コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

銃撃の謎

 三浦和義氏の逮捕について、アメリカは銃撃について新たに具体的な証拠を発見したというが、それはどんなものなのだろうか。
 銃撃に関しては、もともと疑問があった。
 警察は、三浦氏が知人の日本人男性に依頼して実行させたと主張し、その知人も実行犯として逮捕起訴された。
 しかし目撃者は、明確に白人だったと証言した。髭を生やして長髪をポニーテールのようにしており、アメリカ人のような感じだったと。
 これが決定的となり、三浦氏は知人とともに無罪となった。
 また、二人を同時に銃撃し、一人には致命傷を与えて殺し、もう一人は負傷させるだけという芸当が可能かという問題。
 至近距離とはいえ動く標的を、女性のほうは頭を撃ち、男性のほうは足を撃つ。狙ってその通りに命中させるなんて、超一流の狙撃手でも極めて難しい。
 少なくとも三浦氏と一緒に逮捕された日本人男性には、そんな技術は無い。目撃者の言う通りアメリカ人なら、狙撃部隊スワットなどに所属している(いた)ような人であろうか。そのような人でも、意図して成功させるのは不可能に近いだろう。
 さて、アメリカ当局のいう銃撃の新証拠とはなんだろうか。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by 小林哲夫 at 2008-02-25 15:53 x
三浦氏逮捕は人権侵害

「一事不再理」は近代司法の大原則です。
一度裁判を受けて確定したことについて再び裁判にかけることは出来ない、というこの原則を否定するのは、人権思想の根本否定です。
今回の逮捕は、明らかに人権侵害です。
日本の裁判で確定した事件を、もう一度アメリカで裁判にかけられるという法律がアメリカに存在するとしたら、それは人権を尊重する国とはいえません。
この問題は、アムネスティーが、人権侵害としてアメリカに抗議すべき問題だと私は考えます。

また人権問題だけでなく、日本の主権が侵されている問題として、政府はアメリカに抗議すべきです。

日本の裁判所が無罪と確定した事件を、それを無視して、逮捕する等と言うことは、日本の国家としての尊厳を踏みにじる行為です。

ところがTVコメントなどを見ていると、こういうアメリカに対する反感や怒りの声は全く見られないのはどうしたことなのでしょうか?

日本人には国家意識が全く無いのではないでしょうか?

Commented by yumagic5115 at 2008-02-25 16:12 x
「一事不再理」は近代司法の大原則はその通りですし、
10人の悪人を逃しても、一人の冤罪者を出すな
と言う原則も心に入れていてほしいです、



夏への扉は自分も読みましたq
Commented by Re:Q at 2008-02-25 16:42 x
初めまして。事あるごとに拝読させて頂いております。

いま、TBSラジオを聴いていて知ったのですが
「一事不再理」とはその判決が出た国でのみ有効というものらしいですね。

しかし、このようなケースはかなり特殊なんでしょうね。
Commented by ruhiginoue at 2008-02-26 04:15
 別の国で裁判でも、いちおうは互いに尊重するのが国際的な習わしでした。
 それに、弘中弁護士が指摘するとおり、三浦氏の件はどちらで裁判するかを日米で話し合った結果、日本でやると決めたものです。
 だからずいぶんと日本に対して失礼です。
 ただアメリカは、パナマに軍事侵攻してノリエガ将軍を逮捕して自分の国で裁判にかけた国です。イラクのこともあります。
 なのに三浦氏は、米国の主権内に自ら飛び込み、決着をつけると息巻いていたとの報道もあります。それを言っていたモッズ出版の高須氏は、三浦氏とたいへん親しいので、これに関しては確かでしょう。
 いったいどいいうつもりなのでしょうか。
Commented by 小林哲夫 at 2008-02-26 07:41 x
三浦氏逮捕と米紙報道
日本のマスコミは推定無罪原則を無視して、犯人視報道をしていますが、今度この件について米紙はどう報道しているかを注目して、TV(日本の)を見ていたら、全く日本と同じ印象でした。
無罪が確定しているのに、犯人視しているように見えました。
そこで誰か英語に堪能な方に、本当のところ、アメリカは日本のマスコミはひどいのか?どうかを教えてもらいたいものです。


Commented by ruhiginoue at 2008-02-26 14:38
アトランタオリンピックの爆弾騒動のときも、米紙は冤罪を煽り被害者とその家族を侮辱し続けました。
 しかしCBSの人気ドキュメンタリー「60分」が緻密な取材により覆しました。
 三浦氏はCBSに頼んで「60分」に取材してもらったらと考えます。
 銃撃犯は白人男性という証言をしたアメリカ人の警備員を信用できないと言った日本の検察官は「黒人で頭が悪そうだったから」と暴言を吐き問題となりました(ほとんど報道されてませんが)から、ブラッドレー記者に訴えてみたらと思います。
by ruhiginoue | 2008-02-25 15:25 | 社会 | Comments(6)