コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

猥褻なぜ悪い

 大島渚監督が「愛のコリーダ」裁判で言った有名な言葉。
 映画はフランスの製作だったので、スチール写真つきシナリオが摘発された。そんな本ちっとも猥褻っぽくなくて、それを担当警官が裁判で認めたほど。ただ発行は三一書房という左翼系出版社だった。
 武智鉄二監督の「黒い雪」も、猥褻というが、米軍基地脇でゲリラロケを行い、米兵に日本人女性が犯されている力関係を描いたためアメリカの圧力で警察が動いた。猥褻は口実。
 いまどきたかが修正の程度で逮捕なんてナンセンスだが、何かのときに政治的な利用の仕方の余地を残しておこうというのが本音だろう。

 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by マイノリティ at 2008-03-01 19:30 x
>大辞林 第二版 (三省堂)
わいせつ 【猥褻】
(1)いやらしいこと。みだらなこと。また、そのさま。
「―な行為」
(2)〔法〕 いたずらに性欲を興奮・刺激させ、普通人の正常な羞恥心を害し、
善良な性的道義観念に反すること。また、そのようなさま。
「―な小説」「―な話」「―な絵」

猥褻とはずいぶん主観に左右される事のようだ。
>いたずらに性欲を興奮・刺激させ
>善良な性的道義観念に反すること
ワイセツを罰する者は上記感覚、感受性にすぐれていなければならない。
つまりスケベでなければ判断できないということだろう(笑

公共テレビではなく、一般人では見る機会もそうないAVの業界で、
しかも性欲を興奮・刺激する目的、さらにイッテ満足させる目的のAVを縛って
性犯罪にそのウップンが行かねばいいが・・・公務員の犯罪のように。


Commented by マイノリティ at 2008-03-01 19:45 x
>性犯罪にそのウップンが行かねばいいが・・・

「隠すという行為」は妄想をいたずらに増幅させ、
善良な性的道義観念をゆがめるものである。
罰する判断基準は程度によるのはわかる。捜査当局の程度はわかった!
Commented by どうでもいいんだけど at 2008-03-01 23:36 x
女から見たらばかばかしいです。
愛のコリーダ等は猥褻描写があっても、それ以上に観賞に堪えうるストーリーがあったけど、AVってただのバカにしか見えないです。
あんなのを見るために表現の自由を持ち出されてもねえ?
>隠すという行為」は妄想をいたずらに増幅させ、
善良な性的道義観念をゆがめるものである。

それもそうかもしれないけど、AVでレイプもの見た男って、女はレイプされて喜ぶもんだと都合良く解釈する傾向があるそうです。
どうしたらいいんでしょうかね?
Commented by ruhiginoue at 2008-03-02 10:17
  野坂昭如の「四畳半襖の下張」が猥褻で摘発されたとき、おなじく摘発されていた「チャタレイ婦人の恋人」に比べると文学性が低いといわれたものです。でも、それは関係ないことです。
 くだらないAVだけど表現の自由だというのではなく、そんなあやふやな主観によって判断されて取り締まり逮捕とかになるから、自由への侵害となるのです。
 AVよりも、不良米兵の被害者を誹謗したり私事を暴いてて告訴を取り下げさせた週刊誌などのほうがよっぽど悪質だけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-03-01 14:49 | 司法 | Comments(4)