コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

ボーリングフォーコロンバイン

 岡山突き落とし事件で、警察は逮捕された少年の家宅捜索をしてマンガなどを押収して調べるそうだ。
 マイケル・ムーアの映画の皮肉な題名を思い出す。コロンバイン高校乱射事件を起こした少年がファンだったロック歌手に原因があるとのこじつけに対し、ではボーリングもしていたがこれも関係があるのかという皮肉だった。他にもビデオゲームとか、とにかくサブカルチャーのせいにしておくのが手っ取り早いというだけのことで、銃社会の問題から目を背けているのだと指摘していた。
 松本サリン事件のときも、冤罪に陥れられた人が家宅捜索でビデオテープを押収された。TVの娯楽番組を録画しただけのものだったが。
 映画「それでもボクはやってない」でも描かれているが、家宅捜索でDVDが押収されて、そのなかに市販のアダルトものがあったことから痴漢の犯人だと検察に言われる主人公。例の植草事件でも同様だった。
 アトランタオリンピックの爆弾騒動で疑われた人も、母親宅からビデオが押収されたが、なんとディズニーアニメだった。
 そんなことを爆弾容疑にこじつけるなら、私なんか「太陽を盗んだ男」のDVD持っているから大変だ。
 警察はもっと真面目な捜査をするべきだ。
 
 
 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-03-30 19:44 | 社会 | Comments(0)