コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

医師より「家庭の医学」コンピューター化を

 医師不足なので医学部定員増加を検討するそうだが、それより「家庭の医学」のコンピューター化によって医者いらず状態を増やすほうがいい。
 いずれは「スタートレック・ボイジャー」のように、コンビューターが診断してフォログラフの医師が対応するようになるのが理想。ミスもプライバシー侵害もドクハラもない。
 しかし「スタートレック」の世界で納得できないのは、あんなに医学が進んでいる未来で、どうしてピカード艦長の頭がハゲてるのだろうかということ。やはり「毛生え薬を発明したらノーベル賞確実」は真実なのか。

Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X
[PR]
Commented by chill-bill at 2008-06-18 23:25
大賛成です。
治療の選択も患者自身にしていただきましょう。
Commented by chill-bill at 2008-06-18 23:27
家庭の医学で
Commented by マイノリティ at 2008-06-19 00:30 x
>「家庭の医学」のコンピューター化
基本的に私も賛成の方向で・・・そういえばある大学病院の医師は自分のパソコンに私の症状を打ち込んで病名を表示させていた。経験の浅い医師が多い現代なら頭に入れる知識はHDDに入れておけばいい。むしろこちらも安心できる(笑)ただし、いつの時代でも入力ミスは減らないものだ。これから先も・・・

>ピカード艦長の頭がハゲてる

ピカー?スタートレックと言う未来では雨も重力もそれほど重要ではない。むしろ進化というべきではないだろうか。脚本家に「古き良き時代を取り入れたファッション」と言われるのがオチだ。
Commented by ruhiginoue at 2008-06-19 06:36
 >治療の選択

80年代までは、医師は患者に治療の必要性を説明すれば良かったが、90年代に入ってからは、治療方法が複数あるならそのことを説明しないと、ちゃんと説明したことにはならないというように、医療裁判の判例は変わりました。
 つまり患者には自己選択権があると社会的に認知された影響です。

 しかし医師はあいかわらず自分がやりたいことを患者に押し付けます。よかれと思っての独善ならまだよくて、自分が書きたい論文のネタになるということだったりします。
 これもコンピューターでチェックすればかなり防げます。

 スキンヘッドについて、今すでに自分はおしゃれでやっていると言う人がいます。井手らっきょう氏とか。
 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-06-17 21:32 | 政治 | Comments(4)