コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

「なぜ」というならまず自分で調べて考えること

 それに、これを問題として記事を書く側も、なぜ法の規定がそうなっているかということに触れなければ問題点の指摘もできず、まるで話にならないのに、ほとんどの場合はそれがない。 
 また、そもそも法律が間違っているのか、そうではなく裁判のやり方が間違っているのか、などの論点が混濁している報道が多すぎる。
 こういう本があると題名だけ紹介して何か提示した気になっているお粗末な記事もある。これはちょうど、リンクのコピペして「何か」とだけ書き込んで反論した気になっている「厨房」と同じレベルだ。  

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-29 09:17 x
ワイドショーが放送した内容としてネットが掲載するところから抜粋したんだけど、
「離婚を決意した被告は、一旦実家に帰ったことがある」
「最初から入籍に反対していた父とのさまざまな確執もあった被告は、以後、実家に戻ろうとしなかった。こういう事情を察知したのか、祐輔さんは、2年前の5月頃から「金は俺のものだ。家から出て行け」と言いだす。夫婦のダブル不倫も絡んでいた」
なんてこと大手報道してなかったんじゃないかなぁ。閉じ込められていたとばかり思ってた。でさらに、
「祐輔さん(略)は、歌織被告の愛人からの生活費援助を甘んじて受け入れざるを得なかった」
なんてちょっとおかしいね。閉じ込められて暴力を受けていた、逃げられなかった、どうしようもなかった、そういうんでもなさそうだ。
そういうんなら無罪でいいはずなんだけど、どうも殺人の影には身勝手さ、思いやりの欠如なんかを強く感じてしまう。
興味本位ってんじゃなくて女の側の不倫相手(生活費の援助者)って誰だろ。そいつもわるいかもな。
Commented by 確かに at 2008-03-29 11:25 x
物理的に閉じ込められてはいないし、いつでも逃げられると周りからは思われるのでしょうが、DVは精神を拘束されてしまうので、自由に考える事さえできなくなってしまうから難しいのだと思います。
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-29 12:30 x
この件に関しては死人に口無しで、被告の訴えからはどれほど夫が残忍であったかということしか伝わってこない。明らかに被害者は妻だったと思わざるを得なかった。しかし上記のような事実がささやかれているとなると、どっちもどっちだったのではと。夫婦げんかの果てなのであれば無罪はありえない。
ほんとうに頭がまいっちゃって、わけもわからなくなって、遺体切断なんかできるかな。仮にそういう状態だったとして、なんとか状況打開しようと短絡的になって、発作的にワインボトルで撲殺するところまでなら、そうかとも思うけどね。
Commented by ruhiginoue at 2008-03-29 13:09
 コメントくださった方々の内容は、裁判での事実認定の問題です。
 責任能力の点から無罪になる可能性について、そうした法律が間違っているというのはまったく別次元の問題です。
 区別しないで論じている(論じた気になっている)人が多くて呆れてしまうけれど、それはそんな記事があるから影響される人もいるのだろうというのが当エントリーの趣旨です。
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-29 18:00 x
殺された男が異常な奴で、苦しめられていた女が継続的な暴力によって追いつめられた挙句、もうなんか朦朧となってガツンとやってしまったんなら正当防衛みたいなもんだよ。心神衰弱だか喪失だか、そういう精神状況下での致し方ない殺人だった、で納得できる。暴力はいけない。
でもそんなに一方的にコトが進んでいたわけでもなさそうだという報道がある以上は、それにも耳を傾けないといけないでしょ。どうも女の側にも問題があって、いじめられていたかよわい女というのでも全然なさそうで・・。

金に魂を売った二人だったとか・・・・・・。

隠蔽工作のこととか、かなりしっかりしてるし、頭しっかりしてたんじゃんて思うよ。だから無罪はおかしいね。
Commented by 信天翁 at 2008-03-29 20:43 x
この事件のように「当事者同士」の問題であれば、「無罪」判決に対して、「このようになる前に何故、二人がもっと意思の疎通を計れなかったのか・・・」で済むかもしれない。この状況になるまでに至った責任は「二人」にあるから。この結果は「二人で造った」とも言える。 しかし一昨日の「7、8人誰でも良いから殺したかった・・」のように、全く無関係な人間の殺害事件の場合の「精神鑑定の結果、刑事責任が問えない・・・従って無罪」となると「話は違う」。何故か? それとも「話は同じでなければならない?」。 前者の事件の「責任は二人にある」と言える。 しかし後者では被害者には一切の責任は無い。 加害者にも責任が無いとなると、「無責任な殺人事件」ということになる。 というか「法」が「無責任な殺人事件」を承認している事になる? 何でも良いから「精神的に刑事責任が問えなければ,無罪」という発想そのものが間違っているのですね。
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-29 22:40 x
新聞は妻の“問題”については報道を控えていたのではと感じられてならない。暴力(当然DV含)は言語道断だが、夫から妻へのその事実ばかりが誇張されていたと思えてならない。マツリ騒ぎのテレビショーや週刊誌なんて観る気もしないが、それらしか伝えない側面があるとしたら悲しいかぎり。

茨城の事件については精神が異常であるとは思えるが、愛おしむべき精神病とはいえないだろう。これははっきりと言えることだが、では、バラバラ切断妻はどうか。確かにDV被害を受けたのであれば、その点において被害者だろう。しかし本人いわくところの「勝ち気な性格」によって慰謝料をせしめることばかりを考え闘争を選んだのであれば、こんな言い方はひどいと思うかもわからないけど、夫妻ともにゴミクズだ。妻もまた重罪人であるにすぎない。
Commented by ruhiginoue at 2008-03-30 06:52
 なにかみなさん勘違いしているようですが、精神に異常を来していたことが問題なのであって、異常を来した原因は関係ありません。
 刑罰を与えるのは責任をとらせるためであるから責任をとれと言うことはできない場合は無罪で、そのうち精神状態に問題があった場合は刑罰ではなく治療が相当だということです。
 例えば小泉元総理のように、学生時代に同じ大学の女子学生にたいして強姦事件を起こして、訴えでやってきた警官に「ボクのお父さんは防衛庁長官なんだぞ」と脅して、そのあと精神科の専門病院に入ったのは罪を逃れるためだったと言われてますが、これは権力者の息子だからとエコヒイキがあったらしいとの問題もありますが、それを除けば、うまく罪を逃れたわけで、それを取り逃がしたことが問題であって、法律の規定の問題ではありません。追及の失敗を棚に上げて、逃げられたのは制度が悪いからだというのは情けない話です。
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-30 07:58 x
広域に渡る遺棄にしても、その後の室内リフォームにしても、せっせと行った隠蔽工作が客観的に精神病患者の為せる業じゃないでしょっていうのよ。苦痛と恐怖の中で一心不乱に起こした殺人というよりは、女の落ち着き払った表情やそういった事実から単なる報復、発言内容から計画的な殺人、そう見るのが妥当でしょって、鑑定結果や再鑑定の却下はおかしいじゃないかという声が沸き起こっているわけよ。そりゃ虐められて精神異常だったんなら被害者でしかないし、みんなで守ってやるべきさ。そうでなければ女も十二分に悪いでしょ。
Commented by k-cast at 2008-03-30 08:59 x
ワイドショーレベルの素人理屈はもう結構。
とにかくその報道にしても「犯行当時」の精神状態なのだからね。
法律も医学も素人がワイドショーか週刊誌が2チャンあたりの感覚で口だすことではないね。
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-30 12:04 x
こども並みの視野の狭さと、思い込みの激しさにはウンザリだね。それこそ正にワイドショーだよ。必要ない。玄人だとしたら辞めたほうが身のためさ。誰にでも出来る単純労働に転向しないと害がデカい。ブレてるどころの騒ぎじゃない。要らないって言ってんの。

犯行当時の精神状態が病気なんじゃないとしたら、この女はれっきとした殺人罪が適用されなければならないよ。それとも面倒みるかい?
虐めから必死で逃れようとしたんなら、かわいそうな被害者さ。だれだって援護するし、それを「人殺し」だって罵ったらひどい。だけど憎しみの果ての凶行だったとしたら、むしろ殺された男よりも悪質で残虐だ。まず許せないね。
なんでもかんでも常規を逸した殺人事件に精神病ですねってハンコ押していれば、世の中の殺人や犯罪は度を超えたものばかりになる。憎い、ムカつく、やっちまおう。やるんだったら物語創って衝撃的なやり方で。そうすりゃ無罪放免だ・・ってね。
ハンディキャップを背負いながら、一生懸命に生きている精神病患者たちまで偏見にさらされる恐れも出て来るぜ。世論はそう怒ってるんだよ。
Commented by いのちって at 2008-03-30 13:47 x
死んじゃったり重大な後遺症が残るような犯罪に、心神喪失とか精神鑑定とかそんなものいらない。更生のチャンスもいらない。加害者が被害者よりも幸せに生きられる世の中はおかしい。

Commented by ^yuk at 2008-03-30 13:52 x
犯行後の態度などから精神異常が疑わしいと言っておいて、犯行時の精神状態が問題なんだろうとつっこまれた意味がわかんない人がいる。
だいたい「病気なんじゃないとしたら」って何だよ?
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-30 15:13 x
突然来て「何だよ?」って何だよ? 相容れない言葉に毛を逆立ててるだけじゃ子供と一緒だってば。ワイドショー以下だってばそれじゃ。言葉ハンターくんは何も言ってないのと同じ。自分の考え、自分なりの分析を持たない。世間一般にはそういうのを失礼ていうんだ。覚えておくといい。インターネット上の一世界においては、お前みたいのが沢山いるらしいね。
教えておいてあげる。物事を見る時は、一部分だけ見るんじゃダメなんだ。全体を見られるようになってね。最初は目が回っちゃうかもしれないけど、何事も練習だよ。いいかい?

女は犯行時、責任能力を問えない精神状態にあって、その状況下における殺害、遺体切断、隠蔽工作はすべからく無罪であるっていう判断に対して、責任能力があったら有罪でしょうがって、そういうこと。どうして分からないのかな。そんなに足りないのかな。分からないふりをしているのかな。
それでいろんな声を聞いてみたら、どうやら病気?病的?異常?(適切な言葉は登場済みの玄人風の人に訊いてみようね。がんばれ)ではなさそうだぞと、となると明らかに有罪だぞと、冷静な殺害意識も持って行われたの殺人だろうと、そういうことなんだ。わかった?
Commented by ruhiginoue at 2008-03-30 17:17
「病気なんじゃないとしたら」
 「病気ではない」と言う意味かしら。
Commented by ながくてごめんね at 2008-03-31 06:14 x
裁判中の証言など明らかになったことを繋ぎ合わせれば、

アンタの面倒ずいぶんみたわよ→夫婦だからなんて甘ったれないでよね→アタシが何しようと口出ししないで・・・離婚してあげてもいいけど慰謝料はたっぷり貰うわよ。物欲を満たしたいの→どうしても払わない気ね。憎たらしい→かよわい女に手をあげたわね。憎たらしい→意地でもアタシのペースで離婚に持ち込んであげるから。憎たらしい→こいつを動かすことは出来ないようね。思えば似たものどうしだし。憎たらしい→これで金も取れずに逃げ出したらアタシが廃る。くたびれもうけなだけじゃない。憎たらしい→憎たらしい。憎たらしい。やってやる。就寝中なら確実にやれる→殺害

すんなりと成り立つね。思い込みの激しすぎる人には理解し得ないことだろうけど、自分のことしか考えないような奴には、往々にして不誠実なことを堂々と行ってしまえる人間(動物?)がいるんだよ。なぜって彼らにとっては自分こそが法だからね。この女もまたPTSDだとか仰々しいもんじゃなくて、そもそも異常を来すに足るような精神すら持ち合せていない、ただのプッツン殺人だったんじゃないの。
Commented by みじかくてごめんね at 2008-03-31 16:45 x
言葉ハンターってひどいと思うなあ。
だって、ruhiginoueさんが「勘違いしてますよ」と警告してるのは、
「ながくてごめんね」さんに対してでしょ?

Commented by ながくてごめんね at 2008-03-31 21:30 x
女から男へのDVの有無だってあったかもしれないね。今となっちゃわかんないけど。みんな、こんな暴力をふるえる女が心神喪失な状態に、そもそもなるのかって常識的に考えてるわけだけど、仮にそんなふうな精神状態だったとしても、その後に丁寧に遺体を切断したり、それを袋に入れてわざわざ都内各所のゴミ捨て場に捨てたり、極めつけはマンションのクロスやカーペットをリフォームさせたりといった一連の作業、行動は理性無いとふつうに無理でしょ。あくまで百歩ゆずってもそういう判断になるね。
Commented by 横からすみません at 2008-03-31 22:57 x
はじめましてお邪魔します。
本当のところは本人を知る人間ではないのでわかりませんし、人を殺したのだから理由はあっても、無罪というのは納得いきませんが、ただ、「ながくてごめんね」さんの繰り返し訴えている「理性がなければこんなことはできない」は私は逆だと思います。
理性を失っているから、相手が自分より力の強い男でも暴力が振るえる、理性がない状態だから遺体をばらばらにできるのかなと。
気の弱い殺人者ほど遺体を乱暴に扱うと聞いたことがあります。
生き返るのではないか?仕返しをされるのではないかとおびえた結果、遺体を損壊するのだと聞きました。
第一目の前の遺体をばらばらにするなんて、冷静な状態では到底できないと思うのですが。。。
Commented by ながくてごめんね at 2008-04-01 07:17 x
おはよ。さまざまな考え方や理屈や推察や小説やフィクションやエセ人権論や、そういったものが事件に投げかけられているのも事実でしょうね。女の結婚前の交際は良しとしても結婚後にまで関係に線を引かなかった面の皮の厚い女の不倫相手も、精神的見地からはどうしようもない重罪人であり、結果としては殺人の片棒を担いだ、歴然たる重罪人。女は当然極刑が相応しいし、不倫相手もまたそれと同等の罪を負っている。
Commented by ruhiginoue at 2008-04-01 08:36
 堂々巡りは避けたいのだけど、強調しておかなければならないのは次の点です。
 責任を問うことができないため、有罪のところが無罪になるとはどういうことかという問題がまずあります。
 そこで、責任を問えないという判断に疑問がある場合と、責任を問えないということそのものに疑問がある場合とがあります。
 前者は具体的な話ですが、後者は全般的な話です。また、前者は個別の裁判の話で、後者は法律の規定一般の話です。
 それを区別しないで議論した気になっている人がいるけれど、その原因は、そんな記事しか書けない不勉強な記者がいるからです。
 そもそもそういう問題です。
Commented by ながくてごめんね at 2008-04-01 13:34 x
そうかなぁ。だとしたら困ったね。ぜんぜんそんなことなさそうだけどなぁ。整理が必要系?
ココに限って言えば、論拠無きフェミニズムと常識的な知性とのぶつかり合いでしかないよ。ただ、そんなふうに問題提起してみるのもいいかもしれない。明らかに度を過ぎた殺人事件だし、なにごとも徹底的に様々な角度から話し合うことが、なにより大切だから。
ま、国際金融資本の系列会社が社員を奴隷化して、妻をも人間と思わない人間性を育んだ。優越感と引き換えに限界を越えた仕事を強いられて、その結果としての悲劇という人も多く居て、そういう見方もなるほど筋の通った見解だね。「金がすべて」と同窓会で言ってのけ、「金は俺のものだ」と妻に言い捨てる。ここらへん。
by ruhiginoue | 2008-03-29 08:18 | 司法 | Comments(22)