井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

オリンピックは「平和の祭典」か「国威発揮の場」か

 ベルリン・オリンピックをナチ政権が成功させて以来、オリンピックは「平和の祭典」という建前だが実質は「国威発揮の場」となった。
 そして戦後は冷戦体制においてアメリカとソビエトが中心となって競い合うことに。
 だから当然、どこの国にとってもそうであるように、北京オリンピックは中国にとって国威発揮の場である。
 アメリカが「21世紀のライバルはソ連と日本に代わって中国になる」と言ってきたとおり、力を付け始めた中国がその国際的地位をアピールし、自国民のナショナリズム高揚させ、もちろん同時に巨大イベント特需による利益を得ようとしているわけだ。
 だから、中国であれ他の国であれ、本音では人権問題とオリンピックは無関係だと思っている。「平和の祭典」ならともかく「国威発揮」なのだから。それどころか「国威発揮」に熱心な国ほど人権蹂躙するものだ。
 ただ、そう言って中国が開き直るわけにはいかないし、中国を批判する側も、チベット問題は口実にすぎないと白状するわけにはいかない。人権なんてとうてい似つかわしくないからバレバレであってもだ。
 つまりこの問題は、大国の覇権争いの中で権謀術数に勝るのはどこかという話に尽きる。
 そして中国大使館に抗議に押し掛けようにも、市民団体は神経質になっている。穏健で合法的な行動でもパクられる恐れがあるからだ。オリンピックは日本企業にとっても莫大な利権なので、日本の警察が政治的偏向した対応をしそうなのだ。人権飛び入り参加の初心者だけは、ネットだけにしておいた方がいい。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
Commented by マイノリティ at 2008-04-08 13:48 x
オリンピックを妨害する者は足元さえ見えない反国家主義者に他ならない。オリンピックは「平和の祭典」である。政治に文句のある者はむしろ「平和の祭典」を尊重すべきで、あえてこう述べるべきである。
「オリンピックと政治は分けて考えるべきである。よって政治に対する批判はオリンピックとは別に言わせていだだく」と。
オリンピックを政治に利用できるのであれば多いにすればいい。もはやオリンピックの価値は消え、平和の祭典も消えるのである。平和を好む者、多いにガンバレ!
Commented by Re:Q at 2008-04-08 15:15 x
 チベット側は今回のオリンピックを利用してそれ相応の成果を上げたと見るべきでしょう。それがたとえ大国の覇権争いのシナリオの中であっても、
圧倒的弱者はこういう戦略を使うしか方法がない。
Commented by ばかウケ at 2008-04-08 17:16 x
>人権飛び入り参加

まさにネットウヨのバカども。
Commented by doopylily at 2008-04-09 00:03
しかし従来サヨクが人権にコミットしていたかどうかについては日本赤軍を引用するまでもなく徹底的に否である。官憲側と同じく、(極)左もまた血に飢えた獣であったのが真相。
Commented by ? at 2008-04-09 13:13 x
>人権にコミット

って何だ?
Commented by Re:Q at 2008-04-09 14:23 x
聖火リレー自体がもともとはナチの発明だという事ですね。

>人権飛び入り参加の初心者だけは、ネットだけにしておいた方がいい。

こういう事でパクられるのは誇らしい事だと思うんですが。
長野がどういう状況になるのかはっきりいって楽しみです。
近所だったらチベットの国旗を振りに行きたいくらいですね。
Commented by うんうん! at 2008-04-09 15:14 x
逮捕されたら殴られたり全裸身体検査で尻の穴までのぞかれる。
会社とか学校をやめさせられることがある。
親兄弟妻子にも迷惑がかかる。
自宅をガサ入れされて管理人や近所から白い目で見られる。
そこまで覚悟できてのことなら誇らしいだろう。
Commented by ruhiginoue at 2008-04-10 17:50
 どこまで覚悟ができて応援するかは重要でしょう。
 左翼の話が出てますが、左翼はチベット問題で何を言っているか見ると、やはり「封建的な社会の農奴からチベット人民が開放されたというのなら結構ではあるが、しかし中国の言い分は、我々の配下となったお陰であり、我々が開放してやったのだ、というのだから、これは帝国主義で、アメリカやロシアと同じで、駄目だ」とのこと。人権は持ち出してません。
 ただ、「人権飛び入り参加」とは、政治的にどのようなスタンスの者が人権意識欠如しているという話ではないのだから、左翼だってというのはズレてますね。
Commented by ワイルドキャット at 2008-04-10 23:14 x
事実を単純化しすぎているね。というか、事実の一面しか見ていない。
たとえば、では天安門事件の際の国際的非難はどうなるのか、という話になる。当時の中国は経済的にも軍事的にも脅威とはみなされていなかったし、今日のように超大国に加わるとも予測されていなかった。鄧小平の命令で弾圧され、殺されたのも同じ中国人たちだった。しかし、この人権弾圧に対する西側諸国の非難は今回のチベット問題以上だったし、それは当時、貿易制裁が行われたことからも分かる。つまり中国の人権弾圧に対する欧米リベラルの非難は、「大国の覇権争いの中の権謀術数」だけではとても説明しきれない。
やはり国家の覇権争いや生存競争とは違う次元で欧米市民の多くが本気で怒っていると見なさなければ説明できない。「私たちチベット人も人間だ」と書いた看板をなぜチベット人が涙を流しながら持たなければならないのか、中国政府に洗脳されている人間以外なら分かって当然だろう。
ブログ主はこの問題に対して抗議している人たちを見て「人権飛び入り参加の初心者」などと冷笑しているが、そうやって他者を見下している自分自身はではどれほどの人間なのか、優越感に浸る前に己を省みてはどうだろうか。
Commented by ばかうけ at 2008-04-10 23:58 x
ワイルドキャット氏は明らかに間違ってるね。
このブログのどこをどう読んだらワイルドキャット氏が言うような意味になるのか不思議だよ。
というか、ブログの持ち主は何を言っており、それがどう間違っていて、そう結論づけるのはなにゆえか、というごく当たり前の論法が成立していない。
なぜそうなのかは明らかだ。「為にする批判」だからだ。
「人権飛び入り参加の初心者」とは、普段は人権など無関心どころか唾棄すべきものとしていながら中国叩きの流行には乗っかるというヤカラと、デモ一つしたことないのにネットだけでカッコつけている薄っぺら正義漢に向けられた皮肉だ。
だから「ネットウヨ」のことだろうとか現実を知ったうえで逮捕される覚悟はどうかとか、そんなコメントが寄せられ議論になっているわけだろう。
ところがワイルドキャット氏は言う。
>ブログ主はこの問題に対して抗議している人たちを見て「人権飛び入り参加の初心者」などと冷笑している
批判されている対象をすりかえて発言の内容を歪めたうえで続く文言でブログ主を中傷している。
このようなインチキを結論に持ってくるのは、人権ではなく批判のために批判してるからだ。

Commented by Re:Q at 2008-04-11 12:02 x
 「中国を批判したいからチベット問題を持ち出している」が事の全てではないと思います。稚拙な言い方しかできませんが、市民の多くは右翼的思考とか左翼的思考以前に、チベットに対する中国の圧政に嫌悪感を持っているのではないでしょうか?今回の欧米での聖火リレー問題が中国当局にどのような影響を与えていくのかとても興味深いものがあります。
 以前のエントリーの中に「中国が強引にでもチベットに近代化を押し付けることに成功してしまえば、人権侵害をしているのは遅れた状態を強いるチベットの宗教界だったと言われてしまうだろう」という一節がありましたが、チベット仏教はタリバーンとはかなり事情が違うでしょう。
 話を元に戻して<オリンピックは「平和の祭典」か「国威発揮の場」か>という事ですが、この場を使ってチベットは世界に向けて大きなメッセージを発信できたと思います。「国威発揮の場」という考え方は既に古くなっていっているのかも知れません。
Commented by ruhiginoue at 2008-04-11 14:29
 いつも趣旨を歪めて罵ったり揶揄している人は一部にいて、そのことが「ためにする批判」でしかない証左でしょう。
 
 さて、この問題を語るさい「チベット」と一言でくくるべきではないと思います。
 チべットというけれど実質はチベットの宗教界です。それは極めて特異で奇異なもので、欧米的価値観からは嫌悪されています。
 だから欧米はあくまで中国の力が肥大することを制御する意図が中心だと思います。
 また、オリンピックを開催するのが、日本や韓国のように欧米に従属している国ではなく、しかも大国の中国であることに反感をもっていないはずがありません。
 そうした政治的意図と、それへの便乗にすぎないものを支持や共感だと錯覚したら、チベットは敗北するはずです。
 また、「日本に次ぐアジアの経済大国となった」と自画自賛した韓国がソウルオリンピックを開催し、これに焦った北朝鮮側は妨害を謀りましたが無駄で、そんなことより後から韓国が自分でコケてしまいました。
 このことからも明らかな通り、今後どうなるかはオリンピックを外国からどうこうではなく、中国自身が経済的にどう成功するかにかかっているはずです。
Commented by Re:Q at 2008-04-11 16:04 x
 チベット仏教が欧米的価値観からは嫌悪の対象というのは疑問の余地はありますが、キリスト教圏の人々が他の宗教に対して寛容ではないという意味においては理解できます。そして欧米の政治的思惑が中国のパワーの肥大化を制御したいという部分にあるのも分かります。でも、なぜか私の中では溜飲が下がらないのです。
 唐突ですが、チベットを某アニメの「風の谷」に重ねてみることはできませんでしょうか?
Commented by doopylily at 2008-04-11 18:59
>左翼はチベット問題で何を言っているか見ると
いえいえ、右翼 vs 中国で人権を引き合いに出すことが偽善だと述べておられたので、左翼もまた人権をタテマエに敵を非難してきてたでしょ、と言いたかったのです。例えば、全学連は慰安婦問題で日本を非難するのに「人権」を持ち出していますし、日本共産党の小池晃政策委員も米軍のイラク政策の非難に用いています。
http://www.zengakuren.jp/zenkoku/zen/news0704.htm
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-12-03/04_01.html
そういった偽善やタテマエはよくある話なので、そんなに憤慨することもないのでは、、と愚考した次第です。
Commented by ruhiginoue at 2008-04-12 22:29
>チベットを某アニメの「風の谷」に重ねてみることはできませんでしょうか?

 宮崎駿監督は、そのような牧歌的集落共同体を美化したことを反省して「もののけ姫」を作ったわけです。
Commented by Re:Q at 2008-04-14 13:02 x
 唐突な質問にもかかわらず、ご回答ありがとうございました。
世の中、清濁併せ飲む度量が必要という事ももちろんありますが、中二病が未だに治っていない私としては、やはり「牧歌的集落共同体」が持つ理想というモノを忘れたくはないとの思いがあります。共同体の在り方を考える意味でも「理想」は外せないでしょうし。
 ところでダライ・ラマは米国の会見で自らの地位を賭して非暴力を呼びかけましたね。マイノリティの戦略としては完璧だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-04-08 12:51 | 国際 | Comments(16)