コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

悲観的にならざるをえない

 都内でデモがあった。例のチベット争乱問題だ。
 これは中国大使館に向けて抗議の意思を示すことならできるだろう。しかし大使館で働いている中国のエリート官僚たちは「屁のカッパ」だろう。日本の外務省を見たまえ。ここで働いている人たちとは違って中国の官僚はデリカシーがあると?
 また、東京都知事は、中国の悪口をただ言うのは好きだけど、「三国人」が暴動を起こしそうだから自衛隊の活躍をと言って少数民族や在日外国人たちを侮辱してしまっておきながら、東京にまたオリンピックを呼ぼうと言う人だ。
 さらに日本政府も、「日本は単一民族国家であり少数民族問題は存在しない」と言ってしまうくらいだ。これにからんでは、80年代に時の中曽根総理がアメリカを怒らせる発言をした。「日本は単一民族国家だから教育がよく浸透していて世界的にみても知的水準が高い。それに比べてアメリカは、黒人やプエルトリコ人などが相当おって相当に低い」
 独立国だったのを武力で併合した沖縄では、珊瑚礁がコンクリートで埋め立てられ、米兵が暴虐を働いても、逆に被害者が責められて訴えを取り下げる始末。
 このような感覚の日本だから、チベット独立問題に対して親身になりはしないだろう。不買運動なんて、できるはずない。これだけ依存してしまえば、経済制裁は「天にツバ」状態となるだろう。
 さて、どうしたらいいのか。単純に中国の批判を紋切り型で繰り返すのではなく、具体性のある対策は考えられるだろうか。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by はじめ at 2008-03-23 05:29 x
そうだね。でも日本でだって行動を起こす有志もあるみたいだよ。たぶん過去に日本が中国に行ったキチガイと同様の行為を、今中国はチベットという弱者に対して為しているという見方でおおかた間違いはなさそうだ。
なんとなくさ、ダライラマなんか見てると人間味あるんよね。こういうのってどうかとも思うけど、中国の首席の顔見ると冷たいっていうか。冷酷さも残忍さも人間味という意味においては枠内の特性だろうけど、それはもう人類が否定する、いやというほど経験してきた戦争悲劇を生む制御しなければならない心なんだ。
共産主義だから悪いんだなんて言うつもりは、俺にはない。きっとマルクスさん?は一生懸命に世界の明日を考えたんだろうと思う。その思想が生まれた時代背景を無視してはならないだろうな。美しいから世界各地で大いに共感も呼んだ。でもそれが実現されようとすると、運営者もそれからメンバーたちも皆堕落してしまった。運営者はメンバーを自分勝手に統制して、だからみんなどこか狂信的な風になる。
歴史小説の中の中国は大好きだよ。でも中国好きな中国人の多くは何故かおしなべて気味がわるい。
Commented by 仙頭麻有 at 2008-03-23 08:00 x
>たぶん過去に日本が中国に行ったキチガイと同様の行為を、今中国はチベットという弱者に対して為しているという見方でおおかた間違いはなさそうだ。

中国の問題を鋭く衝いた論考があります。

http://www.epochtimes.jp/jp/2005/06/html/d42810.html

「操り人形」にはなりたくないですね。
by ruhiginoue | 2008-03-22 23:25 | 国際 | Comments(2)