のコースで大学院へ入ったそうだ。
 受験生のほうから願い下げ、というのは、高校より大学がひどいのではないだろうか。
 
[PR]
by ruhiginoue | 2007-12-29 06:35 | 社会 | Comments(0)