コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

モスクワオリンピックボイコットのとき

 かつて、ソ連のアフガン侵攻に対抗してアメリカがモスクワオリンピックをボイコットし、他の国にも同調を呼びかけた。
 アフガンはイスラム勢力の脅威の溜まり場だからというソ連だったが、その後はアメリカも同じような理由からアフガンを攻撃。
 モスクワのお返しにソ連はロサンゼルスオリンピックをボイコットしたが、ソ連の呼びかけを無視して中国は参加し、大いに盛り上がった。
 それに、そもそもスポーツに政治を持ち込むことがおかしいと言われた。
 ところが日本政府はアメリカの圧力でモスクワオリンピックに不参加を決めた。スポーツ界からは異議が出たし、政府を無視して勝手に参加してしまおうという動きもあった。しかし政府は補助金削減の脅しをかけ、これに各団体はあっさり屈した。
 選手たちは泣いていた。今度こそメダルをと長い間励んで来たり、オリンピック出場は年齢その他から最後のチャンスだった選手もいたのだから、無理もない。
 これで補助金に弱いスポーツ界というのも明らかとなった。体制迎合するとの意味で「体育会的」「運動部的」と皮肉るのは、このためだ。

 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u30B9%u30DD%u30FC%u30C4%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
by ruhiginoue | 2008-03-24 10:39 | 国際 | Comments(0)