井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

UFOを信じている人は頭がおかしい

 UFOの存在について問われたアイザック・アジモフ博士は、信じていないし、信じている人は頭がおかしいと言っていた。
 英国防省の旧機密文章によると、未確認飛行物体UFOの目撃情報は、77年に映画「未知との遭遇」のヒット以降に倍増しており、ほとんどが他の事象によるものだとして説明がつき、不可解なものも脅威ではないそうだ。つまり目撃談は、確信犯の狂言か、イメージを刷り込まれた人たちの妄想である。
 昔は、宇宙は広いから人間と同じような生き物がいるはずだと言われていたが、70年代にはカール・セイガン博士などによって否定されている。
 宇宙は広いと言っても、逆にその広さへの想像力が乏しいから、他の星の知的生命体と接触することがあり得ると考えてしまう。人類からすれば宇宙は、空間が広すぎて、歴史も長過ぎる。
 星が発生して、そこに生物が発生して、さらに文明が発生するという時間は、宇宙の歴史では一瞬をさらに分割したような短さだ。そんな瞬間同士が重なるだろうか。
 そのうえ、他の天体へ行くことに関心を持ち、広大な宇宙空間の中から生物がいる星を探して見つけて到達することを実現する科学技術を発明できる生物が存在する率は極めて低いのに、そのような生物たちが同時に複数存在するだろうか。
 どう考えても、宇宙人がUFOでやってくるというのは、時代遅れの発想であり、すでにSFのレベルからも転落している。
 
�p���h�ȁA�t�e�n�ڌ��Ɋւ��鋌�@���������J | Excite �G�L�T�C�g
[PR]
Commented by matrix1031 at 2008-05-14 22:53 x
シネ。ufoファンに失礼だろ。あやまれ。
Commented by potential at 2008-05-14 23:09 x
率がどうこういう時点でそれこそ想像力が乏しいというか何というか。
Commented by bedman at 2008-05-15 00:51 x
まーなんてつまらん人なんだ
Commented by X at 2008-05-15 00:59 x
実際見た事のない人にはわかんないよ。
Commented by 通りすがり at 2008-05-15 01:03 x
自ら確率は極めて低いと言っているのなら
少なからずとも確率が0である事は無いと肯定しているのでは?
矛盾ですよね。
Commented by xvision at 2008-05-15 01:03 x
率が低いがその母数は莫大な大きさであるという事を忘れていないか。
SF作家アイザック・アシモフは飛行機でさえ否定しているのだし。


Commented by ゴン太 at 2008-05-15 01:04 x
カール・セーガン博士はその後、亡くなる前に否定説を撤回したとの情報もあります。そうでなくとも、セーガン博士が100%すべて正しいのでしょうか。また、物理学の最新の知見では、異次元の理論によって、3次元の離れた空間を結びつける可能性について、糸口が見えかけているとも言えます。我々人類の、記録を辿れる歴史はたかだか数千年です。それでもここまでの文明が開けました。今後我々の営みが千年、一万年と続いたときに拓かれる知見がどれほどのものになるかを考えられないことこそ、想像力の欠如だと思います。
Commented by ?_? at 2008-05-15 07:51 x
まぁそう熱くならずに。
UFO(正しくはユーエフオーと読みます)
そんなものあろうがなかろうがどうでもいいもんね。
幽霊もまた同じ。
俺なんか腐乱死体が発見さてた公営住宅に住んでいるぞ。
その上一人暮らしなんだぞ。
幽霊が出てきてくれたら話し相手ができて楽しいじゃん。
勿論若い女性の幽霊ならなさらいいじゃん。
なんでも丸山応挙の幽霊の絵では足がないらしい。
足の付け根はどうなってるのかな。
見たことある人教えて。
で婆ぁや爺ぃの幽霊はお断り。
Commented by Re:Q at 2008-05-15 17:52 x
 UFOで宇宙人が攻めて来るという物語はどちらかというと漫画とか映画用のもので、最初からSFにはカウントされてなかったような気がします。
 ファーストコンタクトものはSFのいちジャンルであり(最近はあまり流行らないようですが)異界との交流はどのようになされるかという可能性を探るテーマ性は「ソラリスの陽のもとに」などなど、今でも有効だと私は思います。
 UFOはある種の方便というかファンタジーかも?それだけに俗な方向へ流れると新興宗教みたいな色彩を帯びやすいのかも知れません。
 ファーストコンタクトは現実には盲亀の浮木レベルかも知れません。が、それだけに想像力を掻き立てられるのでしょうね。UFOはそういう諸々のシンボルなんでしょうね。
Commented by ちょっといいですか? at 2008-05-16 01:30 x
私もUFOは信じていませんが、信じている人を「頭がおかしい」呼ばわりするのはどうかと思います。
どうしてそんなケンカを売るような事を書くのでしょうか?
それとも、わざわざ他人を不愉快にさせる事を書いて楽しんでいるのでしょうか?

悲しくなります。
Commented by オサーン at 2008-05-16 17:12 x
どこぞの政党の官房長官のことだって、ちゃんと書いたげないと分かりづらいですよ。
もうみんな忘れちゃってるんだから。
Commented by ごん at 2008-05-16 17:58 x
まあ信じる信じないは個人個人の自由ですから良いと思います。ただ何事も否定から入っていたのでは、人類の進歩は止まってしまうでしょうし、人類の科学も、ここまで発展はしなかったでしょう。個人レベルでも同じです。進歩のない人間になってしまいますよ。

目に見える物、五感で感じる物しか信じないと言う人がよくいますが、少しでも科学を囓ったことのある人なら、御笑いでしょ
う。目に見えない事なんて幾らでもあるし、五感で感じ取れない事なんて山ほど有るんですから。

今現在科学で解明されていることなんて、1%にも満たないと聞いたことがあります。無限に広い大宇宙に、知的生命体が地球にしかいないなんて考えている人も大勢いるでしょうが、少し冷静に考えれば、その考え方が、いかに不自然なことか分かるでしょう。

人類らしき者が誕生してから
人類の発達→二足直立歩行・道具の使用
猿人(アウストラロピテクス)
原人(北京原人・ジャワ原人)
旧人(ネアンデルタール人)
新人(クロマニョン人・上洞人)→洞穴絵画(ラスコー・アルタミラ)
石器時代
旧石器時代→打製石器
新石器時代→磨製石器
Commented by ごん at 2008-05-16 18:00 x
猿人から新石器時代まで一億年前から約200万年前。地球が誕生して45億年、宇宙が誕生して約130億年

何が言いたいかと言えば地球が誕生したのは宇宙が誕生してから少なくとも80億年以上経っているのです。人類らしき者が誕生した事を考えれば宇宙が誕生してから129億年以上が経っています。これよりも遙か以前、つまり宇宙が誕生した初期の頃に太陽系と地球と同じ環境の惑星が誕生して、人類と同じ知的生命体が幾つも誕生していたと仮定すれば、それから何十
億と経っているとして、その幾つかの知的生命体の中で絶滅せずに何億年何十億年も掛けて科学を究極に発展させた知的生命体がいるとすればワープを可能にさせた超光速航法を持つ乗り物、つまりスタートレックのエンタープライズ号や宇宙戦艦ヤマトのような乗り物が開発されていても何ら不思議ではありません。

地球にUFO(地球外知的生命体の宇宙船)が来ているかどうかは分かりません。ただそのような乗り物が、宇宙のどこかに存在していても不思議はないでしょう。
Commented by ごん at 2008-05-16 18:01 x
人類の科学なんてのは、たかだが何千年、急速に発展した現代科学なんて、ここ100年前後の話でしょう。それで全てを分かったつもりでいるなんてのは、御笑いでなくてなんでしょう。ホントにヘソでお茶が沸きます。今の人類は正に、御釈迦様の手の上で飛び回っている孫悟空と同じです。


私も特に科学に詳しいというわけではありません。少し考えれば分かる事でしょうと言うことを言いたいのです。最後に。別に熱くはなっていないので。最初に述べたように信じる信じないは個人の自由です。
Commented by ごん at 2008-05-16 18:14 x
コメントに対して言葉足らずでしたので付け加えて。
科学者が言っていることは99.9%は仮説だと言います。
アイザック・アジモフ博士が言っていることもカール・セイガン博士
が言っていることも仮説です。勿論私が言っていることも。
科学者の殆どが仮説で物を言っていると言っても過言ではないで
しょう。

可能性の話をしているだけですね。どれが仮説であり可能性で
ありますから、どれも正解だとは言えません。
最初に言ったように科学で解明されたことは1%似も満たないの
です。後の99%は何があっても不思議ではありません。
Commented by ごん at 2008-05-16 18:20 x
訂正

誤→可能性の話をしているだけですね。どれが仮説であり可能性でありますから、どれも正解だとは言えません。

正→可能性の話をしているだけですね。どれも仮説であり可能性でありますから、どれが正解だとは言えません。
Commented by 仙頭麻有 at 2008-05-16 22:36 x
>その幾つかの知的生命体の中で絶滅せずに何億年何十億年も掛けて科学を究極に発展させた知的生命体がいるとすればワープを可能にさせた超光速航法を持つ乗り物、つまりスタートレックのエンタープライズ号や宇宙戦艦ヤマトのような乗り物が開発されていても何ら不思議ではありません。

雄大なロマンは、異世界への飽くなき探究心によって生み出されてきましたね。

>今の人類は正に、御釈迦様の手の上で飛び回っている孫悟空と同じです。

かつて地球球形説や地動説を唱えた人々は世の嘲りの的となり、残酷に迫害されましたね。その後、歴史の審判がどのように下されたかは周知の通りです。
Commented by ちょとまて at 2008-05-16 23:33 x
知的生命体が地球以外にも存在したうえ、それが今の時代であり、しかも我々に接近遭遇するという、極めてありえないに近いことが、それでも絶対に否定はしきれないのではないかという話と、俗にUFOというマンガやオカルトの類いが実在するというのを結びつけてはいませんか。そういうひとをアジモフ博士は「頭がおかしい」と言ったのでしょう。
Commented by ぶん at 2008-05-17 18:31 x
UFOを信じているといっても、マンガなどの娯楽の感覚でいるのと実在してると思うのではぜんぜん違いますよ。
後者はカルト団体が「魂だけになればUFOにのることができる」と集団自殺したり狂信的です。そうなるとやはり「信じている人は頭がおかしい」でしょう。
Commented by 仙頭麻有 at 2008-05-17 22:15 x
>後者はカルト団体が「魂だけになればUFOにのることができる」と集団自殺したり狂信的です。

異端審問や魔女狩りに狂奔した連中の心性は、これに近いものがあったと言えるでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-05-14 16:10 | 自然 | Comments(20)