コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

裁判官の言うことは真実か

 綿井健陽氏が、光市事件について裁判の判決が自分の見解を否定したら引退するという趣旨の発言をしたというのに辞めないと言っているから、不当ではないかとの声があがっているそうだ。
 彼も変なことを言ったものだ。裁判官が正しいとは限らない。むしろ、事実認定はもちろんのこと法律的にもトンデモな場合が多いものだ。これは常識だろう。なのに、判決が違ったら責任をとるとは奇妙である。
 これが、例えば冤罪事件で特に有名な八海事件を描いた映画「真昼の暗黒」の製作にさいして、今井正監督は脚本家の橋本忍氏とともに緻密な調査をしたうえで、最高裁からの度重なる圧力をはね除けて、もしもこの映画が間違っていたらもう映画監督を辞めると言ったけれど、このような意味なら、理解できる。
 しかし、これとは違う。だから辞めることはない。それは辞める条件がそもそも変だからだ。変なことを言ってしまった場合、それに合わせることはない。変だったことを認めて訂正するものだ。

 Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
Commented by ruhiginoue at 2008-05-04 15:20
 少しでも光市事件にかかわる話題は必ず勘違いコメントがくるけれど相手にするのは無駄です。
 さっきも綿井健陽氏と無関係な話が書かれてましたから削除しました。
Commented by この記者 at 2008-05-04 23:13 x
認めて訂正してないじゃん。
勘違いコメントというか、事実突かれて対応できないだけだよね、管理人が。
Commented by 確かに at 2008-05-05 09:15 x
事実認定はもちろんのこと法律的にもトンデモな場合が多いものだ。


最近あった憲法判断なんか良い例ですね。裁判官=正しいとは言えない場合もあります。特に地方の裁判官はひどい。
でも今回の場合は世論の大多数とマスコミと判決が全部意見が一致したもんだから、合理的に考えてちゃんとした判決だったと思えるのですが。世論の大多数ともマスコミとも裁判官とも意見の違う人が正しいという確率は低いんじゃないの。
Commented by さとう at 2008-05-05 11:00 x
認めて訂正するべき(してないから)
というのに「認めて訂正してないじゃん」というバカ。
判決と違ったから自分が正しくなかったことにはならない。だから「変」
その文意が読み取れていない。
その下にもバカ丸出しが。
そんなこといったらヒットラーが一番正しい。
蒙昧な人を煽って権力が正しいふりをするのはよくあること。
Commented by ruhiginoue at 2008-05-05 12:07
 自分で事実を確認して判断することは、そう難しくないのだけれど、それすらできない無能ないし怠惰な人たちにとっては、自分が出来なくて他人ができることが、大したことなくても妬ましいのです。
 それでどうするかというと、権力とか大勢に迎合して自分が正しいような自己催眠をかけて悦に入るのです。
 その証拠に、光市事件の殺せ大合唱隊に飛び入り参加している人たちが、意見ではなく対立する事実に関してちゃんと指摘した例は一度もありません。
Commented by 焦ったからってバカ連発見苦し♪ at 2008-05-05 12:34 x
多分さとうもruhiginoueも権力とか迎合とか極端なこと言ってるけど、自分が気に入らないことがあると権力に迎合云々といい、けれど必要なときには裁判官の権威をも利用する。たとえば自衛隊の派遣の憲法判断とかね。確か裁判官のぼう論を引用して、勝ったとか言ってなかったっけ?それは権力に迎合することにはないらないのかなあ?結局自分の都合の良いその場の言い逃れでしょう(笑)

そんなこといったらヒットラーが一番正しい。

いえいえ全世界の大多数に否定されたので正しくありません(笑)

対立する事実に関してちゃんと指摘した例は一度もありません。

多分ruhiginoueが見てない、調べてないだけじゃないの?テレビからブログまであちこちで反論されてたけどなあ。よかったら一つでも争点挙げてみたらどうですか?誰かが答えてくれるかもね。
Commented by kiyo at 2008-05-05 14:08 x
この事件には特に関心がないけど、一言だけ。
ヒットラーは一時的熱狂的支持を受け異を唱えたら非国民だった。
けれど後から冷静になったら間違っていたってこと。
この事件でも同じことが言えないか。
その疑問が含まれていたとみるべきだろう、ヒットラーが引き合いに出されたら当然。
なのに「やっぱり多数だ」と反論したつもりで(笑)の人の気がしれないね。
Commented by 同情一票 at 2008-05-05 18:06 x
裁判の当事者が自分の主張を認めさせた。それが権力に迎合と書けてしまえる。
裁判の当事者どころか自分の頭で考えることすらできないから迎合であるのがわからない。
そのおみごとな頭の悪さに
Commented by おやおや at 2008-05-06 00:08 x
けれど後から冷静になったら間違っていたってこと。

ただ数のへりくつに対抗して同じ様に数のへりくつで言い返しただけなんだけどね反省(笑)もともと大多数の世論の良識的判断とマスコミと裁判官の判断の一致をヒットラーに例えるのが間違いなんだよ。自分が苦しい時はヒットラーだの権威だのと言って、自分が有利な時は正義の判決とか言ったりする。現実の権威や良識というある一定のトライアルを受けているものを、自分が気に入らないだけで一等両断して価値を認めない人間にたいしたのはいないね(笑)
つまりねヒットラーみたいに多数が間違う事もあるけど、逆に論拠も特に無いのに多数の意見が一致しているだけでヒットラーみたいだと非難するのも合理的でないって事。わかるー?問題は判決を批判している人間が何一つ具体的に反論できないって事。

裁判の当事者どころか自分の頭で考えることすらできないから

典型的な自分だけ目覚めた人間状態だな(笑)他の人もけっこういろいろ考えているもんですよ?まあそうやって他人を単純化してないと、自分の優位性が保てないのは想像できるけどね。自分は素晴らしい人間って思っていたいんでしょ。わかりますよ(笑)
Commented by ruhiginoue at 2008-05-06 18:31
 どうやら頭が混乱している人が約一名いて、実質の伴わない言葉ばかりが虚しく踊っています。最初の初歩的読み違いと支離滅裂な文をコケにされて以来、混乱の度が深まっているようですが、ご自愛を。
 それでも、ここがこう面白いという部分があれば、その指摘が寄せられた場合に、そこに対応します
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-05-04 12:31 | 社会 | Comments(10)