コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

体験入隊では何もわからないと自衛官は言う

 体験入隊した程度で自衛隊をわかったように錯覚されては困ると自衛官は言う。
 有名なのは、三島由紀夫の話。
 彼は自衛隊に遊びに来ただけで仕事なんてしていないのだが、当人は使命感に燃えているつもりだった。命令されるどころか有名人だから「先生」とおだてられてばかりだったのだが。
 そして偉そうにバルコニーから演説ぶったため、隊員たちから罵声が飛んだということ。
 まして体験ツアーなんていう見学会と同じものでは何もわからないだろう。本当に「理解」するためには、体験ということを隠し、隊員たちから新入隊員と思われるようにしてみることだ。
 しかし、それでもしもイジメに遭ってしまったら、という心配があるから無理だろうが。

Excite �G�L�T�C�g : �o�σj���[�X
[PR]
Commented by ちょっと横レス at 2008-06-02 21:28 x
当時の防衛長官が中曽根で、中曽根と三島は仲がよかったから、勘繰る向きもありましたけどね。
Commented by 科祐 at 2008-06-02 21:45 x
中曽根は三島について「幻想は迷惑千万」と談話したけど。
まあ、この人は殖産住宅問題で親友を切り捨てた人でもありますから、事件になったら「ハイ、サイナラ」だったのかも。
by ruhiginoue | 2008-05-29 23:42 | 社会 | Comments(2)