井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

子供ばかり責められるのはなぜか

 少年事件のたびに疑問なのは、どうして被害者と社会一般の多くが、子供を責めて親を責めないのかということだ。
 あたりまえのことだが、子供のことは親が責任を持つものだ。だから、未成年者に違法行為があった場合、親が責任を問われ、子供は罰するより更生させるようにするというのは世界の常識であり、日本の法律でもそう規定されている。
 親の責任を追及したうえ、それでもまだ子供にも責任を問うべき部分があるというならともかく、ほとんどは子供ばかり責める。
 光市事件なんてその最たるものだ。親や地域社会や社会制度の問題を充分に追及したうえでの話ではない。
 報道は煽りばかりが目立つため知らない人も多いが、犯人の父親は、妻子への暴力が日常茶飯事だった。団地住まいであるため泣き叫ぶ声などから近所中に知られていた。幼い息子の目の前でその母親を執拗に殴り、怯える息子も見かねて止めに入ると今度は息子をぶちのめしたうえ風呂場へ引きずって行き水の入った浴槽に頭を突っ込み押さえつけるなど壮絶を極めた。母親の前に立ちはだかってかばったために、ぶん殴られて失神したこともあった。
 耐えかねた母親は自殺し、首を吊って脱力し糞尿を垂れ流してぶら下がる母親の無惨な姿を見ながら11歳の息子は泣きじゃくっていた。そのあたりから普段の言動に異常さが表れてきて、近所で「あの子はおかしい」「かわいそうだ」「父親があれでは」というような噂がささやかれていたところ最悪の事態となり、こうなる前になんとかしてやれなかったかと悔やまれていることが地元紙で報じられたことがある。
 こんな状態だから、少年はいつもおどおどしていて、学校ではいじめに遭い、あいかわらず父親の暴力は続き、高校生のときには鼓膜を破られた。最後の暴力は、あの忌まわしい事件を起こしてしまう前々日であった。つまり、逮捕されてやっと父親の虐待から解放されたのだ。
 こんな事情があるのになんで最初から裁判で問題としなかったか。そう疑問に思う人たちから、最初ついた弁護士は責められた。けれども、被告が未成年者であるため親の意向に従わないといけなかった。だから言いたくても言えなかった。言えば被害者に知られて親の責任ということで損害賠償請求される。それを父親は恐れたというのだからひどい話である。弁護団を途中で離れた今枝弁護士も、前の弁護士がいいかげんだと最初は思っていたが、あとからこの事情を知って怒れなくなったとインタビューで言っていたほどだ。
 後から付いた安田弁護士らも、こんな事情を知って義憤にかられたというなら、そのしょうもない親父を証人として呼び出して厳しく尋問してやるべきだったのに、なぜしなかったのかと批判されている。いまさら遅いが。やはり少年事件であっても、親を吊るし上げることはやりにくかったのだろう。
 犯人を極刑にしたところで、亡くなった犠牲者らは生き返らない。だから、再発防止などの観点から、そもそもこの事件は防げなかったかが問われなければならないはずだ。アメリカだったら事件が起きなかった可能性が、日本よりはある。あちらでは児童虐待は刑事事件となり、父親は刑務所、息子は施設入りで、どちらもカウンセリングやセラピーを受けることになっただろう。児童虐待は被害者自ら通報できないので、周囲に通報の義務がある。もしも隣人や教師が見てみぬふりしていたら刑事罰に問われる。
 ところが日本では、家庭内の問題だとか、躾のための体罰だとか、そんな言い訳がよく通用してしまう。記憶に新しいことだが、女性がとりあえずDVから逃れるシェルターを作ろうとすると、古い価値観をもった人たちが「家族制度の崩壊につながる」と反対する。イエのためにヒトが居るという考えだ。
 家庭裁判所でも、老人それも男性が多い参与員が、DVの訴えに対してしばしば「亭主が女房を殴って何が悪い」と言い、それに同調する判事も時々いる。これでは光市事件の被告の母親など救われるはずがないし、また同じような事件が起きてしまうかもしれない。
 被告の親父は、妻を自殺させ、息子を死刑囚にしたのだから、母親と子供を死に追いやったということでは被告と同じなのだが、これも、妻子は家長の所有物という封建的な考えから抜けられない人たちにとっては、他所様ではなく自分の妻子だから同じではないということになる。
 このような社会背景がある。だから、親の責任を追及するより子供を責めるほうに熱心なのだ。

Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
Commented by Seal at 2012-02-21 20:20 x
親を責めても、どうしようもない。結局は見て見ぬふりを決め込んだ回りの人間も同じ。そうなってから「悔やんでます」と言っても、説得力はないよ。
Commented by 現実 at 2012-02-21 21:23 x
本末転倒に見えます。
親や家庭環境を考慮することはあってもそれが第一になるのはおかしいでしょう。
どんな境遇も理由には成り得ませんし、似た境遇の人が同じ事をするわけでもない。
そもそも、未成年=子供という論理がもう成り立つ時代ではないのです。
15歳より上を子供扱いするのはもう無理があります。
現在の少年法などもはや不要だと思います。
Commented by ruhiginoue at 2012-02-21 22:21
 親が責任を持たないで、誰が責任をもつのでしょう。
 一般常識でも法律でも、未成年者の監督はまず親です。親がいないか、いても役目を果たせないときは、周囲で気を遣うもの。
 日本では大昔からそうだったし、明文規定になったのは江戸時代です。ただし成長が早く寿命が短い時代だったので刑事罰は九歳以上、成人は15歳でしたが。
 また、年齢はいちおいの目安で、知的障害とか精神病とか痴呆(今で言う認知症)によっても考慮されるのだから、何歳で線引きということにしたうえで、それが当不当か云々するのは認識不足です。
 とにかく、未熟な者は責任がとれないので家族と周囲と社会が責任を持つのは日本だけでなく全世界の全人種民族で共通です。個人的に親切とか珍説を主張するのは結構だけど、それが社会の制度となるよう努力するべきで、常識や法律を自説によって曲げることは許されません。
 ところが、自分が大人の社会人としての責務を果たしたくないという情けない人が、子供を責めることで逃げようとするから、醜いものです。
Commented by 現実 at 2012-02-21 22:29 x
知った上で言ってるんですけどねぇ…
現代のこの国であの少年法ならいらないですよ。
少なくとも改正する必要があります。
守るべき対象が既に間違っているのだから。

まぁそれはともかく、法律上の責任は別としても
未熟だから、責任が取れないからという理由で
社会や周囲に責任が及ぶのはおかしいと思いますよ。
Commented by りょうた at 2012-02-22 15:29 x
家庭環境が関係ないという方はまさに「臭いものには蓋」の発想ですね。
家庭環境は大いに関係ありますよ。
虐待を受けた子が大人になって虐待をするのと同じです。
結局、今回の判決は「世論が正義感をかざして無理矢理死刑にした」ということ以外、何の意味もない判決です。
社会背景・少年の精神状況を一人一人が理解しない限り、またこういう事件は起こるでしょうね。
「起こったらまた死刑にすればいい」これでは何も解決しない。
Commented by 真実 at 2012-02-23 07:45 x
子供から尊敬されていない。
大人として自信がない。
その「現実」によって自己嫌悪。
だから未成年者の犯罪を吊し上げて憂さ晴らし。
Commented by maru at 2012-02-23 18:54 x
>守るべき対象が既に間違っている

虐待された子どもは「社会が守るべき対象」に入らないという事でしょうか、
この事件で亡くなったような女児が、虐待によって命を落とす事だってあります、
運良く生き残れても心身に障害が残るかも知れません。
それを放置して何のケアもせずとも
「社会や周囲に責任が及ぶのはおかしい」のでしょうか?
亡くなった女児のような犠牲があるから、少年を死刑にしなければならない、
それが社会が果たすべく責任だというのが死刑存置派の意見のはずです。
そのくせ虐待を放置する社会や周囲には責任が無いと
主張する事の方が自分には本末転倒に見えます。
Commented by ruhiginoue at 2012-02-23 22:57
 少年法も児童福祉法も無い時代には、現在とは比較にならないほど未成年者の凶悪犯犯罪が起きていたのに、それでもそんな法律が要らないという人は、どうしてそう考えることが出来るのか不可解です。
 
Commented by こども at 2012-02-25 16:48 x
はじめまして。こんなに周囲に虐待の疑いを持たれたり、母親が自殺するなどそこの家庭の異常さが感じ取れたなら、周りの人間が介入し児童相談所にでも通報すればよかったのに。
そんなこともせず、いまさら“あんな酷いことされたんだからあんな事件を犯してもしかたない、親の責任だ”なんてとても無責任なことを言うとだと思う。
誰も助けに入らなかったのか?きっと助けて欲しかっただろう。被告人は絶望していただろう。でもだからって人の生を卑劣なやり方で奪うのは許されない。
少年法とは一体誰のためのものだろう?
と、思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-04-29 08:49 | 社会 | Comments(9)