コメントの他に、表示されている著書をクリックしてその感想をアマゾンのレビューに投稿してくださることも歓迎です。おたよりはこちらへruhiginoue@excite.co.jp


by ruhiginoue

奇麗事ではなく現実を教えるべきだ

 私立中3年の長女(15)が父親(46)を刺殺したとされる事件について、長女が通う中学校では終業式で校長が「人の命を奪うことはあってはならない。親に反発することもあるだろうが、両親は皆さんを愛している」と話したという。
 そんな奇麗事を話してもバカらしいだけだ。必ずしも親が子を愛するとは限らないくらいのことはとっくに常識だ。
 それよりもっと現実を教えるべきだ。
 「子供が親を殺したら、どんなに酷い親であっても、子供が悪いことにされてしまう。同情されるどころか親を殺すなんてとんでもないと言われて罪が重くなる。逆に親が子供を殺すと、自分の子供を殺すなんてよほどの事情があったのだろうと言ってもらえて刑が軽くなり、殺人で有罪になったのに執行猶予がついた例もある」
 「そんな理不尽な弱いもの虐めの社会を生き抜くにはどうすればいいのか、さらには、良く変えるにはどうすればいいのか、考えなさい。そのためにたくさん勉強しなさい。学校でやること以外にも勉強しなさい。それをしないで、ただ騒いだりしただけの全共闘世代と呼ばれる愚かな人たちが大人になり、ただでさえ問題が多かった社会をますます変にしてしまったのです。あなたたちの両親も、その犠牲者です。だから反感を持っても、可哀想なんだと思いなさい。そのうえで、それを乗り越えて、意味のある生き方をしてください」

Excite �G�L�T�C�g : �Љ�j���[�X
[PR]
Commented by 不遜な物言いだろう、それは at 2008-07-22 17:13 x
ほとんどの両親は皆さんを愛しているでしょう。
しかしそもそも世間一般に見られる現実の愛は、
それほど綺麗な事ではありません。
だから皆さんもそれゆえに憤る時もあるでしょう。
しかし短気を起こさないでください。
ご両親も私やあなた方と同じただの人間、
だからこそ完全だと思わないで、
あなた方から優しくあげてください。
Commented by mujin at 2008-07-22 17:54 x
たしかにほとんどの両親は子供を愛しているでしょう。しかし、それを当の虐待されている子供に言っても仕方がないし、それどころか救済の求めを断ちきることになる。教師の校内暴力にしてもそうですが、弱者に手を挙げるような人間の心に愛などありはしないのだ、ということは、力強く伝えておかなければならないでしょう。
Commented by ken at 2008-07-22 20:35 x
このブログは確かに「オカシイ」ね。尋常ではありません。娘が自分の父親を殺害した事は事実。ただ、これをまったく事実無根のお話に展開してゆく。恐ろしいですね。 親から虐待された子供が親を憎んで殺害した・・とでもいうようなお話。 昔の諺に「かわいい子に旅をさせる・・」というのがあります。 ここのブログでは親の虐待の最たる物・・かな? 本来、幼児,児童、少年少女、青年・・と20歳になるまでの我が子の養育は親の責任。「我が子の好きなようにさせる」のが養育では無い事ぐらいは判るかな??。 問題はここですね。「叱らなければならない」時がある。というか「どのように叱るか!」かもしれない。 昔は、一家に祖父母も居て、子育ての失敗成功経験を持つ祖父母が中心になって「昔ながら」の教育で済んだ。でも今、生活環境はもの凄い早さで進み「祖父母は昔の人」でしかない。ややもすると両親でさえ「子供の世界」を理解しきれない程変化は進んでいる。 しっかりした我が子の教育の教育が難しくなって来ている。子供はドンドン当らしいい環境で育って行ってしまう。 一番の問題はこれです。しっかり物事を見据えてブログを運営しましょうね。
Commented by ruhiginoue at 2008-07-23 07:33
 弱いものいじめをする者は自身が弱者で抑圧されているものだけれど、今まさにいじめられている弱者にとっては無意味なことです。
 また、愛とは自己犠牲に至るものなので、子供に八つ当たりする親には愛はありません。
 
 Kenさんは相変わらず笑わせてくれます。
 娘が父を殺した事実を否定する意味合いはどこにもないし、事実とその背景にある事情の区別ができないようです。そしてさらな脱線して行きます。脳の構造がどうなっているか不思議です。
Commented by ei at 2008-07-23 08:45 x

初めてコメントをさせていただきます。

なんと申しますか、悲しくなりました。

校長が発した「人の命を奪うことはあってはならない。
親に反発することもあるだろうが、両親は皆さんを愛している」
という言葉は、なるほど綺麗事かも知れません。

しかし、それは理想を具体化したものであって、
ひいてはそれを聞く生徒たちが、将来そう在るべき
というメッセージをも含んだ導きとは言えないでしょうか。

また、子を愛せないのは生物学的には親であっても、
本当の意味で“親”と言えるのでしょうか。
私の中では、そうではないからこそ
親が子を殺害や虐待したという事件には、
憤りや嫌悪感が出てくるのだと捉えています。

そして、ブログ主様がこれこそ教えるべきとされている
“現実”というのは、もし教えるのであれば、
それは学校の役目ではなく、
それこそ親の担うべきものではないのかと考えます。

纏まっていなくて申し訳なく存じます。

Commented by 愛を理想化しすぎですね at 2008-07-23 13:05 x
貴殿の言い方だと世界中のほとんどの人が
愛を知らないことになってしまいますね。
そうではなくて、愛自体に手放しには賞賛できない
側面もあるとしたほうが現実的であろうと思いますよ。
理想どおりに生きられる人などほとんどいないのですから。
Commented by 大人って at 2008-07-24 23:12 x
>そんな理不尽な弱いもの虐めの社会を生き抜くにはどうすればい
>いのか、さらには、良く変えるにはどうすればいいのか、

なぜいじめられている僕が世の中を良く変えようなんてしなくちゃいけないんですか。なぜ大人が変えないで、僕たちに求めるんですか。あなた方の責任じゃん。
Commented by ruhiginoue at 2008-07-26 14:11
 最初のコメントと同じ内容で言い回しが少々違うだけの初めさんとか、どうも趣旨かせ外れたコメントばかりですね。
Commented by 峰村健司 at 2008-08-02 23:06 x
大野病院ボールペンの項での言説と整合性がない気がするね
Commented by ruhiginoue at 2008-08-03 13:29
「気がする」のでは何も意味が無い。
めんどくさがらずに具体的な指摘を。
Commented by デカ at 2008-11-10 18:15 x
親を殺してもはじまらないだろうね。なんとなれば、親の半分が自分なわけだから。
そして、親たるもの例え子供に殺されても子供の幸せを祈るだろうな。
尊属殺人罪は、より軽く処罰されるべきである。

Commented by ruhiginoue at 2008-11-11 15:20
 ご指摘の通り尊属殺人は逆ではないかと思う人が多いのに、どうしてこんな変な法律ができたのか疑問です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-07-22 16:29 | 社会 | Comments(12)