井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

酒税を酔っぱらい運転対策の特定財源に

 道路の特定財源としてガソリン税が問題となっているが、酒税のほうも、酔っぱらい運転対策の特定財源とし、これを事故が起きた場合の補償などにも充てるようにすべきだ。
 もう酔っぱらい運転は止まらないだろう。このままでは取り締まりも限界である。
 日本人はもともと体質的にアルコールに弱いくせに酒飲むのは大好きな民族だから、酔っぱらいには甘かった、「古事記」「日本書記」にも記述があるとおり。
 しかし昔はおおらかでいられた。なにより自動車が無かった。
 ところがクルマ社会となり日本の主要な産業にまでなってしまった。
 日本の民族的宿命とも言えるから仕方ない。
 酒税は大幅増税となるが、それで酒をやめるものはまずいない。違法だし自分にも他人にも危険とわかっていて酒飲み運転する者が後を絶たないくらいだから。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by 酒好きの酒気帯び運転しない人 at 2008-02-25 18:33 x
酒税まで特定財源の対象は如何な物か? むしろ。酒気帯び運転の罰金を大幅に上げれば良いのでは? 数百万円、数千万円。もしくは「財産没収」。 善良な運転手が高額な酒税を要求されるのは問題だが、これなら誰も文句は言わないのでは? ただ,今回のような男。これは飲酒運転云々の話ではなくて「このような馬鹿に運転免許を交付する」事自体が問題ですね。 
Commented by ruhiginoue at 2008-02-26 14:41
 酒は交通事故だけでなく、健康被害による医療費の高騰と健康保険圧迫などの反社会性をもたらしていますから、善良ドライバーでも高額な酒税を負担すべきです。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-02-25 15:48 | 社会 | Comments(2)