コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

池田小学校事件を連想するが

 自殺志願の男が、死にきれなかったため、死刑になろうと考えて誰でもいいからという殺人未遂事件を起こした。
 これで連想するのが、池田小学校事件。この犯人も、やはり死刑になろうとして事件を起こしたが、特徴的なのは、池田小学校が名門校だったので、そんなところに親が通わせてくれる恵まれた子供たちを巻き添えにしようと犯人は考えたこと。
 犯人は子供のころから賢いと評判で、知能指数もずいぶんと高かったが、親とくに父親がひどいやつで、子供自身が望んでも「お受験」なんてさせてくれなかったし、他のことでも、勉強に向いている息子を伸ばそうとはせず、ほとんど妨害に近いことばかり。
 その後、就職と結婚を何度も失敗し、その背景には常に学歴の問題があった。人生に絶望し、死のうとしたが、それなら名門校に通う子供たちを殺して死刑になろうと考えた。法廷でもそう語っていた。
 今回の事件は、誰でもいいから襲ったと犯人は言っており、単発の事件とも考えられるが、池田小の事件は、これから格差社会のため進学も就職もままならず人生設計が破綻して自暴自棄になる人は爆発的に増大するから、類似する事件が頻発するのではないだろうか。
 そして、それを防止するには死刑廃止しかないという皮肉なことになるほど、自殺志願者による死刑願望の犯行が増加するというのは大げさにしても、学校は塀が高くなり監視カメラ設置という傾向は実際に出ている。

 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2008-02-16 17:31 | 社会 | Comments(0)